坂崎乙郎のおすすめランキング

坂崎乙郎のおすすめランキングのアイテム一覧

坂崎乙郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『造形思考(上) (ちくま学芸文庫)』や『造形思考(下) (ちくま学芸文庫)』や『絵とは何か (河出文庫)』など坂崎乙郎の全81作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

造形思考(上) (ちくま学芸文庫)

247
3.29
パウルクレー 2016年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オススメされたもの。まずは上巻。理論派だけあって、造形や色彩にかかる実践がロジカルに語られている。とくに第1部最後の講演録は、造形の理論と実践との間の前々... もっと読む

造形思考(下) (ちくま学芸文庫)

161
4.00
パウルクレー 2016年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

パウル・クレーは私の一番好きな画家だ。彼の作品は抽象的なのに具象性も残し、生き生きと動感に溢れ、滋味豊かで、毎日見ても飽きることがない。 このクレーの本... もっと読む

絵とは何か (河出文庫)

76
3.92
坂崎乙郎 2012年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

画家とは、絵とは何か、思考した名著。真理とはこれ如何。 もっと読む

エゴン・シーレ―二重の自画像 (平凡社ライブラリー)

35
3.53
坂崎乙郎 1998年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本の表紙を描いているうちに 自分はどんな絵が好きなのか?、それはエゴンシーレ。 大学一年の時クラスでシーレについて発表したしね。 シーレの絵を見返した。 ... もっと読む

幻想芸術の世界―シュールレアリスムを中心に (講談社現代新書 189)

34
3.31

感想・レビュー

借りたもの。 シュールレアリスムにおける幻想の本質、その魅力を、同時代・シュルレアリスム運動に限らず、様々な時代における「幻想芸術」の表現を通して、分類... もっと読む

完全版・夜の画家たち―表現主義の芸術 (平凡社ライブラリー)

21
3.40
坂崎乙郎 2000年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに惹かれて借りた本。抽象画といわれる作品は意図が読み取れなかったりして今まで通り過ぎてきたことな多かった。たぶん、私がそれを絵画として見ていたから... もっと読む

ミレー (新潮美術文庫 22)

20
3.67
坂崎乙郎 1976年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夜中に一気に読んだ。素晴らしい解説。こんな薄い本でミレーに対する過去の論難を一つ一つ破折していく。 もっと読む

ロマン派芸術の世界 (講談社現代新書 446)

15
3.33

感想・レビュー

(1976.12.23読了)(1976.11.08購入) *解説目録より* ロマン派は、絵画にとどまらない総合芸術運動であり、同時にはじめて人間の無意... もっと読む

アングル (新潮美術文庫 18)

11
4.00
坂崎乙郎 1974年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1976.01.16読了)(1975.12.25購入) ☆坂崎乙郎の本(既読) 「ヨーロッパ美術紀行」坂崎乙郎著、紀伊國屋新書、1965.04.... もっと読む

幻想の建築 (SD選書 (35))

8
4.00

感想・レビュー

最初に読んでから、数十年の間にたびたび読み返しています。 目次に上がっているテーマは、「塔」「庭園」「牢獄」「宮殿」「大伽藍」など。建築史とか技術論的... もっと読む

反体制の芸術―限界状況と制作のあいだで (中公新書 202)

7
4.00

感想・レビュー

(1972.05.02読了)(1972.04.29購入) 副題「限界状況と制作のあいだで」 *解説目録より* 農民戦争に加担して八つ裂きの刑に処せら... もっと読む

空間の生命―人間と建築 (SD選書 55)

5
4.00
坂崎乙郎 1971年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(1981.05.02読了)(1981.03.12購入) 副題「人間と建築」 【目次】 イメージについて 序にかえて 砂漠 自然 風土 ブリ... もっと読む

ふたたび絵とは何か (1978年)

4
3.50

感想・レビュー

(1981.01.20読了)(1980.01.12購入) *本の帯より* 自分に、誠実に生きる。 それが、どれほどむずかしいか。 美を求め続ける、... もっと読む

視るとは何か

4
3.50

感想・レビュー

(1981.04.03読了)(1981.01.30購入) *本の帯より* セザンヌ、ゴーギャン、ゴッホ、フリードリッヒ 絵は見ると同時に読むものであ... もっと読む
全81アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする