名越康文のおすすめランキング

プロフィール

1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。 専門は思春期精神医学、精神療法。
近畿大学医学部卒業後、大阪府立中宮病院(現:大阪府立精神医療センター)にて、精神科救急病棟の設立、責任者を経て、1999年に同病院を退職。引き続き臨床に携わる一方で、テレビ・ラジオでコメンテーター、映画評論、漫画分析など様々な分野で活躍中。
著書に『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」』(角川SSC新書)、『自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン』(医学書院)、『驚く力~さえない毎日から抜け出す64のヒント』(夜間飛行)、『どうせ死ぬのになぜ生きるのか』(PHP新書)、『「ひとりぼっち」』こそが最強の生存戦略である』(夜間飛行)などがある。

「2018年 『精神科医が教える 良質読書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

名越康文のおすすめランキングのアイテム一覧

名越康文のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書』や『日本の反知性主義 (犀の教室)』や『14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)』など名越康文の全123作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書

829
3.60
名越康文 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医でありカウンセラーである名越康文氏が、10年来の外来診療からつかみ取ったある心理モデルについて、具体的なノウハウとして人の悩みから解放されるための... もっと読む

日本の反知性主義 (犀の教室)

642
3.67
内田樹 2015年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者たちの多くが、自分こそ反知性主義に陥っているのではないか、という疑問や躊躇いを出発点としている。そのことからだけでも、この本に満ちている知性を嗅ぎ取る... もっと読む

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)

603
3.59
内田樹 2005年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田樹と名越康文による教育・コミュニケーションがテーマの対談集。 平易な言葉で語られているので読みやすい。 「要するに」「結局」という思考回路をま... もっと読む

どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書)

532
3.43
名越康文 2014年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仏教心理学に詳しい著者が、生きていく知恵としての仏教の教えをわかりやすく解説している。 第一章 どうやったら悩みから自由になり明るく爽やかな心を保って... もっと読む

自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン

493
3.64
名越康文 2012年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

職場の人間関係でどうにかなりそうで、怒りで心がいっぱいになり、攻撃性のかたまりになりそうなとき読んだ本。 怒りに関する良書はたくさんある。それこそ当... もっと読む

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

464
3.71
名越康文 2017年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何年か前、名越先生の講演会に参加して購入して積読していた一冊。そのとき、先生は現時点での自分の最高傑作とおっしゃっていた。 今回、とうとう手を伸ばしたの... もっと読む

毎日トクしている人の秘密

410
3.45
名越康文 2012年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

不安は消したほうがいい。5%削減…いつも2時間落ち込むなら、1時間くらいに短縮するように工夫できないか試す。 人は不幸ではなく不安。自分が作り出した不安... もっと読む

精神科医が教える 良質読書

284
3.24
名越康文 2018年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

散漫に読むことを肯定し、頂にある本や自分の限界を超えるような本を持つことの有効性を述べている。具体的方法というよりは読書する際の心持ちを説いてくれるような... もっと読む

本当の大人の作法 価値観再生道場 (ダ・ヴィンチブックス)

255
3.49
内田樹 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3人の対談をまとめたもの。 ・悪意は嫉妬からくるもの。嫉妬する人は「あいつは俺と条件は変わらないのにいい思いをしている」という風に相手と自分を同化してい... もっと読む

辺境ラジオ

225
3.95
内田樹 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったー 内田さんの本は何冊が読んでいるので、今回のもそこらへんはふむふむと読む感じ。 名越さんと西さんのお話は初めて読むので新鮮な気持ち。 ... もっと読む

「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質 (SB新書)

216
3.75
養老孟司 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 情報は死んだ(固定した)もの。そして人は、生きている。その違いを認識しておくべきなんだろうな。でも人は人に対してすら、情報を求めがち。なぜかって、その方... もっと読む

現代人の祈り―呪いと祝い

210
3.83
釈徹宗 2010年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

amazonで「被害妄想」でひっかかってきた。 もっと読む

心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」 角川SSC新書

198
3.26
名越康文 2012年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心理学者としてTVにも良く出ている名越氏による一冊。 「心は四頭立ての馬車」などと名言も飛び出す反面、後半は弱冠スピリッチュアルな感が。 もっと読む

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

156
3.92
名越康文 2013年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだ本から繋がった本。 この手の本は終着点はおおよそ似通っているので、スピードで読み進めていく。 しかし、途中からペースが落ちる。 自分の中にある言... もっと読む

本当の仕事の作法 価値観再生道場 (ダ・ヴィンチブックス)

152
3.80
内田樹 2014年3月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田、名越、橋口という仲よし三氏の鼎談……というよりは男二人が好き勝手しゃべり、橋口さんが有能な聞き手と翻訳家とファシリテーターを兼ねている感じだろうか。... もっと読む

現代人の祈り (サンガ新書)

148
3.59
内田樹 2011年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対話形式は読みづらい。 もっと読む

女はギャップ (扶桑社文庫)

123
2.81
名越康文 2008年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メカラウロコ的な部分があった。わかりやすい。 もっと読む

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術

89
3.62
名越康文 2013年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

*からだの快・不快を意識して過ごす *しんどい時ほど、「自然」とふれあう *しんどい時、人に会いたくない時こそ何かに没頭する *からだを動かして、感覚に身... もっと読む

女はギャップ!

71
3.14
名越康文 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男子の考えが分かる、女子の為の本です。 非常に具体的で分かりやすいので、 全ての恋する女子に読んでほしい。 そして哀れな鈍感男子に、 どんどんOK... もっと読む

自分を支える心の技法: 怒りをコントロールする9つのレッスン (ちくま文庫)

63
3.67
名越康文 2015年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心は一瞬にして変わること。 変わり続けていること。 怒りに気づくこと。 怒りを消す努力を重ねること。 落ち着いた穏やかな気持ちを感じること。 それでも... もっと読む
全123アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×