堂場瞬一のおすすめランキング

プロフィール

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年、『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説など多彩なジャンルで意欲的に作品を発表し続けている。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」「捜査一課・澤村慶司」「ラストライン」「警視庁犯罪被害者支援課」などのシリーズ作品のほか、『八月からの手紙』『傷』『誤断』『黄金の時』『Killers』『社長室の冬』『バビロンの秘文字』(上・下)『犬の報酬』『絶望の歌を唄え』『砂の家』『ネタ元』『動乱の刑事』『宴の前』『帰還』『凍結捜査』『決断の刻』『チーム3』『空の声』『ダブル・トライ』など多数。

「2021年 『ピットフォール』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堂場瞬一のおすすめランキングのアイテム一覧

堂場瞬一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『アナザーフェイス (文春文庫)』や『チーム (実業之日本社文庫)』や『雪虫 (中公文庫)』など堂場瞬一の全842作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

アナザーフェイス (文春文庫)

2285
3.38
堂場瞬一 2010年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アナザーフェイス追いかけてみようと思い、まずは1から。刑事らしくないこともないやん。 これからどんどんハマらせてくれることに期待。 もっと読む

チーム (実業之日本社文庫)

2079
3.99
堂場瞬一 2010年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

10区で逆転Vを起こした2021年の箱根駅伝。 最終区で逆転ってなかなか無い。 それを見たあとに本屋で本を物色。 箱根の学連選抜がテーマ。 は... もっと読む

雪虫 (中公文庫)

1510
3.30
堂場瞬一 2004年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鳴沢了シリーズの一作目を読む。余りにも偶然が重なる展開にちょっとどうなのかと思ったが、ラストの緊迫したシーンの迫力は良かった。今後のシリーズでの主人公の成... もっと読む

敗者の嘘 アナザーフェイス 2 (文春文庫)

1462
3.46
堂場瞬一 2011年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イケメンで、子煩悩で、自分がモテる事に無頓着なシングルファーザー。そして誰にでも心を開かせてしまう能力を持っているという、チートな刑事大友鉄。 しかし、妻... もっと読む

第四の壁 アナザーフェイス 3 (文春文庫 24-3)

1223
3.20
堂場瞬一 2011年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「アナザーフェイス」シリーズ第3弾。 同じ作家さんの本を続けて読まないようにしているのですが、今回はシリーズ第2弾、第3弾と続けて読みました。 続... もっと読む

蝕罪―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

1144
3.47
堂場瞬一 2009年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

再読本です。新設された警視庁失踪人捜査課に配属された高城警部。シリーズ物です。前回は順不同で読み始めたのですが、今回は順を追って読むことにしました。捜査の... もっと読む

破弾 (中公文庫)

1068
3.46
堂場瞬一 2005年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

女性刑事である小野寺冴はなかなか魅力的なキャラクターだった。ストーリーは一作目と同様偶然が重なりすぎてしまい、どうにも腑に落ちないのだが、後半の展開のテン... もっと読む

消失者 アナザーフェイス 4 (文春文庫)

1026
3.48
堂場瞬一 2012年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ4作目。72歳のスリが殺された事件に隠された秘密に少しずつ迫っていく…と言う展開なんだけど、本当に少しずつしか迫ってなくて、没頭は出来なかった。5... もっと読む

交錯―警視庁追跡捜査係 (ハルキ文庫)

960
3.31
堂場瞬一 2010年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

3.4 まずまず面白かった。 ちょっと書き方が馴染まず読みづらかったけど、これは慣れの問題だと思うので、次作も続けて読んでいきたいと思う。 もっと読む

相剋―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

952
3.41
堂場瞬一 2009年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警視庁失踪課・高城賢吾シリーズ2冊目です。 捜査一課から情報提供者が消えたと協力要請がある。 時を同じに同級生が行方知れずだと友人から捜査依頼が来る。親族... もっと読む

孤狼―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

938
3.59
堂場瞬一 2005年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ4作目にしてやっと安定感が出てきた。小学生の子供も抱える恋人、元恋人の刑事上がりの探偵、巨漢の良き相棒といった孤狼の鳴沢を支える仲間が出来たことと... もっと読む

検証捜査 (集英社文庫)

929
3.42
堂場瞬一 2013年7月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

神奈川県警が犯した違法捜査を検証するために、全国から集められた訳ありの刑事たち。堂場瞬一が得意とする一匹狼的な主人公の発言・行動に少しいらっとするが、反発... もっと読む

熱欲 (中公文庫)

905
3.38
堂場瞬一 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ3作目だが、毎回思う事は主人公の関係者が必ずなんらかの経緯や偶然で事件に関わる事。こういう形でしか物語を進められないとすればストーリーテラーとして... もっと読む

讐雨―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

889
3.49
堂場瞬一 2006年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ第6作目にしてここまでの鳴沢了の集大成と言っても良い作品。法は全てを裁けるのかと言う重い課題を背負わされながら、物語は連続爆破事件の進展と共にテン... もっと読む

帰郷―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

888
3.44
堂場瞬一 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

鳴沢了シリーズ5作目。シリーズが進むに連れて安定感を増してきた印象。今回は特に時間や捜査権限の制約、限定された登場人物の中で、よくここまで納得感の高い刑事... もっと読む

邂逅―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

871
3.28
堂場瞬一 2009年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今回の事件の発端は、大学理事長の失踪(?)。 シリーズものを読むというのは、安心感と安定感で、まるで旧友と会うかのような感覚かもしれない。 一定のリピ... もっと読む

凍る炎 アナザーフェイス 5 (文春文庫)

853
3.56
堂場瞬一 2013年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

別シリーズの「刑事の絆」を読もうとしたら、本書の続編のような扱いなので、こちらを急遽手に取る。 シングルファーザーで、刑事らしからぬユニークなキャラクタ... もっと読む

壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課 (講談社文庫)

834
3.27
堂場瞬一 2014年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犯罪被害者支援課に焦点を当てた堂場瞬一の新シリーズ第1弾。高層マンションが立ち並ぶ豊洲で朝、登校中の小学生3人を含む5人の死者を出したひき逃げ事件が発生。... もっと読む

漂泊―警視庁失踪課・高城賢吾 (中公文庫)

828
3.40
堂場瞬一 2010年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明神愛美が、火事に伴なうバックドラフトにより重傷を負い、入院。そんな衝撃的な冒頭部に、たちまち作品世界に引き込まれた。 彼女はいつの間にか、高城賢吾にと... もっと読む

被匿―刑事・鳴沢了 (中公文庫)

809
3.51
堂場瞬一 2007年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お馴染みの鳴沢了シリーズ。相変わらず旧知の人物と偶然にも遭遇した事件が絡み合う展開に、ここまで来るとこれがこのシリーズの特徴と醍醐味なんだと妙に納得してし... もっと読む
全842アイテム中 1 - 20件を表示

堂場瞬一に関連する談話室の質問

ツイートする
×