吉田知子のおすすめランキング

プロフィール

1934年生まれ。’70年「無明長夜」で芥川賞を受賞。’84年「満州は知らない」で女流文学賞、’92年「お供え」で川端康成文学賞、’99年『箱の夫』で泉鏡花文学賞、’00年、中日文化賞を受賞。他に、吉田知子選集(1)~(3)など。

「2018年 『変愛小説集 日本作家編』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉田知子のおすすめランキングのアイテム一覧

吉田知子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『変愛小説集 日本作家編』や『箱の夫』や『変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)』など吉田知子の全69作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

変愛小説集 日本作家編

244
3.02
川上弘美 2014年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岸本佐知子さんが編者だからか、作家全員、既出の海外版変愛小説集を無意識に意識してるからなのか、これがいまの日本の小説?!アメリカの短編みたい、と思うくらい... もっと読む

箱の夫

94
3.90
吉田知子 1998年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉田知子さん好きならたまらないだろうと思う短編集。冒頭の『箱の夫』からして面白すぎるというか、なぜ『箱の夫』なのか、『馬絹』ってどこ?という疑問を一切受け... もっと読む

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)

89
4.11
川上弘美 2018年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ご本、出しときますね?』で紹介された本。「変態」をテーマに。 もっと読む

お供え (講談社文芸文庫)

59
4.00
吉田知子 2015年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

闕貞キ晄エ区イサ縲朱℃蜴サ繧偵b縺、莠コ縲上h繧翫? もっと読む

脳天壊了―吉田知子選集〈1〉

56
4.00
吉田知子 2012年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(縲取悽縺ョ髮題ェ後??201401縲擾シ壼イク譛ャ菴千衍蟄舌?縲檎ァ√?繝吶せ繝?縲? もっと読む

千年往来

32
3.25
吉田知子 1996年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

行ったり来たり。 面白かったけどなんだかすっきりしなかった。 もっと読む

お供え

31
3.20
吉田知子 1993年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題作「お供え」の、本人不在でどんどん事が進んでいく奇妙さと、主人公の訴えに対する周囲の反応のちぐはぐさとを、例えば第三者視点で描いたとすると吉田戦車の4... もっと読む

怪猫鬼談

31
3.00
泉鏡花 1999年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

猫にまつわる怪談奇談を寄せ集めたお話集。 怖い怖い。でもやっぱり面白い。 もっと読む

日本難民

27
2.71
吉田知子 2003年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難民としてさすらうのだが、何故なのか理由が最後までグレーなまんま。戦争的なことでこうなってます、みたいな雰囲気はちらほらあるが、あまり重要じゃないみたい。... もっと読む

吉田知子選集II 日常的隣人

26
4.33
吉田知子 2013年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

とても面白かった。今回は短編のほとんどで会話が可笑しくて笑ってしまうところが多く、笑っているうちに読み終えた。けれど、常の無駄のない文体と独特のテンポの良... もっと読む

芥川賞全集 第8巻 三匹の蟹,年の残り,赤頭巾ちゃん気をつけて,深い河,アカシアの大連 他

20
3.00
大庭みな子 1982年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春小説の代表的作品と言われていたが、読んだ当時としては、昔の青年ってこんな感じだったのかな、ということを偲ばせる作品。 東大入試中止事件、カフカなど、... もっと読む

無明長夜 (新潮文庫)

19
3.50

感想・レビュー

短篇集。どれもひたひたと暗黒が迫ってくるようで、怖い。特に『豊原』の少年が、最後に見せる諦観には、ギクリとした。児童虐待や育児放棄という重いモチーフを軽々... もっと読む

吉田知子選集III そら

17
5.00
吉田知子 2014年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表紙からして恐いのです、が。変で不穏でうすら寒くて狂っていて、それ以上に毎度感心するのは、無駄のない文章。個人的にゴリ押ししたい短編がいくつか選集から漏れ... もっと読む

帝国日本と朝鮮・樺太 (コレクション 戦争×文学)

14
中島敦 2012年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

和図書 918.6/Ko79/17 資料ID 2012102694 もっと読む

夫婦は定年からが面白い

7
2.75
吉田知子 1997年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和9年(1934年)生まれ、1970年「無明長夜」で芥川賞受賞の吉田知子さんの「夫婦は定年からが面白い」、1997年発行、著者63歳の時の作品です。年齢... もっと読む

変愛小説集 日本作家編 (講談社文庫)

6
2.50
川上弘美 電子書籍 2018年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

また読みたい作家が増えてしまった。。 もっと読む

極楽船の人びと (中公文庫)

5
3.50
吉田知子 1987年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不思議な味わいがある話だった。死ぬために乗った(乗せられた)船客の群像劇。死という非日常がひたひたと近づき、やがて日常化する様が恐ろしく感じた。 もっと読む
全69アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする