周木律のおすすめランキング

プロフィール

某国立大学建築学科卒業。『眼球堂の殺人』で第47回メフィスト賞を受賞しデビュー。本格ミステリの系譜を継ぐ書き手として絶賛を浴びる。他の著書にデビュー作を含む「堂」シリーズ、『猫又お双と消えた令嬢』にはじまる「猫又お双」シリーズ、『災厄』『暴走』『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』『アールダーの方舟』『不死症』『幻屍症』『LOST 失覚探偵』『死者の雨‐モヘンジョダロの墓標‐』がある。

「2020年 『小説 Fukushima 50』 で使われていた紹介文から引用しています。」

周木律のおすすめランキングのアイテム一覧

周木律のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)』や『眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス)』や『不死症 (実業之日本社文庫)』など周木律の全105作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社文庫)

544
3.69
周木律 2016年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

年に数回、コテコテの推理小説が無性に読みたくなることがあります。 その衝動に駆られて今回手にしたのがこちら。 いかにもミステリー調の装丁が気になっていたの... もっと読む

眼球堂の殺人 ~The Book~ (講談社ノベルス)

520
3.30
周木律 2013年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新本格全盛の頃を思い出す、なんだか懐かしいクローズドサークルもの。ミステリに慣れ親しんでいるとトリックも犯人もわかってしまうかも。あまり新鮮さがなく カタ... もっと読む

不死症 (実業之日本社文庫)

395
2.65
周木律 2016年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

展開が早く感じました。 よくあるゾンビ物、という感じ。 映像になったゾンビ達のシーンが目に浮かびました。 私はゾンビパニックホラーが大好きなのですが、どち... もっと読む

謎の館へようこそ 白 新本格30周年記念アンソロジー (講談社タイガ)

305
3.33
東川篤哉 2017年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新本格30周年を記念して刊行されたアンソロジー。東川篤哉、古野まほろ、青崎有吾、周木律の作品は読んだ事があったけど一肇と澤村伊智は初めて。どの話も長くはな... もっと読む

双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社ノベルス)

250
3.12
周木律 2013年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相変わらず建築基準法違反な建物で起こる殺人事件。作中でツッコミが入るとはいえ、公営美術館として建てられたという設定は流石に無理がある。絵画は湿度に敏感なの... もっと読む

双孔堂の殺人 ~Double Torus~ (講談社文庫)

241
3.40
周木律 2016年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ1作目よりも面白い。 宮司兄妹が今後どんな風に物語に食い込んで来るのかが楽しみ。 それにしても、数学の話は難しい。昨今、高等教育の場でも数学の... もっと読む

五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社文庫)

182
3.57
周木律 2017年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思わせ振りな終わりかたで、直ぐに続きを手に取らずにはいられない。 本格的に物語が動きはじめた感じがする。宮司兄妹、なかなか曲者の毒島。登場人物も個性派が... もっと読む

鏡面堂の殺人 ~Theory of Relativity~ (講談社文庫)

179
3.36
周木律 2018年12月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堂シリーズやっときたクライマックス! いよいよ原点の殺人。 沼四郎と藤衛、百合子と神。 どう考えても過去の手記パートが面白かった。 久しぶりに(?)ミステ... もっと読む

五覚堂の殺人 ~Burning Ship~ (講談社ノベルス)

177
3.38
周木律 2014年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数学的要素の館系ミステリ。 2作目飛ばして読んでしまったので、宮司さんとのつながり気になるところだけど。 数学難しいのはさておき、見取り図が多用される... もっと読む

大聖堂の殺人 ~The Books~ (講談社文庫)

176
3.44
周木律 2019年2月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すべての事件を操る数学者・藤衛に招かれ、北海道の孤島に聳え立つ大聖堂を訪れた宮司百合子。 そこは、宮司家の両親が命を落とした場所だった。 災禍再び、リー... もっと読む

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社文庫)

164
3.45
周木律 2017年9月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

衝撃! トリックは勿論、その他これまでのシリーズを読んできた人にはちょっと信じられない内容。 ストーリーについては、これ以上語らないほうが良い気が... もっと読む

教会堂の殺人 ~Game Theory~ (講談社文庫)

154
3.53
周木律 2018年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この「堂」シリーズは、7作完結らしいが前作から物語が大きく大きく動きだしここまで読んだ5冊がまるで一冊の大長編ミステリーを読んだ読後感。 なんだか既にク... もっと読む

CRISIS 公安機動捜査隊特捜班 (角川文庫)

153
3.31
周木律 2017年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4月からスタートしたドラマと並行して、発売された小説版。ドラマの原作ではなく、あくまでも別の作品と言う位置づけらしい。登場人物はドラマと一緒なので、ドラマ... もっと読む

伽藍堂の殺人 ~Banach-Tarski Paradox~ (講談社ノベルス)

145
3.14
周木律 2014年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いい意味でも悪い意味でもいつも通り。 不可能犯罪に見えた殺人が建物トリックによって明かされる。 ただ、こうも建物の構造を踏襲してくるとトリックになんとなく... もっと読む

猫又お双と消えた令嬢 (角川文庫)

142
3.02
周木律 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ちょっとミステリーとしては浅いかなぁ。実行可能性を考えると自ずと犯人やトリックがわかっちゃう。 あと、猫又の少女が登場することが売りなわけですが、もうひ... もっと読む

災厄

134
3.47
周木律 2014年5月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高知県の過疎村から起こる集団死事件。これがテロなのかパンデミックなのか。 災厄の原因を突き止める過程よりも、斯波と宮野との友情や歩美との関係よりも、官房... もっと読む

幻屍症 インビジブル (実業之日本社文庫)

134
2.80
周木律 2017年6月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四方を海原に囲まれた四水園。この施設は孤児院で園生は十五歳の春に孤児院を出る。モノやヒトの一部が歪んで見える幻視症のユタカは、それが原因で孤立し、いじめら... もっと読む

LOST 失覚探偵 (上) (講談社タイガ)

128
3.23
周木律 2016年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

破格の推理力を持ち、その名を轟かせた美貌の名探偵・六元十五(ろくもとじゅうご)。だが、戦火の気配漂う中、突如として探偵は表舞台から姿を消した。あれから七年... もっと読む

アールダーの方舟

127
3.41
周木律 2014年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一神教(キリスト教やユダヤ教)について薀蓄が書きたかっただけにしか思えない。 完璧な記憶力、瞬時の計算力、多語学を習得の天才相手に、凡人が哲学的会話を成立... もっと読む

教会堂の殺人 ~Game Theory~ (講談社ノベルス)

108
2.85
周木律 2015年7月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堂シリーズ、第5弾。 どんどんワケが分からなくなっていく…。 これってまだ続くんだよね? もっと読む
全105アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×