和辻哲郎のおすすめランキング

プロフィール

和辻哲郎(わつじ・てつろう 1889-1960)
兵庫県神崎郡砥堀村仁豊野(現在の兵庫県姫路市)に生まれる。倫理学者、哲学者。著書に『古寺巡礼』『風土』『倫理学』『日本精神史研究』など。

「2016年 『日本語と哲学の問題』 で使われていた紹介文から引用しています。」

和辻哲郎のおすすめランキングのアイテム一覧

和辻哲郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『風土―人間学的考察 (岩波文庫)』や『古寺巡礼 (岩波文庫)』や『人間の学としての倫理学 (岩波文庫)』など和辻哲郎の全430作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

風土―人間学的考察 (岩波文庫)

1021
3.56
和辻哲郎 1979年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

情報を読む力 学問する心などリファレンス多数。「寒さ」「冷たさ」などの言葉に人が反応する感覚は、単に気温が低いというのもあれば、風が強い、乾燥している、雪... もっと読む

古寺巡礼 (岩波文庫)

505
3.52
和辻哲郎 1979年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

和辻さんの、落ち着いているけど艶めかしくって深みのある、漆のような美文には、何度読んでも胸が高鳴ります。 私の勝手な妄想にすぎませんが、信仰心以上に... もっと読む

人間の学としての倫理学 (岩波文庫)

178
4.07
和辻哲郎 2007年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

地域研究と異文化理解[Regional and Cross-Cultural Studies] もっと読む

葉隠 上 (岩波文庫 青 8-1)

165
3.81
田代陣基 1940年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「武士道とは死ぬことと見つけたり」の序文で有名な葉隠ですが、武士道とは何なのか詳しく知りたくなったので読んでみました。 生死をかけた大勝負では、人間... もっと読む

日本精神史研究 (岩波文庫)

132
3.71
和辻哲郎 1992年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【目次】 改訂版序 (昭和十五年二月 著者) [005] 序言 (大正十五年九月 於洛東若王子 著者) [007-009] 目次 [011-013]... もっと読む

正法眼蔵随聞記 (岩波文庫)

122
3.61
和辻哲郎 1982年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2017.01.01読了)(2003.04.18購入)(1992.07.05・第64刷) この本には、現代語訳がついていません。読めば、なんとなく書い... もっと読む

イタリア古寺巡礼 (岩波文庫)

117
3.75
和辻哲郎 1991年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パリ、ニース、ジェノア、ローマ、ナポリ、シチリア、アシシ、フィレンツェ、ボローニャ、ラヴェンナ、パドヴァ、ヴェネチア、ヴェロナ・・・。 時は1927... もっと読む

孔子 (岩波文庫)

105
3.48
和辻哲郎 1988年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

論語とかがまとめられてるのかと思ったけど違った でもすごい考察が面白くて結局読んじゃった もっと読む

初版 古寺巡礼 (ちくま学芸文庫)

104
3.62
和辻哲郎 2012年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

仏像見てみたい。 もっと読む

葉隠 下 (岩波文庫 青 8-3)

91
3.54
田代陣基 1941年9月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所】 図・2F知の泉  【請求記号】 080||IB 大西 隆 本学学長紹介図書 【OPACへのリンク】  https://opac.l... もっと読む

葉隠 中 (岩波文庫 青 8-2)

90
3.42
田代陣基 1941年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【配架場所】 図・2F知の泉  【請求記号】 080||IB 大西 隆 本学学長紹介図書 【OPACへのリンク】  https://opac.l... もっと読む

倫理学〈1〉 (岩波文庫)

83
3.56
和辻哲郎 2007年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この大部の主著の前に刊行された『人間の学としての倫理学』で既に示された基本概念・手法に沿って、著述は開始される。 和辻が「人間」というとき、「個」として... もっと読む

風土―人間学的考察 (ワイド版岩波文庫)

65
4.23
和辻哲郎 1991年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まちへの関わり方は、風の人と土の人がいるんです。大学の先生の言葉で、これだけ唯一覚えてる。ちょっと思い出して再読。 もっと読む

日本倫理思想史(一) (岩波文庫)

59
4.33
和辻哲郎 2011年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本に倫理と呼べるほどの思想的潮流があったのかと、タイトルを見たときに胡散臭く感じたのが第一印象だった。 そんな思いを引きずりながら導入部を読んでみると、... もっと読む

和辻哲郎随筆集 (岩波文庫)

58
3.29
和辻哲郎 1995年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この時代の学者というのは、どうしてこのように大所高所から物事を見ることができるのでしょう。全体を見通す眼力、それにもかかわらずささやかなことも感知できる嗅... もっと読む

古寺巡礼

48
3.75
和辻哲郎 電子書籍 2012年10月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ある対象を見て他の何ものかとの類似性を見出したり, その由来を求めたりすることができるためには, それに応じて肥えた目と蓄積された豊かな知識のみならず, ... もっと読む

道元 (河出文庫)

43
3.30
和辻哲郎 2011年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

親鸞や法然についての本は多いと思う。悪人正機説なんてツッコミドコロ満載だし。鎌倉仏教の影響については、日蓮に関する言及は多かった。あの絵巻がらみで一遍上人... もっと読む

倫理学〈2〉 (岩波文庫)

42
3.30
和辻哲郎 2007年2月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『倫理学』1巻や『人間の学としての倫理学』における和辻哲郎の基本構想(「人間」は人を意味すると同時に、人と人との間柄や「世間」をも意味する、云々)にいたく... もっと読む

倫理学〈3〉 (岩波文庫)

36
3.20
和辻哲郎 2007年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪い予感が的中した。端緒に於いてはすばらしい新しさがあった和辻哲郎の思想は、本書(岩波文庫版)第2巻の後半辺りから唐突に出てくる「公共性」概念が、本第3巻... もっと読む

鎖国〈上〉―日本の悲劇 (岩波文庫)

35
3.75
和辻哲郎 1982年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ふつうは下読み終わってからだけど、長丁場になりそうなので。 鎖国と題うっているが、上巻4分の3は西欧の大航海時代の話。 ゲルマン民族の流入とイスラ... もっと読む
全430アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする