坂田靖子のおすすめランキング

プロフィール

漫画家。1975年デビュー。ショートSFやファンタジーを得意とする作風で根強い人気を誇る。代表作に「バジル氏の優雅な生活」シリーズ、「アジア変幻記」シリーズ、近作「ベルデアボリカ」など多数。

「2016年 『坂田靖子 ふしぎの国のマンガ描き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坂田靖子のおすすめランキングのアイテム一覧

坂田靖子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『バジル氏の優雅な生活 (第1巻) (白泉社文庫)』や『マーガレットとご主人の底抜け珍道中 (旅情篇) (ハヤカワ文庫 JA (581))』や『マーガレットとご主人の底抜け珍道中 (望郷篇) (ハヤカワ文庫 JA (584))』など坂田靖子の全362作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

バジル氏の優雅な生活 (第1巻) (白泉社文庫)

202
4.09
坂田靖子 マンガ 1996年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オールタイムベストコミック。 中学の時、友達から借り、少女マンガらしからぬシンプルな絵柄と洒脱な物語に惹かれる。 ちょうどその頃、東大の教育実習生が来... もっと読む

マーガレットとご主人の底抜け珍道中 (旅情篇) (ハヤカワ文庫 JA (581))

111
3.86
坂田靖子 マンガ 1997年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本のほのぼのさを皆が当たり前に味わえる世の中になって欲しいなぁ。 もっと読む

マーガレットとご主人の底抜け珍道中 (望郷篇) (ハヤカワ文庫 JA (584))

109
4.04
坂田靖子 マンガ 1997年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この前 久々に古本屋に行って来ました ^^ なんか懐かしい本や、お宝本を発見できるのかとの期待でワクワクしますね♪ そこで見つけたのがこの本。昔大好きで読... もっと読む

ベル デアボリカ 1 (ASAHIコミックス) (あさひコミックス)

109
4.40
坂田靖子 マンガ 2010年6月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ギャグ一切ナシの本格ファンタジー、という驚きの新境地。美形魔法使いとちょい情けない城主の今後が気になる。 もっと読む

バジル氏の優雅な生活 (第5巻) (白泉社文庫)

85
4.07
坂田靖子 マンガ 1997年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2011/11/07 やっと出会えた5巻。最近品薄。 もっと読む

バジル氏の優雅な生活 (第3巻) (白泉社文庫)

82
3.88
坂田靖子 マンガ 1996年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

バジル氏のryシリーズ。 面白かった。しかし1巻が一番面白かった(ぁ もっと読む

堤中納言物語―マンガ日本の古典 (7) 中公文庫

82
3.39
坂田靖子 マンガ 1999年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『雨月物語』と同じときに『堤中納言物語』も借りてみた。河出で最近出てる池澤夏樹が編集しているシリーズで、川上さんや江國さんが書いている本にこの話があり、内... もっと読む

バジル氏の優雅な生活 (第2巻) (白泉社文庫)

81
3.92
坂田靖子 マンガ 1996年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こちら2巻になるとバジル氏に関わりの深い ビクトリア嬢が出てくるのですが この方はある種理想です… サバサバしていて頼りがいがあって… どの話... もっと読む

ベル デアボリカ2 (あさひコミックス)

80
4.54
坂田靖子 マンガ 2011年3月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

王と気ままな魔法使い。彼は限りなく自由だけど、それを自分が受け入れられなくなったら死ぬだろう。その意味深なこと。 もっと読む

月と博士 (白泉社文庫)

73
3.67
坂田靖子 マンガ 1999年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

月光の毒に静かに冒されたのか、 月の満ち欠けに見入り、魅入られてしまった博士の話「月と博士」を初めとする 玄妙にして不条理でファンタジックな掌編マンガ... もっと読む

時間を我等に (ハヤカワ文庫 JA (506))

72
3.82
坂田靖子 マンガ 1995年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「玉手箱」 「許可なく開けるべからず―竜宮城」 もっと読む

サカタ食堂 坂田靖子よりぬき作品集 (ピュアフルコミック)

69
3.75
坂田靖子 マンガ 2010年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作品集ということで、既読作品がほとんど。村野とか大好きだからいいけどね。 もっと読む

フレドリック・ブラウンは二度死ぬ (講談社漫画文庫)

68
3.45
坂田靖子 マンガ 2002年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブラウンの短編を三人のマンガ家がコミカライズしたもの。 カフェボッサで他の人の本棚覗いているうちに存在を知る。 ブラウン評価のぶれってのは、今後もしば... もっと読む

闇夜の本 (1) (ハヤカワ文庫 JA (529))

66
3.53
坂田靖子 マンガ 1995年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んだあとで優しい気持ちになれるファンタジックな短編集です。 もっと読む

村野 (白泉社文庫)

66
3.25
坂田靖子 マンガ 1998年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坂田ファンだが、バジル氏を除けばこれが一番好き。 もっと読む

Comic M 早川書房創立70周年記念コミックアンソロジー〔ミステリ篇〕

66
2.69
高橋葉介 2016年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"「なるほど 先生も君くらいの頃はイマジナリーフレンドがいてね 見えなくなった時はやっぱりさみしかった」 「そういうんじゃありません…」"[p.157_と... もっと読む

パエトーン (ハヤカワ文庫 JA (567))

65
3.35
坂田靖子 マンガ 1996年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

潮出版社  2011.06現在Webにて特別公開中(無料) もっと読む

星食い (ハヤカワ文庫 JA (523))

64
3.71
坂田靖子 1995年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文庫版コミックです。 手元においておきたい、坂田ワールド。まさしく掌にある世界といった感じの、独特なストーリーは童話性が強く、子供と一緒に絵本として読め... もっと読む

闇夜の本 (3) (ハヤカワ文庫 JA (537))

63
3.57
坂田靖子 マンガ 1995年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1,2が西洋なら3は日本が舞台。前の2巻より物足りないのは日本人には日本が生々しいからなのか?普通に昔話を読んでる気分になってしまうからか? もっと読む
全362アイテム中 1 - 20件を表示

坂田靖子に関連する談話室の質問

ツイートする