土肥恒之のおすすめランキング

プロフィール

1947年北海道生まれ。小樽商科大学卒、一橋大学大学院社会学研究科博士課程修了。一橋大学大学院社会学研究科教授を経て、一橋大学名誉教授。社会学博士。専門はロシア社会史、史学史。おもな著書に『ステンカ・ラージン』『ロシア近世農村社会史』『岐路に立つ歴史家たち』『ピョートル大帝とその時代』『よみがえるロマノフ家』『図説帝政ロシア』『西洋史学の先駆者たち』ほか。

土肥恒之のおすすめランキングのアイテム一覧

土肥恒之のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ロシア・ロマノフ王朝の大地 (興亡の世界史)』や『興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地 (講談社学術文庫)』や『図説 帝政ロシア (ふくろうの本/世界の歴史)』など土肥恒之の全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ロシア・ロマノフ王朝の大地 (興亡の世界史)

93
3.65
土肥恒之 2007年3月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実質的には近世・近代にウエイトがおかれたベーシックなロシア通史。アレクサンドル1世〜ニコライ2世のあたりが見どころ。通説の化石のように旧体制然としたロシア... もっと読む

興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地 (講談社学術文庫)

57
4.00
土肥恒之 2016年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日ほかの本で、ロシアの歴史がウクライナから始まったことに驚きました。 この本でさらに驚いたのは、ウクライナも、イギリス、フランスのノルマンディー公国、... もっと読む

図説 帝政ロシア (ふくろうの本/世界の歴史)

49
3.75
土肥恒之 2009年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帝政ロシア時代の出来事を順番に解説する書。絵や写真が充実していて、当時のロシアに対する知識をつけるためには良い。 もっと読む

ヨーロッパ近世の開花 (世界の歴史 17)

44
3.22
長谷川輝夫 1997年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

分厚いので17世紀フランスに関連している部分のみを流し読みをしました。 よって感想も評価点数も、その部分についてのみですのでご容赦ください。 宗教... もっと読む

ピョートル大帝―西欧に憑かれたツァーリ (世界史リブレット人)

25
3.67
土肥恒之 2013年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

http://navy.ap.teacup.com/book-recommended/236.html もっと読む

よみがえるロマノフ家 (講談社選書メチエ)

22
3.50
土肥恒之 2005年3月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ロマノフ王家の視点から見たロシアの歴史、とても分かりやすい解説なのは確かなのですが、こう、見ていても何一つうまくいく感じがないので、気分が暗くなります..... もっと読む

ステンカ・ラージン―自由なロシアを求めて (ヒストリア)

14
3.25
土肥恒之 2002年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

17世紀には農業経営にとってより良い条件と展望があるならば、上からのさまざまな抑圧や負担を潔しとしない豊かな農民たちもあえて不法な移転に踏み切った。つまり... もっと読む

興亡の世界史 ロシア・ロマノフ王朝の大地 (講談社学術文庫)

11
4.00
土肥恒之 電子書籍 2016年9月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『名画で読み解く ロマノフ家 12の物語 』(光文社新書) 中野京子著と並行して読んだ。 帝政ロシア、ロマノフ300年の通史。 タタールのくびき、... もっと読む

ロシア皇帝の虚像と実像―ツァーリ幻想と民衆 (Fukutake Books)

5
3.00
土肥恒之 1992年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素朴なツァーリ観の考えはおもしろかった。 日本だとどうだろう? もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする