城山三郎のおすすめランキング

城山三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

城山三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『雄気堂々(上)』や『官僚たちの夏 (1980年) (新潮文庫)』や『賢人たちの世』など城山三郎の全536作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

雄気堂々(上)

15
3.83
城山三郎 電子書籍 1976年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了の数日後に、新一万円札に渋沢翁の報。 縁を感じるが、時代と産業体系が変化するタイミングに求められている人物像なのでしょうか。 上巻は一橋慶喜とその周... もっと読む

賢人たちの世

14
3.00
城山三郎 1990年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

33257 もっと読む

わしの眼は十年先が見える―大原孫三郎の生涯

14
3.00
城山三郎 1994年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求記号:289.1オ 資料番号:010134476 大原孫三郎の生涯 もっと読む

経営者の品格―今こそ問われるリーダーの人間力! (プレジデント・クラシックス)

14
2.33
城山三郎 2009年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知識人が上げる、品格と人間力のある経営者集。松下幸之助氏、本田宗一郎氏、土光氏などが共通として上がる。内容的には名経営者の逸話を語る物である。ある経営者に... もっと読む

当社別状なし (文春文庫)

14
3.33
城山三郎 1977年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

山陽特殊鋼がモデル。 もっと読む

イースト・リバーの蟹

14
2.67
城山三郎 1998年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビジネスマンの海外赴任などを題材にした小説を集めている。城山三郎にしてはいまいち盛り上がらなかった。 もっと読む

鼠―鈴木商店焼打ち事件

13
3.33
城山三郎 1988年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しい部分は読み飛ばしてしまいましたが、なかなか面白かったです。 もっと読む

「人間復興」の経済を目指して (朝日文庫)

13
3.50
城山三郎 2004年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

経済学者の内橋氏と、経済小説の先駆者である城山氏の対談。 「現代の経済において、人間は搾取の対象ですらなくなった。もはや人間は排除の対象である」と内橋氏... もっと読む

気張る男

13
3.40
城山三郎 2000年5月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治から昭和にかけて 陽は当たっていないが日本経済に多大な貢献をした人々の話。 少し前の銀行への公的資金投入に 似た事例が戦前にあったことは同... もっと読む

梅は匂い 人はこころ (講談社文庫)

13
3.33
城山三郎 1982年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

花王石鹸の社長を務めた、伊藤英三氏の話。父の本棚から拝借して読んだ。 若い技術者たちが、会社のため、お客様のために、よりよい製品を作ろうと試行錯誤する様... もっと読む

「人間復興」の経済を目指して

13
4.00
城山三郎 2002年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書が書かれたのは2002年ですので、世の中は新資本主義にひた走っていた時期でした。市場原理、自己責任、小さな政府のもとに進められた構造改革の結果、多くの... もっと読む

落日燃ゆ 城山三郎 昭和の戦争文学 第五巻 (城山三郎昭和の戦争文学)

13
4.57
城山三郎 2005年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近A級戦犯とかが新聞に取り上げられるので久しぶりに読み返したくなってまた買いました。初めて読んだのは高校1年生の時だったけど、行方不明になったので再度購... もっと読む

本田宗一郎との100時間―人間紀行

12
3.71
城山三郎 1984年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

やっぱり、本田さんはかっこいい。 怠け者の私は、本田さんの下では絶対働けないとは思うけれど。 昔のかっこいい日本人の最後の世代と、少しでも、同じ時代を... もっと読む

人間を読む旅

12
5.00
城山三郎 1999年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中島健蔵とか、丸田芳郎とか、本多総一郎・田中正造・金子直吉・大屋晋三・広田弘毅・松方幸次郎・石田豐助・石坂泰三・小林中・安岡正篤とか・・・凄い方々の話であ... もっと読む

彼も人の子 ナポレオン―統率者の内側

12
3.25
城山三郎 1996年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城山三郎が書いた小説の中では、 異質なものである。 時の人を時代の中から描いていくという 仕事を中心にしている。 これまでは、日本人が中心であった... もっと読む
全536アイテム中 141 - 160件を表示

城山三郎に関連する談話室の質問

ツイートする