城山三郎のおすすめランキング

城山三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

城山三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『忘れ得ぬ翼 (角川文庫)』や『よみがえる力は、どこに (新潮文庫)』や『イースト・リバーの蟹 (新潮文庫)』など城山三郎の全523作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

忘れ得ぬ翼 (角川文庫)

46
3.29
城山三郎 2001年7月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

300万人もの人が無くなった戦争ではあるが、生き残った人もまた多数いる。その生死を分かつものは体力でも気力でもなく、単に偶然と呼ぶしかないような成り行きで... もっと読む

よみがえる力は、どこに (新潮文庫)

46
3.80
城山三郎 2017年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城山三郎は、没後10年を経過したが、彼の著書はいまだに読み継がれ、新たに出版もされている。 本作は、講演を基にした表題作と、亡き妻への遺稿、それに作家吉... もっと読む

イースト・リバーの蟹 (新潮文庫)

45
3.30
城山三郎 2001年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

時代設定は昭和40年代と古いが海外駐在員のフィクション短編集。「真昼のワンマン・オフィス」と同系の小説。海外駐在員=エリートではなく、登場人物はどこかしら... もっと読む

黄金峡 (講談社文庫)

44
4.12
城山三郎 2010年3月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ダム事業にあたっての用地買収の様子、賛否や補償をめぐる住民とのやり取り等、それがもたらす地域へのインパクトが。生々しく描かれている。その姿は、ひとつのモノ... もっと読む

この命、何をあくせく (講談社文庫)

38
3.33
城山三郎 2005年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城山三郎の作品は、好きだった。 久しぶりに城山三郎の読んでみた。 晩年という雰囲気が漂うなかで、どう生きるのか? を 淡々と 書いているのが実にいい... もっと読む

人生の流儀 (新潮文庫)

37
3.63
城山三郎 1992年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作者の考える人生観、とりわけ仕事の意義や理想のリーダー像についてこれまでの作品から引用して纏めている。 もっと読む

無所属の時間で生きる (朝日文庫)

35
3.25
城山三郎 2002年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初エッセイであることに気付かず、前後が合わなくてオロオロしたりした。 理系脳には読みづらく、いまいちオチがよくわからないものが多かった。 しかし、読み... もっと読む

創意に生きる―中京財界史 (文春文庫)

35
3.50
城山三郎 1994年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が城山三郎ではないと文庫にならなかつた題材だらう 興味深くそして面白かつた もっと読む

本当に生きた日

34
2.59
城山三郎 2007年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

型に嵌めた人物描写がつまらな。 もっと読む

仕事と人生 (角川文庫)

34
3.60
城山三郎 2010年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

没後に出されたエッセー&対談集及び近しい方からの追悼文集.とても誠実な仕事をしてきたことがよくわかる.やはり大事なのは誠実さだな. もっと読む

よみがえる力は、どこに

34
3.20
城山三郎 2012年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で借りて読みました。 土光敏夫さんのことが書かれているということで、調べて見つけました。 土光敏夫さんのことは、ほんの少ししか書かれていませんでした... もっと読む

男たちの好日 (新潮文庫)

33
3.45
城山三郎 1988年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

残酷なまでに一人の男に失敗と苦心をひたすら課す。 「われ日本の柱とならん」とする男と、「遊楽こそ生きること」とする男、「銭儲けが全てだ」という男、三者三... もっと読む

対談 サラリーマンの一生―管理社会を生き通す (角川文庫)

33
3.17
城山三郎 1986年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

印象に残ったのは、以下の文章。 1)「病気」と「浪人」と「投獄」と「左遷」  ・一流人で思いやりのある人物、人間性の豊かな人物    → この4つの全... もっと読む

人生の流儀―ビジネスマンに贈る珠玉の言葉 (PHP文庫)

33
3.22
城山三郎 2010年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城山三郎さんの作品の一部を抜粋した、インデックス集です。 あ、こんな記述があったな、と思い出したり、へぇ、こんな記述があるんだ、前後を読んでみたいな... もっと読む

いつもそばに本が

33
3.29
田辺聖子 2011年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

73人の文士や俳優、劇作家などの、本との交わりを垣間見られる。 知った名が多かったので、まずはその方々から拾い読みしたのだが、なぜだろう、結果として知ら... もっと読む

静かなタフネス10の人生 (文春文庫)

32
3.14
城山三郎 1990年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(2001.12.23読了)(2001.12.18購入) (「BOOK」データベースより) 三井物産、東京電力、三井不動産、日本興業銀行、ブリヂストン... もっと読む

ある倒産 (新潮文庫 し 7-5)

31
3.50
城山三郎 1976年8月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編ということもあり、かなり読みやすかった。 「経済小説」と括られているが、読んでいく内にサスペンスを読んでいるような感覚になった。 もっと読む

人生に二度読む本

30
3.83
城山三郎 2005年2月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

名作を読もうと気にさせてくれる本。 「ダロウェイ夫人」を読み始めました。 もっと読む

黄金の日日 (1978年)

30
3.62
城山三郎 1978年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かったです。詳しくは下記の動画に載せました。今回はブクログ書評は省略。 http://youtu.be/LY_Rz1aDv0g もっと読む
全523アイテム中 61 - 80件を表示

城山三郎に関連する談話室の質問

ツイートする