堀川アサコのおすすめランキング

プロフィール

1964年青森県生まれ。2006年『闇鏡』で第18回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。『幻想郵便局』がベストセラーとなり、以降、「幻想」シリーズで人気を博す。他の著書に『うさぎ通り丸亀不動産 あの部屋、ワケアリ物件でした!』『オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き』「おもてなし時空」シリーズ、「仕掛け絵本の少女」シリーズなどがある。

「2020年 『ある晴れた日に、墓じまい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀川アサコのおすすめランキングのアイテム一覧

堀川アサコのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『幻想郵便局 (講談社文庫)』や『幻想映画館 (講談社文庫)』や『幻想日記店 (講談社文庫)』など堀川アサコの全140作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

幻想郵便局 (講談社文庫)

3132
3.01
堀川アサコ 2013年1月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フォローさせていただいている方が読んでいて、面白そうと思い手に取った。更に素敵な表紙のイラストにも惹かれた。 就職浪人で、アルバイトをすることになった山... もっと読む

幻想映画館 (講談社文庫)

1202
3.24
堀川アサコ 2013年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想郵便局の続編?で、今度は寂れた映画館が舞台。あの世とこの世を結ぶ映画館で一波乱起きる。前作に出てきた、真理子さんやタマヱ大奥さまも出てきて、冒頭からち... もっと読む

幻想日記店 (講談社文庫)

751
3.18
堀川アサコ 2014年1月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想シリーズ第三弾。シリーズ化しているけれども、主人公は毎回違うし、今回「幻想郵便局」に出てきたキャラを出しているもののあまり一貫性がないように思えた。前... もっと読む

幻想郵便局

551
3.25
堀川アサコ 2011年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お花が咲き乱れる表紙と『幻想郵便局』というタイトルに ふんわりやさしいファンタジーを思い描いて読み始めた人は 「ええっ?!」とのけぞってしまうかも。 『... もっと読む

幻想電氣館

323
3.14
堀川アサコ 2012年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

主人公は、ちょっと特別な能力を持つ少女。 それは、幽霊を視ることができるというもの。 といっても、お祓いなどができる霊能力者ではなく、 せいぜい... もっと読む

幻想探偵社 (講談社文庫)

297
3.51
堀川アサコ 2015年7月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本屋さんで発見。 続きがでていたと知り、読み始める。 幽霊専門の依頼のみを受ける、たそがれ探偵社。 そこを訪れるのは、野球に打ち込むことを親に否... もっと読む

幻想温泉郷 (講談社文庫)

243
3.55
堀川アサコ 2016年12月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

またこのメンバーでのお話だったので、楽しく読めた。 このシリーズは軽いんだけど、人生の重い部分もさらっと入れ込んでくる。なので、ちょっと切なくなったりす... もっと読む

たましくる―イタコ千歳のあやかし事件帖 (新潮文庫)

220
3.57
堀川アサコ 2011年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白かった。 今よりも、地方と東京が距離的にも流れている時間的にも遠かった時代。 凍てつく厳しい印象の物語だった。 もっと読む

不思議プロダクション (幻冬舎文庫)

201
2.93
堀川アサコ 2014年8月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想シリーズが好きで、他の作品はどうなのかなと思い、読んでみました。やっぱりこのかたの作風なのか、ちょいホラーでちょいファンタジーでちょいゾクゾクっとしま... もっと読む

予言村の転校生 (文春文庫)

196
3.14
堀川アサコ 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父が故郷の村長になり、主人公の奈央は閉鎖された陸の孤島のような村に移り住む。 全ての出来事が「予言暦」に書かれていて、それによって成り立っているという村で... もっと読む

日記堂ファンタジー

188
2.88
堀川アサコ 2012年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日記堂という日記を売買するお店の女主人は着物で軽トラも運転しちゃう。 日記を買い受け、そしてまた必要な人に日記を売る。 今の自分の状況や知りたい事に合わ... もっと読む

100回泣いても変わらないので恋することにした。 (新潮文庫nex)

164
2.52
堀川アサコ 2017年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ヤベッ小さなおじさんよりも先に手を出してしまった もっと読む

おせっかい屋のお鈴さん

156
3.29
堀川アサコ 2016年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お寺で江戸時代の呉服屋の娘の幽霊「お鈴」に取り憑かれてしまったカエデ。 ドタバタコメディーチックな連作短編集。 1話目はお鈴さんが全然お節介でなくどうな... もっと読む

幻想探偵社

138
3.48
堀川アサコ 2014年10月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女子の前でひどくあがってしまう中井海彦は野球部に所属する中学二年生。ある日、父親から受験のためにクラブ活動を二年生までで辞めるように言われた海彦は、顧問に... もっと読む

竜宮電車 (文芸書)

136
3.24
堀川アサコ 2015年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

連作短編でそれぞれの登場人物が次の話にもでてくるが、途中で終わってしまっているのでもう少し人物像が欲しかった。 突然電車の話が出てきて謎も多い。 もっと読む

幻想寝台車 (講談社文庫)

136
3.26
堀川アサコ 2019年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幻想シリーズ第七作。こんなに長いシリーズになるとは。 今回は、恋人に去られて自殺を図った多聞が、生きたまま死神の村に来てしまい、現世に戻る〈寝台特急... もっと読む

たましくる イタコ千歳のあやかし事件帖

135
3.27
堀川アサコ 2009年10月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

図書館で見つけた一冊になります。 昭和初期、青森を舞台にしたイタコさんのお話し。 当時の東北の日常を垣間見るようで、貧農への視座も興味深く。 ... もっと読む

これはこの世のことならず: たましくる (新潮文庫)

118
3.61
堀川アサコ 2013年10月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もっと軽めのものかと思っていたのに、意外にグロい部分もゾクッとする部分もあって少し驚きました。対象に、明るく好感が持てる主人公のイタコの千歳。そのバランス... もっと読む

幻想短編集 (講談社文庫)

118
3.18
堀川アサコ 2018年9月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽い雰囲気で読めるこのシリーズの中でも、短編集でますます軽く読み終えました。シリーズの登場人物が次々登場し、いろいろな場面が想起され、ページ数が少ない割に... もっと読む
全140アイテム中 1 - 20件を表示

堀川アサコの関連サイト

堀川アサコに関連する談話室の質問

ツイートする
×