坂本あおいのおすすめランキング

坂本あおいのおすすめランキングのアイテム一覧

坂本あおいのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元推理文庫)』や『おばあちゃんのごめんねリスト』や『ブラウン神父の知恵 (ちくま文庫)』など坂本あおいの全22作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ねじの回転 -心霊小説傑作選- (創元推理文庫)

173
3.40

感想・レビュー

「ねじの回転」、好きなんだなあ、私。 読んだことない翻訳版を目にすると 必ず読んでいるから! 翻訳によって、また読んでいる私の気持ちによって... もっと読む

おばあちゃんのごめんねリスト

117
3.64

感想・レビュー

先日読んで気に入った『ブリット=マリーはここにいた』のフレドリック バックマンの作品です。 訳者曰く“生意気なクソガキ”のエルサ。ハリー・ポッター好... もっと読む

ブラウン神父の知恵 (ちくま文庫)

71
3.42
G.K.チェスタトン 2016年1月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

チェスタトンのブラウン神父はたまに読みたくなる。科学的、論理的な推理でみごとに解決するのではなく、むしろそういった手法に対する不信感があからさまに表明され... もっと読む

骨の刻印 (ヴィレッジブックス F ヘ 5-2)

64
3.55

感想・レビュー

痛々しい場面の連続でちょっと疲れたかな。 もっと読む

ハティの最期の舞台 (ハヤカワ・ミステリ文庫)

56
3.56

感想・レビュー

ミステリとしての「真相」は意外なものではないし、特に目新しさがあるわけでもないけれど、しみじみとした余韻が心に残った。そうだよねえ、若いってことは未熟で愚... もっと読む

骨と翅 (ヴィレッジブックス)

43
3.58

感想・レビュー

舞台がアメリカに移っても不憫な身の上の主人公。前作では満身創痍、本作では自信喪失に苛まれ、孤独に身をやつす姿が痛々しい。 前作よりもグロテスクな描写に拍車... もっと読む

侯爵の憂鬱な結婚 (RHブックス・プラス)

36
3.46

感想・レビュー

公爵の息子 × 女教師 結婚せざるを得ない2人の、一歩進んで二歩下がる状態の関係から惹かれあっていく過程がよく分かる。ロマンス読んでると、え?いつの間に?... もっと読む

花嫁になるための4つの恋物語 (ラズベリーブックス)

31
3.25
リサ・クレイパス 2015年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

後から知って購入。 目的はクレイパスとウッディウィス。 クレイパスの話は、ヒロインの思いこみにうーんとなったかな。 ウッディウィスのは短いと思ったけれど... もっと読む

100万ドルの魔法使い (ラズベリーブックス)

29
3.22

感想・レビュー

タイトルどおり、魔法使いもの。設定に無理あり もっと読む

クリスマスに天使が降りて (RHブックス・プラス)

22
3.33

感想・レビュー

愛は人を破滅させる、自分が誰かを愛することなどありえない。 そう考えているチャリントン伯爵リアンダーは「愛のない結婚」を求めていた―しかもすぐにでも結婚... もっと読む

仮面の町 (ハーパーBOOKS)

21
3.20
ジョン・バーレー 2015年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

身近にいるソシオパス。 地味に効いてくる鬱展開。 もっと読む

ふるえる砂漠の夜に (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション ジ 3-28 )

21
3.11

感想・レビュー

〈セディカーン・シリーズ 2〉ヒロインの過去は痛々しい。どちらも傷を抱えているがヒロインの心は過去に打ち勝って強くなっているのでホッとした。 もっと読む

誘惑のトレモロ (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

20
3.30

感想・レビュー

スイスのジュネーブでミュージカルの舞台に立つ、天使の歌声を持つデイジー。 若き天才作曲家ジェイソンの新作ブロードウェイミュージカルのヒロインにと切望され... もっと読む

悲しみは蜜にとけて (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)

18
3.50

感想・レビュー

セディカーンシリーズ 、歌手のリーサ・ランドン37歳の元夫を追う為に接触してきた、クランシー・ドナヒュー。出会ったとたんに熱烈な大人の求愛!『燃えるサファ... もっと読む

秘匿患者 (ハーパーBOOKS)

18
2.75
ジョン・バーレー 2016年6月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に覆して全てすっきり繋がった。よかったよかった。 もっと読む

アイス・ストーム (新潮文庫)

14
3.17

感想・レビュー

 何故かアメコミ小説だった。1973年当時のファンタスティック・フォーの割と詳細な解説とFantastic Four (Vol.1) #140-141 の... もっと読む
全22アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする