城山三郎のおすすめランキング

プロフィール

1927年、名古屋市生まれ。海軍特別幹部練習生として終戦を迎える。57年『輸出』で文學界新人賞、59年『総会屋錦城』で直木賞を受賞。日本における経済小説の先駆者といわれる。『落日燃ゆ』『官僚たちの夏』『小説日本銀行』など著書多数。2007年永眠。

「2021年 『辛酸 田中正造と足尾鉱毒事件 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城山三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

城山三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫』や『落日燃ゆ (新潮文庫)』や『官僚たちの夏 (新潮文庫)』など城山三郎の全568作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ビジネスマンの父より息子への30通の手紙 新潮文庫

3437
3.77

感想・レビュー

国籍やバックグラウンドは違えど、ビジネスマンとして、また人生におけいてのKey pointは共通している事を再確認。何となく自分が感じていた事をカテゴリー... もっと読む

落日燃ゆ (新潮文庫)

2636
4.07
城山三郎 1986年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

R1.6.5 読了。  明治、大正、昭和と外交官から外務大臣、首相にまでなられた広田弘毅氏の生涯を描いた作品。協和外交で戦争を回避しよう苦慮し、当時... もっと読む

官僚たちの夏 (新潮文庫)

2585
3.62
城山三郎 1980年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品は、通産省の人事を巡る人間関係を描いています。主人公の風越は官僚的であり、ある面では、非官僚的です。誰に対しても歯に衣着せぬ物言いは魅力的だ。「男... もっと読む

そうか、もう君はいないのか (新潮文庫)

1563
4.05
城山三郎 2010年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夫婦仲、家族仲がよいとそれだけで幸せなんだなぁと思った。 城山さんの『落日燃ゆ』を何年も前に読んだことがあるが、 こんな風に青春があって、容子さんと出会... もっと読む

石田禮助の生涯 「粗にして野だが卑ではない」 (文春文庫)

1307
3.72
城山三郎 1992年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「昭和の日』に、昭和の傑物の伝記を読み終えた。 日米開戦前の三井物産社長、国鉄第五代総裁、石田禮助の生涯。 戦前、物産ニューヨーク支店長時代、大西洋(太平... もっと読む

男子の本懐 (新潮文庫)

1128
3.97
城山三郎 1983年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦後日本における金解禁のドラマを描いた小説。中心となる人物は2人。浜口雄幸と井上準之助。彼らは性格こそ正反対だったものの、魂から通じ合い、戦後の日本経済に... もっと読む

雄気堂々(上) (新潮文庫)

1036
3.97
城山三郎 1976年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2024年!新一万円札の顔になる渋沢栄一! 500以上の会社設立に関わった、近代日本経済に多大な影響を与えた人です。 劇的な人生で、只々「めちゃくちゃすご... もっと読む

そうか、もう君はいないのか

951
3.74
城山三郎 2008年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

講演会、壇上で緊張した城山氏の目に飛び込んできたのは、二階席最前列に座った妻 容子さんの姿。 目と目が合った瞬間、「シェー!」のポーズを取る容子さん。 ... もっと読む

雄気堂々 (下) (新潮文庫)

849
3.89
城山三郎 1976年5月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

渋沢栄一は、めちゃくちゃすごい人です! ぜひぜひ読んでみてください もっと読む

指揮官たちの特攻: 幸福は花びらのごとく (新潮文庫)

807
3.62
城山三郎 2004年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城山三郎は一昔前の経済小説で有名だが、代表作「落日燃ゆ」のように戦後にスポットを当てる作品もある。それは、終戦当時17歳の彼も海軍の特攻部隊に身を置いてい... もっと読む

毎日が日曜日 (新潮文庫)

670
3.62
城山三郎 1979年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

●海外駐在を経験した二人(沖と笹上)、閑職で時間をもて余す沖、仕事一途の人間で趣味のない笹上。二人が左遷と定年という形で戦線離脱する。ビジネスマンにとって... もっと読む

少しだけ、無理をして生きる (新潮文庫)

562
4.04
城山三郎 2012年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書のタイトルは「少しだけ、無理をして生きる」。少しだけ、気になるタイトルだ。筆者のことを全く知らないこともあり、興味を持って手にとってみた。 内容は、... もっと読む

打たれ強く生きる (新潮文庫)

541
3.63
城山三郎 1989年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「人生の持つ時間は限られている。その中で、時間を忘れるほどの陶酔をどれだけ多く持ったかで、人生の価値は決まる。」 「随処に主となる。電車で体を移動さ... もっと読む

石坂泰三の世界 もう、きみには頼まない (文春文庫)

503
3.80
城山三郎 1998年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

勧められて読んでみた。 掴みどころのない石坂氏の生き様が物語となっていた。最後まで掴めなかったが、妻や息子を想う気持ちに心動かされた。 それがしかの1日の... もっと読む

総会屋錦城 (新潮文庫)

442
3.49
城山三郎 1963年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本にはいくつかの作品が収められているが、「総会屋錦城」だけを読んだ。 城山三郎の作品は数点読んでいるが、ブクログの本棚にかぎると2冊目になる。 ... もっと読む

硫黄島に死す (新潮文庫)

380
3.43
城山三郎 1984年7月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本は、「硫黄島に死す」など7編が収められているが、読んだのは、「硫黄島に死す」だけ この作品が書かれた時期は意外と古く、昭和38年になる。 著者は昭和... もっと読む

わしの眼は十年先が見える: 大原孫三郎の生涯 (新潮文庫)

324
3.66
城山三郎 1997年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

倉敷というまち、大原という傑人の底知れなさをすこしでも測りたかった。時代はいつだっていたずらだ。明治末期から、昭和初期の熱い風。 もっと読む

無所属の時間で生きる (新潮文庫)

320
3.54
城山三郎 2008年3月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

20頁に、永井龍男さんのことが書かれている。 一行の表現をどうするかで、一日中、机に向かっていたことも、あるようだ。 それ故に、氏の文体はみがき上げら... もっと読む

価格破壊 (角川文庫)

316
3.64
城山三郎 1975年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

流通の仕組みと闇、価格の裏側を解りやすく描きながらも、説明調に終始しない確かな筆力。 また主人公の戦争体験についての描写も強烈に鮮明で、彼の切迫感がひし... もっと読む

秀吉と武吉―目を上げれば海 (新潮文庫)

289
3.44
城山三郎 1990年12月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦国の海賊、村上武吉を主人公とした一代記。武吉が毛利とともに飛躍したのも束の間、豊臣秀吉が天下を獲るにおよび、徐々に落ちぶれていく様を描く。表題の設定から... もっと読む
全568アイテム中 1 - 20件を表示

城山三郎に関連する談話室の質問

ツイートする
×