坂東眞砂子のおすすめランキング

プロフィール

高知県生まれ。奈良女子大学卒業後、イタリアで建築と美術を学ぶ。ライター、童話作家を経て、1996年『桜雨』で島清恋愛文学賞、同年『山妣』で直木賞、2002年『曼荼羅道』で柴田連三郎賞を受賞。著書に『死国』『狗神』『蟲』『桃色浄土』『傀儡』『ブギウギ』など多数。

「2013年 『ブギウギ 敗戦後』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂東眞砂子のおすすめランキングのアイテム一覧

坂東眞砂子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『短編復活 (集英社文庫)』や『死国 (角川文庫)』や『狗神 (角川文庫)』など坂東眞砂子の全192作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

短編復活 (集英社文庫)

1327
3.09
赤川次郎 2002年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編アンソロジーは、読みやすいし飽きがこなくて面白いんだなって気づきました。 知らない作家さんを知るきっかけにもなるし、知っている作家さんの思わぬ面の発... もっと読む

死国 (角川文庫)

1041
3.29
坂東眞砂子 1996年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こっち系のホラーはあまり怖くない。そうなっちゃうのか!はっきりしとけよこの面食いがぁ!って結局色濃く残るのがそこ。 もっと読む

狗神 (角川文庫)

812
3.49
坂東眞砂子 1996年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田舎の閉鎖的な、しかし美しい自然の情景が浮かんでくる。救われない話だけど自分的には好み。 もっと読む

恐怖 角川ホラー文庫ベストセレクション

376
3.24
宇佐美まこと 2021年9月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜこの本を予約したのかさっぱり思い出せません。ともかく読んでしまう。 1993年角川ホラー文庫創設。そこから30年あまりの作品の中から精選収録のアンソロ... もっと読む

午前零時―P.S.昨日の私へ (新潮文庫)

360
2.95
鈴木光司 2009年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一日の終わりであり、一日の始まりである午前零時という時間。 「12時」と言うとなにか軽い感じがしないでもないが、「午前零時」と言われる と、と... もっと読む

蟲 (角川ホラー文庫)

340
2.92
坂東眞砂子 1994年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓貸出状況確認はこちら↓ https://opac2.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/TW00114899 もっと読む

蛇鏡 (文春文庫 は 18-1)

263
3.29
坂東眞砂子 1997年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年初めての一冊は、日本人でよかった~!と思える伝奇小説。坂東さんの狗神に衝撃を受けて、虜になってしまった。これも、日本的な湿った怪奇小説で、舞台が奈良の... もっと読む

午前零時

242
3.03
鈴木光司 2007年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

午前零時をテーマに様々な作家さんが書いた短編集。 さくっと空いた時間に読めるような短編で、がっつり読みたくないときにはいいかも。 もっと読む

くちぬい

228
3.25
坂東眞砂子 2011年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

田舎暮らしに対する憧れが打ち砕かれる本(笑) 後味は悪いが結構鬼気迫る もっと読む

朱鳥の陵

204
3.69
坂東眞砂子 2012年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

怖っ、怖っ、怖いーーーー((( ;゚Д゚))) もぅ、怖すぎるーーー!!!! でも、おもしろかったー笑 飛鳥・奈良時代好きな私としては、面白かった!! こ... もっと読む

山妣(やまはは)

203
3.72
坂東眞砂子 1996年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

15年ぶりの再読。 物語そのものが持つパワーに脱帽! もっと読む

影牢 現代ホラー小説傑作集 (角川ホラー文庫)

202
3.71
綾辻行人 2023年12月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

野性時代1993年5月号鈴木光司浮遊する水、1994年2月号綾辻行人バースデー・プレゼント、2017年9月号小池真理子山荘奇譚、小説新潮1994年8月号坂... もっと読む

屍の聲 集英社文庫

197
3.38
坂東眞砂子 1999年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々の坂東眞砂子さん。やはり好きな感じです。 田舎の因習と方言。 青く揺らめく情の焔。 人の心の奥底に沈んでいる、真っ暗で重たい闇。 本当は何を1番怖れな... もっと読む

桜雨 (集英社文庫)

196
3.43
坂東眞砂子 1998年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坂東眞砂子さん、読み応えがあります。「桜雨」、1995.10刊行、1999.6文庫。この作品は島清恋愛文学賞受賞作品です。一人の画家を巡る早夜と美紗江の数... もっと読む

短編伝説 愛を語れば (集英社文庫)

188
3.50
江國香織 2017年10月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

普段読むことがないジャンルなので、勢いで買ったのだけど大正解だった。藤堂志津子さん、坂東眞砂子さん、山本文緒さん、原田宗典さんのお話がよかったかなあ。いず... もっと読む

朱鳥の陵 (集英社文庫)

151
3.70
坂東眞砂子 2015年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★5なんて足りない。個人的に10以上付けたいくらい大好きです。 讃良の強烈な怖さに脱帽です。 ただ、この時代に全然興味がない人は(ある人でも難しい)、個人... もっと読む

桃色浄土 (新潮文庫 は 26-1)

149
3.67
坂東眞砂子 1997年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大正時代中期の土佐、車の走れる道もない隔絶された漁村で起こる惨劇と人間模様が描かれる。 貧苦から抜け出そうともがく若者たちの狂気。彼らとは違う境遇の裕福... もっと読む

13のエロチカ (角川文庫 は 17-7)

131
3.08
坂東眞砂子 2003年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2016年、7冊目は、単独作は約20年ぶり、『死国』以来であろう、坂東眞砂子。その官能短編集、全13編。 今回、それぞれのあらすじは省略いたします。... もっと読む

くちぬい (集英社文庫)

126
3.42
坂東眞砂子 2014年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

震災後、放射能汚染を気にする麻由子は、夫の峻亮の強い希望でもあった高知の田舎へ、移住することを決めた。 美術教師であった峻亮は、長年の夢であった穴窯を作り... もっと読む
全192アイテム中 1 - 20件を表示

坂東眞砂子に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×