埴谷雄高のおすすめランキング

埴谷雄高のおすすめランキングのアイテム一覧

埴谷雄高のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死霊(1) (講談社文芸文庫)』や『死霊(2) (講談社文芸文庫)』や『死霊(3) (講談社文芸文庫)』など埴谷雄高の全245作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死霊(1) (講談社文芸文庫)

654
3.52
埴谷雄高 2003年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜこの作品が日本文学史上で重要だとみなされたのか、むしろ当時の文壇の状況に関心が向いてしまう。 各登場人物にそれぞれの思想を語らせているが、結局は一人... もっと読む

死霊(2) (講談社文芸文庫)

311
3.52
埴谷雄高 2003年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

埴谷雄高 「 死霊 II 」形而上学的な思想小説。4章〜6章。特に 5章「夢魔の世界」が凄い。 静寂、霧、影、闇の演出、ランプシェードの明かりの対比が... もっと読む

死霊(3) (講談社文芸文庫)

303
3.55
埴谷雄高 2003年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

埴谷雄高 「 死霊 Ⅲ 」 最終巻でも 著者の思想体系は掴めなかった。ドストエフスキー的な面白さを感じるのは 1章から5章まで。7章以降は苦痛だった。... もっと読む

日本幻想文学大全II 幻視の系譜 (ちくま文庫)

148
3.84
東雅夫 2013年10月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「幻妖」よりも古典からの引用が格段に少なかったので、その点が物足りなかった。しかしボリュームもあり質の高さはやはり素晴らしいです。個人的に吉村昭「少女架刑... もっと読む

不合理ゆえに吾信ず

109
3.93

感想・レビュー

【由来】 ・ 【期待したもの】 ・ ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習... もっと読む

太宰よ! 45人の追悼文集: さよならの言葉にかえて (河出文庫)

84
3.57
青山光二 2018年6月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年の桜桃忌はさくらんぼを片手に遥々三鷹までお墓参りに訪れようと考えていたのですが、昨今の情勢を考慮してお墓参りは一旦延期し、昨年蔦屋書店で購入した本書を... もっと読む

死霊 (1976年)

82
3.50
埴谷雄高 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんなに有名でありながらわかりづらい小説をほかに知らない。どの章でも偏執的な人物たちが現実ではあり得ない熱さで議論を繰り広げるが、論理が追えないので集中力... もっと読む

酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

80
4.00
丸谷才一 2012年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)のエッセイ集です。 もっと読む

死霊(1)

74
3.60
埴谷雄高 1981年9月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昔読んだ本 もっと読む

難解人間vs躁鬱人間 (中公文庫)

58
3.15

感想・レビュー

北杜夫 埴谷雄高 対談。 北杜夫氏に 躁の症状は随所に感じる。興奮しながら 喋り続ける 北杜夫 と 医師が患者に接するように肯定しながら受け流す 埴谷雄... もっと読む

闇のなかの黒い馬

53
3.75

感想・レビュー

内容は埴谷雄高の夢と暗黒(その他諸々)についての随想。 正直内容意味わかんないしたぶんわかることはないだろうし埴谷雄高の変人さがわかった1冊だった。 ... もっと読む

死靈 1945~95 ハニヤユタカゼンシュウ03シレイ

50
4.00
埴谷雄高 1998年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは小説でいいのだろうか。。いいんでしょうか。。 全集ものを職場の昼休憩で読もうとしたのが間違いですよね。読み終わるまでどれくらいかかったか。。。... もっと読む

散歩者の夢想 (ランティエ叢書 (11))

46
3.58

感想・レビュー

エッセイ集。これがなかなか面白い。 旅エッセイみたいのもついていて、普段全く読まないんだけれども、作者の語り口とかに惹かれ、楽しく読むことができた。 ... もっと読む

ほろ酔い天国 (ごきげん文藝)

46
2.92
坂口安吾 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

41人の有名作家による、酒にまつわるエッセイ集。太宰治、坂口安吾などかなり昔の人達のものも多い。 粋に酒を飲む、というよりも強くない酒に酔いつぶれたり、... もっと読む

ドストエフスキイ その生涯と作品 (NHKブックス)

45
3.87
埴谷雄高 1965年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

埴谷雄高 ドストエフスキー の生涯と作品についての講演録。平易な言葉と構成でうまくまとまっている 著者のドストエフスキー像は、死刑宣告、恋愛四角関... もっと読む

我が心は石にあらず―高橋和巳コレクション〈8〉 (河出文庫)

42
3.69

感想・レビュー

生々しい人間の生を描きながら、弱きを助く組合活動を描く。自戒のできない人間が、弱者の集合体である組合をリードできるのか。その建て前と表裏する弱さが小説の醸... もっと読む

無限の相のもとに

41
3.80
埴谷雄高 1997年12月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに本棚から引っ張り出して読む。 もっと読む

生命・宇宙・人類

41
3.71

感想・レビュー

立花隆によるインタビュー、中村真一郎、鶴見俊輔、小川国夫、加賀乙彦、島田雅彦から埴谷雄高への手紙(形式の文章)などなど。自宅で撮影された写真が多く掲載され... もっと読む

虚空

40
3.50
埴谷雄高 1960年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

たまたまサルトルの後に読んだわけだけれど、その思想の類似性にビックリした。解説で吉本隆明もサルトルを引き合いに出しているので妥当な感想なのだろう。埴谷さん... もっと読む
全245アイテム中 1 - 20件を表示

埴谷雄高に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×