坂本治也のおすすめランキング

プロフィール

関西大学法学部教授,日本寄付財団寄付研究センター長。大阪大学大学院法学研究科博士後期課程単位修得退学。博士(法学)。専門は政治過程論,市民社会論。主な著書に『ソーシャル・キャピタルと活動する市民――新時代日本の市民政治』(有斐閣,2010年),『市民社会論――理論と実証の最前線』(編著,法律文化社,2017年),『現代日本の市民社会――サードセクター調査による実証分析』(共編著,法律文化社,2019年)など。

「2023年 『日本の寄付を科学する』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂本治也のおすすめランキングのアイテム一覧

坂本治也のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本の寄付を科学する――利他のアカデミア入門』や『市民社会論: 理論と実証の最前線』や『ポリティカル・サイエンス入門』など坂本治也の全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

日本の寄付を科学する――利他のアカデミア入門

85
3.11
坂本治也 2023年12月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

OPACはコチラ!▼ https://opac.eiyo.ac.jp/detail?bbid=2000068233 もっと読む

市民社会論: 理論と実証の最前線

46
4.50
坂本治也 2017年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【書誌情報】 書名 市民社会論 副題 理論と実証の最前線 編者 坂本治也 判型 A5判 頁数 352頁 発行年月 2017年2月 定価 本体... もっと読む

ポリティカル・サイエンス入門

40
3.75
坂本治也 2020年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

政治家や政党、メディアの役割などなんとなく知っているつもりだったことが、わかりやすくまとめられている。個人的には、戦後から現在に至るまでの政界におけるパワ... もっと読む

ソーシャル・キャピタルと活動する市民 -新時代日本の市民政治

30
4.67
坂本治也 2010年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめに 第1章 ソーシャル・キャピタル論の展開とその背景 第2章 ソーシャル・キャピタルをめぐる実証分析の課題 第3章 日本の地方政府の統治パフォ... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×