堀川アサコの新刊情報

プロフィール

堀川 アサコ(ほりかわ あさこ)
1964年生まれ、青森県出身の小説家。
2002年、『芳一――鎮西呪方絵巻』が第15回小説すばる新人賞の最終候補。2006年、『闇鏡』で日本ファンタジーノベル大賞優秀賞を受賞し、デビュー。
文庫化されている『幻想郵便局』が書店員たちの後押しもあって大ヒットし、「幻想」シリーズとして人気を誇る代表作となった。

堀川アサコの関連サイト

堀川アサコの新刊情報のアイテム一覧

堀川アサコの新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2019年10月29日発売予定の『おもてなし時空カフェ: 桜井千鶴のお客様相談ノート』や2019年10月12日発売『ひとの恋路をジャマするヤツは 和子と薫のあたふた日記 (ハルキ文庫)』や2019年10月12日発売『幻想百物語(仮) (ハルキ文庫)』など堀川アサコの全128作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

おもい おもわれ ふり ふられ (徳間文庫)

28
3.75
堀川アサコ 2019年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第一話 巫女募集/第二話 モンスター/第三話 三枚の絵馬/第四話 半分ずつ、しあわせ/第五話 縁結びの水玉神社 不思議な縁で巫女さんとして働くことに... もっと読む

魔法使ひ (講談社文庫)

41
3.57
堀川アサコ 2019年6月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

魔法使ひに本当に力があったのか、どうかはわからないけど、戦後の薄暗い雰囲気を描き出す力量はすごいなぁと。 幻想シリーズとは全く違う作風が意外だったなぁ。 もっと読む

オリンピックがやってきた 猫とカラーテレビと卵焼き (角川文庫)

12
3.67
堀川アサコ 2019年5月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前回の東京オリンピックと言えば1964年。僕が産まれる十年前、そんな時代の青森のとある町内の物語です。朱川湊人マイナスホラー要素という感じの、懐かしさ勝負... もっと読む

幻想寝台車 (講談社文庫)

82
3.46
堀川アサコ 2019年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋人が出ていった部屋で自殺を図った多聞は、気がつくと死神たちの村にいつ。だが死神は多聞は実は死んでいないという。現世に戻るため「寝台特急ひとだま」に乗りあ... もっと読む

幻想寝台車 (講談社文庫)

3
3.00
堀川アサコ 電子書籍 2019年4月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

粘る”幻想”シリーズ。 (関係者一覧が付いたのでありがたかった) 正直、寝台車の必要性が薄いと思いつつ いつも通りの、じんわりさ。 もっと読む

月夜彦 (講談社文庫)

28
3.50
堀川アサコ 2018年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ほんわかした作品を書かれる作家さんというイメージを持っていたのですが、いい意味で期待を裏切られました。 登場人物それぞれに思惑があり、裏切り、騙し合う。... もっと読む
全128アイテム中 1 - 20件を表示

堀川アサコに関連する談話室の質問

ツイートする