名越康文のおすすめランキング

プロフィール

名越康文(ナコシヤスフミ)
1960年、奈良県生まれ。精神科医。相愛大学、高野山大学客員教授。
専門は思春期精神医学、精神療法。
臨床に携わる一方で、テレビ、ラジオ、雑誌などのメディアで活躍中。

名越康文のおすすめランキングのアイテム一覧

名越康文のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書』や『14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)』や『日本の反知性主義 (犀の教室)』など名越康文の全102作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

心がフッと軽くなる「瞬間の心理学」 角川SSC新書

732
3.62
名越康文 2010年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医でありカウンセラーである名越康文氏が、10年来の外来診療からつかみ取ったある心理モデルについて、具体的なノウハウとして人の悩みから解放されるための... もっと読む

14歳の子を持つ親たちへ (新潮新書)

517
3.60
内田樹 2005年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内田樹と名越康文による教育・コミュニケーションがテーマの対談集。 平易な言葉で語られているので読みやすい。 「要するに」「結局」という思考回路をま... もっと読む

日本の反知性主義 (犀の教室)

470
3.70
内田樹 2015年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

このテーマはさすがにすそ野が広すぎたかな。解釈が散らかっていて、書いているほうにも戸惑いが垣間見える。読む方としてほしいのは、「安倍政権を取り巻く反知性主... もっと読む

自分を支える心の技法 対人関係を変える9つのレッスン

396
3.59
名越康文 2012年5月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

某子供テレビ番組で拝見して、第一印象で「爽やかだな~」というだけで借りてきた。 …うん。小池龍之介と同じ感じだ。疲れる。(もうこの手の物は読まないと... もっと読む

毎日トクしている人の秘密

377
3.48
名越康文 2012年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もっと深い内容かと思っていたけど読んでいるとエッセイぽく、なにかの雑誌に連載していたような記事を集めたものかと思っていたら最後にメルマガを加筆修正したもの... もっと読む

どうせ死ぬのになぜ生きるのか (PHP新書)

354
3.48
名越康文 2014年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトル買いをしたので、こんながっつり仏教だとは思わなかったんですが、前半は心にすっと入ってくるものがありました。 この問いの答え。 それは簡単に... もっと読む

SOLO TIME (ソロタイム)「ひとりぼっち」こそが最強の生存戦略である

225
3.82
名越康文 2017年6月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以上、まとめ。 ・すべての人は「群れ」の中で生きている。 ・群れの中での自分の居場所を失わないように自分の体や心を消耗させてしまっている人が多い。 ・群... もっと読む

辺境ラジオ

197
3.95
内田樹 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったー 内田さんの本は何冊が読んでいるので、今回のもそこらへんはふむふむと読む感じ。 名越さんと西さんのお話は初めて読むので新鮮な気持ち。 ... もっと読む

現代人の祈り―呪いと祝い

181
3.82
釈徹宗 2010年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

予祝 初めての言葉でした。 現代のお笑いは呪いの解除にはならないのでしょうね。 もっと読む

心がスーッと晴れ渡る「感覚の心理学」 角川SSC新書

165
3.26
名越康文 2012年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心理学者としてTVにも良く出ている名越氏による一冊。 「心は四頭立ての馬車」などと名言も飛び出す反面、後半は弱冠スピリッチュアルな感が。 もっと読む

現代人の祈り (サンガ新書)

126
3.63
内田樹 2011年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

直接教えを受けている(受けていた)3人の先生方による対談本なので、活字を追っているのに、耳から聴こえてくるような感じがした。 釈先生の仏教、宗教... もっと読む

驚く力ーーさえない毎日から抜け出す64のヒント

118
3.85
名越康文 2013年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

以前読んだ本から繋がった本。 この手の本は終着点はおおよそ似通っているので、スピードで読み進めていく。 しかし、途中からペースが落ちる。 自分の中にある言... もっと読む

女はギャップ (扶桑社文庫)

111
2.80
名越康文 2008年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

メカラウロコ的な部分があった。わかりやすい。 もっと読む

「他人」の壁 唯脳論×仏教心理学が教える「気づき」の本質 (SB新書)

104
3.50
養老孟司 2017年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

養老先生と名越先生の対談となったら即購入。 やはり生きるのを楽にしてくれる。 人のことを分かろうとしていたことがバカらしくなってくる。 グローバリゼーショ... もっと読む

女はギャップ!

67
3.14
名越康文 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

男子の考えが分かる、女子の為の本です。 非常に具体的で分かりやすいので、 全ての恋する女子に読んでほしい。 そして哀れな鈍感男子に、 どんどんOK... もっと読む

40歳からの人生を変える心の荷物を手放す技術

64
3.50
名越康文 2013年8月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ルポライターの藤井誠二氏が40歳になってパニック障害を人生で突然抱え、主治医で友人で精神科医である名越康文と対話にまとめた本。 題名の「心の荷物を手放す... もっと読む

まわりにあわせすぎる人たち

57
3.14
名越康文 2005年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他人とのかかわりの中で、まわりと同調していくことは必要。 ただそこに過剰に反応してしまうと、本当の自分とかけ離れていってしまう。 この過剰適応につ... もっと読む

危ない恋愛 (知恵の森文庫)

52
3.57
名越康文 2005年10月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

精神科医が恋愛依存やDV、過剰適応など、事例を交えた恋愛に纏わる社会病理の本なのですが…。 かなり主観的かつ抽象論的でアレでした。全編インタビュー形式だっ... もっと読む
全102アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする