国松俊英のおすすめランキング

プロフィール

滋賀県生まれ。同志社大学商学部卒業。日本児童文学者協会、日本児童文芸家協会、宮沢賢治学会、日本野鳥の会会員。童話や児童小説の他、子ども向けノンフィクションを多く書いている。野鳥や自然を題材とした物、人物ノンフィクションの作品が多い。2010年に作家や編集者たちと〈ノンフィクション児童文学研究会〉を立ち上げ、ノンフィクションについての研究活動を続けている。おもな著書に『スズメの大研究』星野道夫 アラスカのいのちを撮りつづけて』(共にPHP研究所)、『絵本 宮沢賢治の鳥』(岩崎書店)、『信長とまぼろしの安土城』『鳥のいる地球すばらしい』(共に文溪堂)などがある。『トキよ未来にはばたけ』(くもん出版)で第7回福田清人賞を受賞。

「2018年 『ノンフィクション児童文学の力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

国松俊英のおすすめランキングのアイテム一覧

国松俊英のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『スズメの大研究 (ノンフィクション未知へのとびらシリーズ)』や『星野道夫物語―アラスカの呼び声』や『鳥のくちばし図鑑 たべる・はこぶ・つくる (ちしきのぽけっと4)』など国松俊英の全167作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

スズメの大研究 (ノンフィクション未知へのとびらシリーズ)

41
3.50
国松俊英 2004年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

スズメも種類があるんだと初めて知りました。スズメ、ニュウナイスズメ、イエスズメ。イラストで解説されているけど実際に見ると、区別は難しいと思う。 ロシ... もっと読む

星野道夫物語―アラスカの呼び声

41
3.74
国松俊英 2003年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

星野さんの死後に、周りから情報を集めて書かれた、星野さんの伝記。 彼がどのようにアラスカ写真家になっていったのか分かってとてもよかった。 もっと読む

鳥のくちばし図鑑 たべる・はこぶ・つくる (ちしきのぽけっと4)

34
3.71
国松俊英 2007年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鳥の進化の過程でそれぞれに特化し得た嘴,それぞれのシーンに応じた嘴の使い方を絵でわかりやすく紹介されている本.これは「へー」が多いです. もっと読む

宮沢賢治の鳥

33
4.33
国松俊英 2017年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人と自然の博物館」に行ってきました モルフォ蝶などの常設展示をじっくり見てから、イベントの見学もしました はちみつ絞りとアンモナイト石鹸作りです ミニ企... もっと読む

手塚治虫 (おもしろくてやくにたつ子どもの伝記)

29
3.57
国松俊英 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

手塚治虫の火の鳥が読めてないから全巻読みたいと思った。 もっと読む

はしれ さんてつ、きぼうをのせて (知ることって、たのしい!)

26
3.86
国松俊英 2014年2月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

[墨田区図書館] 2011年3月に起った地震の際の実際の復興話。なんのことはない?地方か、ともすると架空の乗り物主人公話と思って手に取ったのでおっと思っ... もっと読む

最後のトキ ニッポニア・ニッポン―トキ保護にかけた人びとの記録 (ノンフィクション 知られざる世界)

24
3.63
国松俊英 1998年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドキュメンタリー。息子に薦められて読了。トキとトキのために全力で関わる人たちの交流に、ところどころ涙を誘われながら読んだ。日本のトキは絶滅してしまった。そ... もっと読む

お江 戦国の世を生きぬいて (フォア文庫)

23
4.20
国松俊英 2010年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父、長政はお江が幼い日に亡くなった。いままた母お市の方と養父勝家が、燃え落ちる城と運命をともにしていく。お茶々、お初、お江、残された三姉妹の波乱の人生が始... もっと読む

坂本龍馬 幕末の日本をかけぬける (フォア文庫)

20
4.25
国松俊英 2009年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・坂本龍馬は日本をよくするためにある行動をとります。そして日本は大きく動きはじめます。 ・坂本竜馬はいい日本にしようと思っていい所にしました、でも命が狙... もっと読む

理科室から生まれたノーベル賞―田中耕一ものがたり (イワサキ・ライブラリー)

17
3.00
国松俊英 2004年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小学生のころから遊びの中から、実験をしたり 先生にアドバイスするほどだったようだ。 もっと読む

わざわざことわざ ことわざ事典〈1〉いきものの巻

17
4.29
国松俊英 2009年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはいい!『怪談レストラン』シリーズでお馴染みのたかいよしかずさんの脱力系イラストと漫画がかわいくてすごく笑える。タイトルは辞典だけど、むしろ楽しい読み... もっと読む

人名のひみつ (名前のはじまり探検隊)

16
3.17
国松俊英 1999年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4-265-03941-3 96p 1999・11・11 1刷 もっと読む

伊能忠敬 歩いてつくった日本地図 (調べる学習百科)

14
3.00
国松俊英 2016年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

正しい地図の作り方、作るまでの流れ、歴史など、努力の歴史を学べます。 もっと読む

ノンフィクション児童文学の力

14
5.00
国松俊英 2018年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私にはノンフィクション、ルポルタージュ、科学読み物、ドキュメント、伝記などの線引きが曖昧な部分だった。しかし、この本を読むと、その違いがきちんと記述され、... もっと読む

信長とまぼろしの安土城

13
3.00
国松俊英 2008年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 完成からわずか3年、本能寺の変で織田信長が討たれ、安土城も火を放たれ焼け落ちた。どのような城だったのか、今も謎のままのまぼろしの城。城跡の発掘調査、遠く... もっと読む
全167アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする