吉野朔実のおすすめランキング

吉野朔実のおすすめランキングのアイテム一覧

吉野朔実のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『少年は荒野をめざす 1 (集英社文庫(コミック版))』や『period (1) (Ikki comix)』や『吉野朔実は本が大好き (吉野朔実劇場 ALL IN ONE)』など吉野朔実の全259作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

少年は荒野をめざす 1 (集英社文庫(コミック版))

316
3.89
吉野朔実 2003年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭殴られるような衝撃があった作品。 この方の著作は大体読んでますが 何度読んでもこれが一番心震える作品です。 創作しようと言う気を根こそぎ奪われるの... もっと読む

period (1) (Ikki comix)

245
3.71
吉野朔実 マンガ 2004年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全5巻 もっと読む

吉野朔実は本が大好き (吉野朔実劇場 ALL IN ONE)

242
4.50
吉野朔実 2016年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大好きな吉野朔美の読書エッセイコミック、 実は「悪魔が本とやってくる」のみ入手できずに未読であった。 今回、作者急遽によって発刊されたのか、 全作品... もっと読む

ジュリエットの卵 (1) (小学館文庫)

213
3.79
吉野朔実 2001年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

きれいな水がなければ蛍は生きられない。 蛍がいない水は汚れていてきたない。 もっと読む

神様は本を読まない

195
3.80
吉野朔実 2010年10月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい本を「いい本だ。」と語る書評集はたくさんあるが、 本書は、 (本)のみを切り取らず、 本と著者の日常を一緒にぐるりと大きく切りとった 本の紹介... もっと読む

本を読む兄、読まぬ兄 [吉野朔実劇場]

188
3.62
吉野朔実 2007年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

確か連載で読み始めたのがこのあたり。これが読みたくて本の雑誌買ってました。 もっと読む

恋愛的瞬間 (1) (小学館文庫)

176
3.87
吉野朔実 2002年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋愛クリニックを舞台にした短編集。 女性作家の短編は、ラディカルで切れ味鋭くて好きだ。(意外に男性作家の短編の方が割り切れない話が多い気がする。そしてそ... もっと読む

悪魔が本とやってくる (吉野朔実劇場)

171
3.67
吉野朔実 2013年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゆるっと待ちつつ、新刊案内のサイトで見つけて早速購入。前巻が『神様は本を読まない』だから、続きでこのタイトルなのかな。といっても、今気づいたんだけど(笑)... もっと読む

瞳子 (ビッグコミックス)

170
3.72
吉野朔実 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

瞳子という名前のプー太郎してる女性の話。日常が描かれている。人間関係のつながりの弱さ、人間関係の危うさについて認識させられる。人間の関係ってすぐ壊れるなぁ... もっと読む

犬は本よりも電信柱が好き (吉野朔実劇場)

166
3.70
吉野朔実 2004年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなりお得な書評本。マンガでつづる吉野さんの読書生活も楽しい。貴婦人の犬(のはず)、コーギーとの生活はかなり笑えます。きのうたまたま勉強の合間に読んで、ほ... もっと読む

弟の家には本棚がない―吉野朔実劇場

158
3.68
吉野朔実 2002年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

吉野朔実さんのマンガは読んだことないが、穂村弘さんや春日武彦さんと交流があるんだね。 短歌はじめ私が読んだことのない本ばかりマンガ付きで紹介されているの... もっと読む

記憶の技法 (小学館文庫 (よE-19))

155
3.91
吉野朔実 2006年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018.9.15市立図書館 初・吉野朔実。 本のエッセイはいくつか読んで、ちょっと親しみを感じる人だったけれど、作品を読んだことがなかった。図書館の本棚... もっと読む

ECCENTRICS (1) (小学館文庫)

145
3.81
吉野朔実 2002年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

記憶喪失のお話……かな。二重人格か。 うーん、記憶がその人を形づくるとすると、記憶がなくなるとその人ではなくなるのか? それから、双子が出て来ます... もっと読む

Eccentrics 1 (ぶーけコミックスワイド版)

138
3.79
吉野朔実 マンガ 1993年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

哲学過ぎて、何度読んでも新しい発見がある作品。 解釈は人によって分かれると思うので 感想らしい感想もかけないと言う。 もっと読む

period (2) (Ikki comix)

137
3.79
吉野朔実 マンガ 2005年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

暴力的で残酷ないじめっ子が、自分の飼っている犬には優しくて、すごくかわいがっている。なぜなのか。という、弟の疑問に答える兄の言葉が印象的でした。 「... もっと読む

お母さんは「赤毛のアン」が大好き―吉野朔実劇場

135
3.73
吉野朔実 2000年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本好きの本好きのためのコミック。 とはいえ、紹介いただいた本はどれもこれも一流どころ!? これまでに読んだ本の中で~のインタビューのページではたじ... もっと読む

グールドを聴きながら (小学館文庫)

135
3.68
吉野朔実 2006年1月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何年ぶりかの再読。心の奥深くにとどいてくるような味わい深さ。何度読んでも。 もっと読む

いたいけな瞳 (1) (小学館文庫)

132
4.02
吉野朔実 2004年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一話完結のオムニバス作品。 詩的であり、哲学的であり、絵本のようであり、でもやっぱり間違いなく少女漫画。 繊細でありながら強く潔く、冷静でありながらロマン... もっと読む

月下の一群 1 (集英社文庫(コミック版))

132
3.49
吉野朔実 2001年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

全2巻 吉野朔実さんの漫画は初期はあんまり好みではないみたい。中期から現在にかけてはドンピシャなんだけれど。 もっと読む
全259アイテム中 1 - 20件を表示

吉野朔実に関連する談話室の質問

ツイートする