喜多尾道冬のおすすめランキング

喜多尾道冬のおすすめランキングのアイテム一覧

喜多尾道冬のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『カルロスクライバー ある天才指揮者の伝記(上)』や『カルロスクライバー(下) ある天才指揮者の伝記』や『美術シンボル事典』など喜多尾道冬の全32作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

カルロスクライバー ある天才指揮者の伝記(上)

62
3.38

感想・レビュー

翻訳のせいか,非常に読みづらい感じで,前巻を読むだけで, 非常に時間がかかった。(実際,1度挫折・・・。) 読み進めていくうちに,慣れてきて, ... もっと読む

カルロスクライバー(下) ある天才指揮者の伝記

41
3.73

感想・レビュー

内容的には面白いのですが, 上巻でも書いたとおり, 翻訳が非常に読みにくくさせているのが 残念。 もっと読む

指揮台の神々 世紀の大指揮者列伝

39
3.86

感想・レビュー

音楽I先生推薦。市立図書館借用20081209 もっと読む

舞台裏の神々―指揮者と楽員の楽屋話

31
3.81
RupertSch¨ottle 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

演奏者側の本なので(仕方がないけど)指揮者に対しての部分でちょっとイラッとするところもあったけど(笑)面白く読めた。 もっと読む

だれがクラシックをだめにしたか

21
3.33

感想・レビュー

金沢図書館で読む。面白い本でした。僕のような素人にも読みやすいです。ただし、どこかで聞いたエピソードばかりです。また、題名は間違っています。クラシック裏話... もっと読む

私が独裁者?モーツァルトこそ!―チェリビダッケ音楽語録

19
3.71

感想・レビュー

「幻の指揮者」 自分がこの指揮者の演奏に出会った当時、呼ばれていた言葉である。 ブルックナーの交響曲6番が、NHKのテレビ番組で放送されることになった。 ... もっと読む

シューベルト (朝日選書)

13
4.14

感想・レビュー

シューベルトについて、当時の社会情勢と絡めながら彼の音楽性を詳細に分析した伝記本。シューベルトが生涯のほとんどを過ごした当時のウィーンの様子も詳しく描かれ... もっと読む

気球の夢―空のユートピア

10
3.00

感想・レビュー

著者は、膨大な資料をつかって、気球の歴史をつかって、気球の歴史を、おもにヨーロッパ近代史の中にたどり、ああ、飛びたい、飛んで自由になりたい、というギリシャ... もっと読む

ムーサの贈り物 絵画・詩・音楽の出会うところ フランス・スペイン・オランダ・ベルギー編

10
4.00
喜多尾道冬 2007年7月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求番号: M0.117/K646/2 https://opac.tokyo-ondai-lib.jp/detail?bbid=TJ10000713 もっと読む

ムーサの贈り物―絵画・詩・音楽の出会うところ ドイツ編

9
3.00
喜多尾道冬 2005年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求番号: M0.117/K646/1 https://opac.tokyo-ondai-lib.jp/detail?bbid=TJ10000713 もっと読む

音楽の悪魔―デーモンに魅入られた作曲家たち

9
2.75
喜多尾道冬 2001年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クラシックは決して癒しの音楽ではなく作曲家の個人的な体験や当時の社会の出来事や風潮が暗い情念となって反映している。曲を知っていれば著者の云わんとしているこ... もっと読む

音楽都市ウィーン―その黄金期の光と影

5
5.00

感想・レビュー

ウィーンと言えば音楽の都、モーツァルトやハイドン、ベートーベン、シューベルトが活躍したところ。彼らが生活していた1830年前後、ウィーンが最も華やかでカオ... もっと読む
全32アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×