団鬼六のおすすめランキング

団鬼六のおすすめランキングのアイテム一覧

団鬼六のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『美少年 (JUNEコミックス ピアスシリーズ)』や『真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)』や『美剣士 (JUNEコミックス ピアスシリーズ)』など団鬼六の全574作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

美少年 (JUNEコミックス ピアスシリーズ)

496
3.41
小野塚カホリ マンガ 2005年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでいて「うおお・・」となった。 BLではなく性的嗜好やらをこういう視点で描いた好色文学。 SM陵辱あり。 もっと読む

真剣師小池重明 (幻冬舎アウトロー文庫)

330
3.98
団鬼六 1997年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

団鬼六と言えばSMというイメージしかないのだが、趣味の将棋では89年から将棋ジャーナルのオーナーとして93年まで私財をはたいて発行を続けた。その団が6年ぶ... もっと読む

美剣士 (JUNEコミックス ピアスシリーズ)

206
3.44
小野塚カホリ マンガ 2007年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

団鬼六原作・第二弾。 やっぱり救いようなしですが絵が綺麗なので買いでした。小野塚カホリぐらいのディテールなら漫画じゃなくても、原作に挿絵で良かったんじゃ... もっと読む

美少年 (新潮文庫)

186
3.20

感想・レビュー

2015年22冊目は、今年に入って2冊目の団鬼六作品。 妻を弟子に寝取られ、嫉妬にかられる「不貞の季節」 独自の倒錯的官能美感を吐露しているよ... もっと読む

快楽なくして何が人生 (幻冬舎新書)

139
3.25

感想・レビュー

団鬼六の自伝のようなもの。盛っているようなところもあるが、愛人斡旋業から紹介された女子大生を愛人にしたらハマってしまった話や、作家になるまでの話は読み物と... もっと読む

花と蛇〈1〉誘拐の巻 (幻冬舎アウトロー文庫)

104
3.52
団鬼六 1999年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんの20日ほど前、80年前の1931年4月16日滋賀県彦根市生まれの官能小説家、という30文字だけ用意して「今日の私の一冊」のレジュメは、放りっぱなしに... もっと読む

美少年

78
3.37

感想・レビュー

私小説というよりも、昭和の時代を切り取った秀逸なドキュメントだ。SM界隈という中において巨大なアイコンであったはずの団鬼六が、実は誠実で生真面目、シャイな... もっと読む

オールカラー版美少年 (ジュネットコミックス 総天然色シリーズ 2)

59
3.19
小野塚カホリ マンガ 2010年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

団鬼六さんの作品をどんな形であれ、読めたことは良かったと思う。ただのエロではなかった。芸術だと思う。ちゃんと活字で読みたいです。 もっと読む

SかMか 体の闇がわかる本

57
3.25
団鬼六 2008年12月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

団鬼六って小説読んだことなかったのだけど、SMの大家だし面白いのでは?と思ったら全然面白くなかった… 珍しく最後まで読めなかった。 こういう人はSが多い... もっと読む

外道の群れ―責め絵師・伊藤晴雨伝 (幻冬舎アウトロー文庫)

53
3.64

感想・レビュー

2019年、14冊目は、久々の団鬼六作品。 責め絵師、伊藤晴雨の関東大震災までの半生を綴った伝記もの。 SMスナイパー由来か、漫画家の丸尾末広... もっと読む

真剣師小池重明疾風三十一番勝負 (幻冬舎アウトロー文庫)

43
3.62
団鬼六 1997年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ニワカ将棋ファンの自分にとって一種のヒーローとも言える小池重明の、無双っぷり、破天荒っぷりがよく描けている。なかなか面白い。 こんな漫画みたいな人、本当に... もっと読む

悦楽王

41
4.17
団鬼六 2010年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 この著者にこのタイトル、このカヴァー画……「SM小説か」と誰もが思うだろうが、そうではない。  これは、団鬼六がかつて自ら発刊していた雑誌『SMキ... もっと読む

不貞の季節 (文春文庫)

39
3.20
団鬼六 2011年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

谷ナオミさんの映画を梅田で観たのを思い出した。なぜか卒論で使うという女友達と、京大生男子と三人で…。貴重な体験でした。いたってまともな人なんだなという印象... もっと読む

愛人犬アリス

39
4.38
団鬼六 2011年7月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 あの団鬼六が書いたのだと思うと不思議に顔がにんまりしてしまう。彼がいかにラブラドールレトリバーのアリスを愛していたのかと思うと切なくも悲しくなってしまう... もっと読む

手術は、しません―父と娘の「ガン闘病」450日

37
3.11

感想・レビュー

久留米大学医学図書館所蔵情報 http://lib.kurume-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=lo... もっと読む

少年縄化粧 (ジュネットコミックス ジュネットプレミアム 2)

37
3.11
小野塚カホリ マンガ 2013年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

耽美。「美少年」既読。「ああ 好きよ… あなた…好きよ」美少年菊香の女言葉がなんとも癖になりそうに色っぽくて切ない。「美剣士」陵辱容赦無いし。ジュネ的結末... もっと読む

往きて還らず (新潮文庫)

36
3.60
団鬼六 2011年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 「往きて還らず――すみれ荘奇譚」と「夢のまた夢――道頓堀情歌」という中編2編を収録。  「SM小説の巨匠」団鬼六には、一般小説の傑作も少なくない。... もっと読む

死んでたまるか 自伝エッセイ

35
3.90
団鬼六 2010年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 先月亡くなった団鬼六の自伝エッセイ集。昨年11月に出たものだから、生前最後の著作ということになるのかな。  書き下ろしかと思ったら、収録エッセイの... もっと読む

蛇のみちは―団鬼六自伝 (幻冬舎アウトロー文庫)

34
3.45

感想・レビュー

本書は団鬼六の自伝である。出だしのエピソードでわかるように、怪しげな人物がつぎつぎ登場して著者の波乱万丈の半生を活写いている。  小説が新人選に入選して... もっと読む

檸檬婦人 (新潮文庫)

34
3.27

感想・レビュー

約20年振りの団鬼六作品。 以前読んだモノはもっと、官能然としていたと思う(残念ながら、どの作品を読んだか記憶にない)。 性倒錯、SMの巨匠……という... もっと読む
全574アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする