坪内稔典のおすすめランキング

プロフィール

1944年愛媛県の佐田岬半島生まれ。
大阪在住。俳人。京都教育大学名誉教授。
「船団の会」代表(2020年6月解散予定)。
日本近代文学、特に正岡子規に関する研究者。

著書に『ヒマ道楽』『ねんてん先生の文学のある日々』『坪内稔典百句』ほか。

「2020年 『早寝早起き』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坪内稔典のおすすめランキングのアイテム一覧

坪内稔典のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『正岡子規 言葉と生きる (岩波新書)』や『季語集 (岩波新書)』や『俳人漱石 (岩波新書)』など坪内稔典の全128作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

正岡子規 言葉と生きる (岩波新書)

88
3.84
坪内稔典 2010年12月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

さすが稔典先生、子規への敬愛ぶりが伺えます。子規の言葉とともに、子規の歩いてきた道をたどるのですが、最後は分かっているのだけれどやはりちと悲しい。子規の晩... もっと読む

季語集 (岩波新書)

68
3.33
坪内稔典 2006年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【つぶやきブックレビュー】今日は冬至。美しい日本語で季節を感じて。 もっと読む

俳人漱石 (岩波新書)

56
3.31
坪内稔典 2003年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現代俳句の代表作家の一人である著者が、漱石の俳句をフィクションながら、漱石、子規、著者の鼎談方式で鑑賞する(野心的な?)取り組みである。 小説家漱石... もっと読む

カバに会う―日本全国河馬めぐり

47
3.72
坪内稔典 2008年11月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もちろん、会ったカバのことも描かれてるんやけど それよかカバを取り巻く『句』の紹介本って感じ。 正直、カバほど俳句や歌に興味もないんで肩すかし感は否め... もっと読む

正岡子規の〈楽しむ力〉 (生活人新書)

31
3.64
坪内稔典 2009年11月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【いちぶん】 ともあれ、子規を読んだり、子規のことを考えると、おのずと自分が生き生きとする。その理由のようなものをこの本に書いた。子規の楽しむ力(楽力)、... もっと読む

子規のココア・漱石のカステラ (NHKライブラリー)

27
3.43

感想・レビュー

玉子色の表紙にアンパンが描いてあって美味しそうだから手にとってしまった。 もっと読む

俳句のユーモア (岩波現代文庫)

26
3.80
坪内稔典 2010年10月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かきくけこくはではいかでたちつてと (松永貞徳) 俳句の先生(貞徳)が席を立とうとしたら、主人が「先生、これ(見事な柿)で一句作らないと帰しませんぞ」と... もっと読む

モーロクのすすめ――10の指南

26
3.78
坪内稔典 2015年11月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他人から言われると むっとするけれども 自分から宣言することはやぶさかではない そんな言葉の一つが モーロクである 稔典さんの飄々とした文章がとても心... もっと読む

新書799四季の名言 (平凡社新書)

26
4.00
坪内稔典 2015年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真面目な名言集かと思いきや、選者が独特でした。 著者紹介欄に「たんぽぽのぽぽのあたりが火事ですよ」「三月の甘納豆のうふふふふ」が代表句と書いてある歌人で... もっと読む

ヒマ道楽

23
3.29
坪内稔典 2016年12月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

つい 手に取ってしまうのです ネンテンさんのエッセイ集 つい 読みふけってしまうのです そこかしこに ちりばめられた才気煥発 つい ぷっ と吹き出... もっと読む

ねんてん先生の文学のある日々

20
4.00
坪内稔典 2017年4月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しみじみと楽しかったです。わくわくしなくちゃ! もっと読む

子規のココア・漱石のカステラ

16
3.67

感想・レビュー

タイトルはよく目にする気がしてたけど、うちの図書館にはなかった。取り寄せに便乗して読了。 もっと読む

俳句的人間・短歌的人間

15
3.83
坪内稔典 2000年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「俳句的人間 短歌的人間」(坪内稔典)を読んだ。ネンテンさんの文章をまとめて読むのは初めてだな。 こういう本は、引いてある作品をを何回も読み直すので時間... もっと読む

柿喰ふ子規の俳句作法

15
3.67
坪内稔典 2005年9月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

突然の子規ブームを発散すべく手に取った本。捻典さんの子規愛伝わった。子規哲学もカッコヨクテよかた。さくっとした俳句が多いのになんか切なくなる。 もっと読む

柿日和――喰う、詠む、登る

14
3.50
坪内稔典 2012年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

柿は私にとってのキング・オブ・フルーツ。 日本人のソウルフルーツだと思います。 もっと読む

俳句いまむかし

14
4.00
坪内稔典 2020年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同じ季語を使った“いま”と“むかし”の句をとりあげて寸評する、2010年5月の開始から十年つづく毎日新聞の連載「季語刻々」 膨大な記事から400回分... もっと読む

坪内稔典の俳句の授業

10
3.00
坪内稔典 2010年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

俳句全然馴染みがなかったけど、読んでて面白い部分がちらほら。 句会やろうと思います。 俳句は言葉の風景画。断片の美。何気ないものの価値を無意識に認める ... もっと読む

屋根の上のことばたち──ねんてん先生の文学のある日々 弐

9
4.50
坪内稔典 2020年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

坪内稔典はユニークな俳人。  三月の甘納豆のうふふふふ  水中の河馬が燃えます牡丹雪 なんて俳句を見ると驚くよね。なかなかさばけた人柄のようだ。その... もっと読む

松尾芭蕉: 俳句の世界をひらく (伝記を読もう)

8
坪内稔典 2018年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

金作→桃青→芭蕉…と、名前を変えていった。 庚申の日に生まれた子どもは、「金」の字をつける習わしが昔はあったらしい。金ちゃんは、才能豊かな子どもが、多いん... もっと読む
全128アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×