和合亮一のおすすめランキング

プロフィール

1968年福島県福島市生まれ。福島大学卒業。東日本大震災の直後からツイッタ―上で「詩の礫」を発表し反響を呼ぶ。詩集に『AFTER』(98年、中原中也賞)、『RAINBOW』(99年)、『誕生』(02年)、『地球頭脳詩篇』(05年、晩翠賞)、『入道雲入道雲入道雲』(06年)、『黄金少年』(09年)、『詩の礫』(仏語版がニュンク・ポエトリー・レビュー賞受賞)、『詩ノ黙礼』、『詩の邂逅』』(以上11年)、『廃炉詩篇』(13年)、『昨日ヨリモ優シクナリタイ』(16年)など。震災後の福島の文化を発信するプロジェクトや合唱曲の作詞、国内外の詩祭への出演など幅広く活躍する。

「2018年 『続・和合亮一詩集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和合亮一のおすすめランキングのアイテム一覧

和合亮一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『思想地図β vol.2 震災以後』や『詩の礫』や『特別授業 “死"について話そう (14歳の世渡り術)』など和合亮一の全84作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

思想地図β vol.2 震災以後

1092
4.08
東浩紀 2011年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「震災以降」、言葉や思想はいったい何をなし得たのか、そしてなし得るのか――この問いを軸として編まれた、批評家・東浩紀による新しい言論誌「思想地図β」シリー... もっと読む

詩の礫

118
3.74
和合亮一 2011年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つぶて、と銘打っているだけあり、こちらへ投げつけてくるような印象 もっと読む

特別授業 “死"について話そう (14歳の世渡り術)

93
3.48
和合亮一 2013年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あぁ、と考えてしまったのは、科学技術が生み出した死、いのちについての項。 出生前診断、中絶、脳死、体外受精など、本来そこに手をかけなければ、生まれることの... もっと読む

震災から語る――別冊思想地図β ニコ生対談本シリーズ1 (別冊思想地図β ニコ生対談本シリーズ # 1)

80
3.75
和合亮一 2012年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『東浩紀対談集 震災ニッポンはどこへいく』読了。震災後の問題意識は如何に“主体的”に行動を起こすかに尽きる気がする。“主体的”ということは責任を背負うこと... もっと読む

震災ニッポンはどこへいく 東浩紀対談集:ニコ生思想地図コンプリート

65
4.29
東浩紀 2013年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

震災直後の対談集であるが、震災から3年経った今読んでも、なるほどと思える箇所がいくつもある。一般意思2.0とか日本2.0も読んでみようかしら。ゲンロン友の... もっと読む

にほんごの話

54
3.38
谷川俊太郎 2010年2月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷川俊太郎と和合亮一の対談。 最初の「国語」「日本語」という視点と教科書への谷川さんが思ってるところの意見が面白かった。教師とかじゃないからか、妙に... もっと読む

詩ノ黙礼

46
4.00
和合亮一 2011年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

毎晩少しずつ声に出して読んでいった。 今、福島を日本を命を未来を思うこと。 失われたたくさんの魂を決して風化させないために。 もっと読む

ふるさとをあきらめない―フクシマ、25人の証言

43
4.36
和合亮一 2012年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「この震災を経て、私たち日本人の間にはいくつもの川が生まれた。」 ー 「ここに込められているインタビューの集合体に、いつしか私の震災の日々の思考を、他者の... もっと読む

詩の邂逅

35
4.10
和合亮一 2011年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

邂逅というタイトルがいいじゃないですか。ねえ。 福島の人々を詩でつづる、和合さんならではの詩。 もっと読む

往復書簡 悲しみが言葉をつむぐとき

35
3.71
若松英輔 2015年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

それぞれ別の経緯で知り、好きだったお二人の往復書簡ということで読む前から期待していた。 お互いの存在は知りながら、実際には面識のなかったふたりが、敢えて1... もっと読む

3.11を越えて― 言葉に何ができるのか

32
3.60
佐野眞一 2012年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

資料番号:011459831 請求記号:369.3/サ もっと読む

「教える」ことの覚え書き ─等身大の教師であるために

28
4.17

感想・レビュー

自分にとって、新しい発見はあまりなかったが、他の人と一緒に読んで、書かれていることについて話しあってみたいと感じた。特に、中堅ぐらいの教員が、自分の教員と... もっと読む

ユリイカ 2014年6月臨時増刊号 総特集=吉野弘の世界

25
4.67
谷川俊太郎 2014年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

偉大な詩人が失われたことが、 本当に悲しい。 もっと読む

被災地から問う この国のかたち (イースト新書)

24
3.00
玄侑宗久 2013年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

霞が関の世界では平時の論理に振り回されている。 県市町村職員も国の中央ばかりを見ている。 もっと読む

はしるってなに (とぴか)

24
3.17
和合亮一 2013年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「がんばって/はしっている/たったひとりで//はしっていると/だれかが/まえにいるようなきがする」 「とうさん//ぼく/きょう//ぼくのことを/おいぬいた... もっと読む

詩の寺子屋 (岩波ジュニア新書)

22
3.50
和合亮一 2015年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ときおり掲載されている小学生の詩が「うそやろ!」とのけぞるほどレベルが高い。 もっと読む

ふたたびの春に

17
4.00
和合亮一 2012年3月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまたま図書館で出会い読みました。 2011年3月11日の震災から継時的に書かれているため、詩を読んでいても著者の心境の変化がよくわかります。 和合さんの... もっと読む

映画『100,000年後の安全』パンフレット

15
4.67
森直人 2011年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パンフレットというよりシナリオブックだ。 高レベル放射能廃棄物が溜まれば溜まるほど、人は近づけなくなるよね?なら人を被曝させずにどうやって廃棄物を地... もっと読む

詩の礫 起承転転

15
1.00
和合亮一 2013年3月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

詩なのか? 自ら詩人だと称える 現代詩だと分類する 言葉の作品だと酔う 不安 憎悪 悲哀 どうだどうだ 鬼だ鬼だ 推敲のない表現の羅列 ... もっと読む
全84アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする