堀晃のおすすめランキング

プロフィール

1952年 山口県生まれ、画家
山口県下関と奄美大島とで絵画制作中

現代日本絵画展大賞 昭和会展優秀賞 モダンアート展協会賞 小林和作賞 山口県芸術文化振興奨励賞 損保ジャパン美術財団奨励賞受賞者展優秀賞 リキテックスビエンナーレ展受賞 安井賞展 明日への具象展 具象絵面ビエンナーレ 日本青年画家展 現代美術選抜展 両洋の眼・現代の絵画展 前田寛治大賞展 プサン青年ビエンナーレ テグアジア美術展 その他多数

個展:北九州市立美術館、下関市立美術館、日動画廊、日本橋三越本店、中宮画廊ほか多数
収蔵:下関市立美術館、大分市立美術館、東郷青児美術館ほか多数
出版:エッセイ集「波打ちぎわ」パステルスケッチ集「加計呂麻」

「2008年 『今夜も眠れないこの島で 奄美からの手紙』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堀晃のおすすめランキングのアイテム一覧

堀晃のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『SF JACK』や『バビロニア・ウェーブ』や『遺跡の声 (創元SF文庫)』など堀晃の全46作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

SF JACK

284
3.19
新井素子 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そうそうたる作家が並んでいたので思わず借りてみました。全体的には○。個々には・・・神星伝とか不死の市とか最近?のゲームの世界感的な話にはちょっとついていけ... もっと読む

バビロニア・ウェーブ

160
3.52
堀晃 2007年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

銀河系を垂直に貫く全長5380光年(端から太陽系まで届くのにもバビロニア以前に発信されていることに!)、直径1200万Km(水星軌道の1/10もの直径!)... もっと読む

遺跡の声 (創元SF文庫)

130
3.68
堀晃 2007年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF。短編集。連作短編種。 遺跡調査員を主人公とした宇宙SF。 主人公が与えられた任務に従い、惑星を訪れ、調査をする流れ。 どの話も淡々と進む印象だ... もっと読む

SF JACK (角川文庫)

116
3.50
新井素子 2016年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF短編集。どの話も結構面白かった。おすすめ。 宮部みゆきさんの「さよならの儀式」とか、ほろっとする。 個人的には、完全ヴァーチャルの世界で生きる人間... もっと読む

サイエンス・イマジネーション 科学とSFの最前線、そして未来へ

96
3.50
瀬名秀明 2008年8月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前口上 SFのイマジネーション・小松左京 Small Story in 2008“A First Love”*2 <第1部ヒトと機械の境界を超える> ヒ... もっと読む

日本SF全集 2 1972~1977

51
3.60
田中光二 2010年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 【SF文学諸作品】 国内外のSF小説黎明期から現代まで、定番を中心に様々な作品を集めました。中には映画化されたものもあります!お気に... もっと読む

太陽風交点 (徳間文庫)

49
4.10
堀晃 1981年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

設定中心で、ストーリーは弱め もっと読む

梅田地下オデッセイ (ハヤカワ文庫JA)

49
3.55
堀晃 1981年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

北野勇作の「ウニバーサルスタジオ」を読みかけてたら、「梅田地下オデッセイ」の名前が出てきて、そのとたん、何年も前にNHKのラジオドラマを聞いたことが、ぱっ... もっと読む

地球環 (ハルキ文庫)

38
4.29
堀晃 2000年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

<閲覧スタッフより> 【堀晃氏作品】 7月12日に開催される交流文化研究会にて講演いただくSF作家・堀晃氏の作品を集めました。講演会のお話とともに、ぜひ手... もっと読む

バビロニア・ウェーブ (創元SF文庫)

31
3.07
堀晃 電子書籍 2007年2月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読了。Kindle Unlimited。太陽系から3光日の位置に、直径1200万キロ、全長5380光年に及ぶレーザー光束が発見され、人類は「バビロニア・ウ... もっと読む

遺跡の声 (創元SF文庫)

29
3.89
堀晃 電子書籍 2007年9月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

銀河の辺境、”ペルセウスの指”宙域をホームグラウンドとする遺跡調査員の一時代を追った連作短編集…と言っていいと思う。 調査員に、トリニティという相棒がいた... もっと読む

マッド・サイエンス入門 (新潮文庫)

23
3.40
堀晃 1986年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堀晃さんのエッセイだ。S52~53年だから古典だなぁ(S61年発行)。  エッセイだけれど、当時のSFの紹介も少しある。ブラックホールに関しては、「... もっと読む

バビロニア・ウェーブ

12
3.50
堀晃 1988年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

冥王星の付近で発見された、巨大なレーザー光線から、地球に向かって無限のエネルギーが送られるようになって20年。 その有り余るエネルギーを基に、太陽系内の恒... もっと読む
全46アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする