園子温の文庫本一覧

プロフィール

映画監督・詩人・アーティスト。1961年愛知県豊川市生まれ。17歳で詩人デビューし、「ジーパンをはいた朔太郎」と呼ばれ注目される。1987年、『男の花道』でPFFグランプリを受賞。スカラシップ作品として1990年に制作した『自転車吐息』がベルリン映画祭に正式招待される。1993年には、無意味・無目的・無宗教の運動体「東京ガガガ」を組織し、東京の路上を詩でもってゲリラ的に占拠。東日本大震災の翌年には『ヒミズ』(第68回ヴェネチア国際映画祭で主演二人がマルチェロ・マストロヤンニ賞受賞)、『希望の国』(第37回トロント国際映画祭最優秀アジア映画賞受賞)を世に問い、世界でも高い評価を得る。2015年には『新宿スワン』『ラブ&ピース』『リアル鬼ごっこ』『映画みんな!エスパーだよ!』と年間で4作品を発表。同年7月にはChim↑Pomキュレーションによる初個展「ひそひそ星」を高円寺 Garter@キタコレビルにて開催し、9月にもChim↑Pom発案の「Don't Follow the Wind」展(ワタリウム美術館)にて像インスタレーションを発表。2016年5月に『ひそひそ星』を公開。

「2016年 『園子温作品集 ひそひそ星』 で使われていた紹介文から引用しています。」

園子温の文庫本一覧のアイテム一覧

園子温の文庫本一覧です。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。『時効警察 (角川文庫)』や『愛のむきだし (小学館文庫)』や『自殺サークル 完全版 (河出文庫)』など園子温の全4作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

時効警察 (角川文庫)

518
3.47
三木聡 2007年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「やっぱ、日曜日に眼鏡をかけるっていうのは、どうもなぁ…イギリス人じゃないんだから」 『鴨がネギを背負ってるどころか、出汁に浸かって火まで点けて待っ... もっと読む

愛のむきだし (小学館文庫)

118
3.68
園子温 2012年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この高揚と疾走感はなんだろう。マトモな話ではないが、これこそアートに期待する感覚ではないだろうか。よく考えつつ考えていない素晴らしい作品だと思う。映画も俄... もっと読む

自殺サークル 完全版 (河出文庫)

72
3.05
園子温 2013年9月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同名映画を発展させた小説で『紀子の食卓』の原型になるという位置関係が少しややこしい小説。そういったことは関係なく、テンポが良く読みやすい。小説家としても園... もっと読む

恋の罪―愛にさまよう女たち (リンダブックス)

62
2.65
園子温 2011年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

水野美紀さん主演の映画の脚本を小説化した本。ふつー逆が多いかなあと思ってたのでびっくりだけど、それ以上に内容にびっくりー!! す、すごすぎる・・・(*゚... もっと読む
全4アイテム中 1 - 4件を表示
ツイートする