城山三郎の人気ランキング

プロフィール

城山三郎(しろやま さぶろう)
1927年8月18日 - 2007年3月22日
愛知県名古屋市中区生まれ。大日本帝国海軍に志願して入隊し、特攻隊の部隊に配属されたが、訓練中に終戦となった。東京産業大学(一橋大学の前身)を卒業後に1963年までは大学講師を務めながら作家活動を続けていた。経済小説を一ジャンルに格上げした先駆者のひとり。伝記小説、歴史小説も多い。
1957年に『輸出』で第4回文學界新人賞、1959年『総会屋錦城』で第40回直木賞、同年『落日燃ゆ』で吉川英治文学賞と毎日出版文化賞、1996年『もう、きみには頼まない 石坂泰三の世界』で第44回菊池寛賞をそれぞれ受賞。2002年に朝日賞を授与される。
代表作としては上記作品に加え、二度テレビドラマ化された『官僚たちの夏』、妻との想い出を描いた遺稿のエッセイ『そうか、もう君はいないのか』、よくタイトルが人物評としても用いられる、『粗にして野だが卑ではない』が挙げられる。

城山三郎の人気ランキングのアイテム一覧

城山三郎の人気が高い作品のランキングです。ブクログユーザの評価が高い順で並んでいます。
『人間を読む旅』や『東急の挑戦―五島慶太から昇へ (ビジネスコミック・チャレンジ21)』や『生命なき街 (新潮文庫 し 7-6)』など城山三郎の全523作品から、ブクログユーザの間で人気の作品がチェックできます。

人間を読む旅

11
5.00
城山三郎 1999年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

対談録。「発信性能」、「受信性能」(by 城山、共に p.188)、「受信機能」(by 佐高。p.198)なんて用語が活眼。たまには大喧嘩する対談があれば... もっと読む

生命なき街 (新潮文庫 し 7-6)

8
5.00
城山三郎 1977年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高度成長期の若手の企業人たちの苦悩が描かれた物語を集めた短編集。 自分の思い通りにコントロールできない物事は沢山ある。ただ、それが自分の生命線や生き... もっと読む

辛酸―田中正造と足尾鉱毒事件 (中公文庫 A 74)

7
5.00
城山三郎 1976年1月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

当時は官憲の力が非常に強かった時代である。正造は参議員だったのだからそのまま国会議員として戦う方が有利に事を運べたのでは無いだろうか。 ボトムアップで当... もっと読む

怒りの標的 (1978年) (文春文庫)

2
5.00
城山三郎 1978年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一読した際、普段の城山氏の作風と違うかと感じたが、いずれも考えさせられる良作。昭和30年代の雰囲気もよく伝わる。 もっと読む

臨3311に乗れ (1980年) (集英社文庫)

1
5.00
城山三郎 1980年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

熱い昭和気質を感じた。立ち上げ当初の混乱と熱い仕事観は、現代には無い感覚。懐かし熱い思いを思い出させてくれました。 もっと読む

落日燃ゆ 城山三郎 昭和の戦争文学 第五巻 (城山三郎昭和の戦争文学)

13
4.57
城山三郎 2005年10月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近A級戦犯とかが新聞に取り上げられるので久しぶりに読み返したくなってまた買いました。初めて読んだのは高校1年生の時だったけど、行方不明になったので再度購... もっと読む

甘い餌 (文春文庫 139-7)

12
4.50
城山三郎 1978年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

城山氏の短編をまとめた作品。テンポ良くストーリー展開され、昭和30、40年代で且つ自分の知らない経済の世界を垣間見られ興味深く読み進めることが出来た。 もっと読む

打たれ強く生きる

5
4.50
城山三郎 電子書籍 1989年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 城山三郎氏が日経新聞で連載していたエッセイをまとめた本です。表題の「打たれ強く生きる」から、困難に立ち向かうための少し派手なエピソードがまとめられている... もっと読む
全523アイテム中 1 - 20件を表示

城山三郎に関連する談話室の質問

ツイートする