吉行和子のおすすめランキング

吉行和子のおすすめランキングのアイテム一覧

吉行和子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『老嬢は今日も上機嫌 (新潮文庫)』や『質素な性格 欲は小さく野菊のごとく』や『そしていま、一人になった』など吉行和子の全31作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

老嬢は今日も上機嫌 (新潮文庫)

61
3.80
吉行和子 2011年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 女優、吉行和子のエッセイ。  俳優は感性って、いうのを聞いたことがあっただが、まさに<感性>の人だった。  しかも、常に視線がやさしい。  ド... もっと読む

質素な性格 欲は小さく野菊のごとく

40
3.00
吉行和子 2011年6月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

好きな女優の1人である。 ご自分でも仰るように、風変わりなところ 人を部屋に招くのが嫌い 1人が好き お稽古事が嫌い 人と同じ事がいや などな... もっと読む

そしていま、一人になった

34
3.33
吉行和子 2019年4月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

  ── 吉行 和子《そしていま、一人になった 20190423 ホーム社》 http://booklog.jp/users/awalibrary/ar... もっと読む

老嬢は今日も上機嫌

26
3.29
吉行和子 2008年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

岸田今日子さん(1930.4.29~2006.12.17 享年76)、富士眞奈美さん(1938.1.15~)と大の仲良しで(だった)3人で国内外の旅行を楽... もっと読む

ここはどこ―時に空飛ぶ三人組 (文春文庫)

25
3.71
岸田今日子 2000年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんな仲の良さの、3人で旅行、楽しそう! もっと読む

浮かれ上手のはなし下手 (文春文庫)

23
3.78
吉行和子 2013年9月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉行和子さんのエッセイ、「ひとり語り 女優というものは」(2010.5)を改題した「浮かれ上手のはなし下手」(2013.9)を読みました。母のあぐりさん、... もっと読む

女優というものは ひとり語り

22
4.29
吉行和子 2010年5月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

月刊誌PHPで著者の文章を読み、淡々とした中に力強さがある語り口に惹かれてこの本を読んでみた。自伝の体裁なので、どうしても感情が入りすぎて乱れたところもあ... もっと読む

あぐり白寿の旅 (集英社文庫)

21
3.77
吉行あぐり 2009年2月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今でも私のベストドラマはあぐり もっと読む

質素な性格 (講談社+α文庫)

17
3.71
吉行和子 2014年5月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「私は掃除派です!」と宣言するのは、映画、ドラマでなくてはならない女優・吉行和子さん。若い頃からの引っ越し癖、家電好き、愛用の掃除道具を披露します。さらに... もっと読む

吉行和子・冨士眞奈美 おんなふたり 奥の細道 迷い道

10
3.00
吉行和子 2018年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

俳句にはそんなに興味はないのだけど、大女優お二人の“俳句人生論”に惹かれて。会話形式なので、お二人の自由なおしゃべりを傍にお邪魔して聞いているかのような気... もっと読む

兄・淳之介と私

7
2.50
吉行和子 1995年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉行和子、兄との関係が淡々と伝わる もっと読む

わたしはだれ?―桜となって踊りけり

6
4.40
岸田今日子 2000年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2014.12.26読了)(2008.03.15購入) 副題「櫻となって踊りけり」 この本の著者と同じ三人で書いた旅行記「ここはどこ 時に空飛ぶ三人... もっと読む

冷や酒と君の科白は後で効く―七人の句会 (酒文ライブラリー)

4
3.00
石寒太 2001年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

句会の様子がライブ中継のように伝わってきて面白いです。“句会”。なつかしいなあ。もう20年近く出ていない・・・・。 さて、この句会は俳人である宗匠の他、... もっと読む

どこまで演れば気がすむの

2
3.00
吉行和子 1983年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1935年(昭和10年)8月9日生まれ吉行和子さんの「ごこまで演れば気がすむの」(1983年11月)、著者47歳の頃のエッセイです。子供の頃の宝物はビー玉... もっと読む
全31アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする