堂場瞬一の新刊情報

プロフィール

堂場瞬一(どうば しゅんいち)
1963年茨城県生まれ。2000年『8年』で第13回小説すばる新人賞受賞。警察小説、スポーツ小説などさまざまな題材の小説を発表している。著書に「刑事・鳴沢了」「警視庁失踪課・高城賢吾」「警視庁追跡捜査係」「アナザーフェイス」「刑事の挑戦・一之瀬拓真」などのシリーズのほか、、『虹のふもと』『八月からの手紙』『埋もれた牙』『ネタ元』『Killers』など多数。2014年8月には、『壊れる心 警視庁犯罪被害者支援課』が刊行され、本作へと続く人気文庫書下ろしシリーズとなっている。
2018年8月、読売新聞夕刊で「奔る男 小説 金栗四三(かなくり しそう)」を連載開始。

堂場瞬一の新刊情報のアイテム一覧

堂場瞬一の新刊一覧です。発売日順に並んでいます。
2019年3月8日発売予定の『割れた誇り ラストライン 2 (文春文庫)』や2019年2月21日発売『ザ・ウォール』や2019年2月21日発売『ザ・ウォール』など堂場瞬一の全676作品から、発売日が近い順番で作品がチェックできます。

バビロンの秘文字(上) (中公文庫)

130
3.38
堂場瞬一 2019年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

長い話し。少しずつ加速する話に引き込まれてしまいました。ネットで調べてもあまり出てこないけれど、ラガーン本当にいるのかな。 もっと読む

バビロンの秘文字(下) (中公文庫)

77
3.29
堂場瞬一 2019年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一気に読んでしまった。物語の加速のつけ方がうまい。 だだし、終わるにつれ、少し膨らませすぎた感がありました。キャラクター的に、新しいヒロインが思わせぶりに... もっと読む

ラストライン (文春文庫)

121
3.23
堂場瞬一 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『アナザーフェイス』が完結した後の、新シリーズらしい。 高齢社会を反映してか、主人公は定年まであと10年という刑事岩倉剛。 大学教員の妻とは実質離婚、... もっと読む

ラストライン (文春文庫)

8
5.00
堂場瞬一 電子書籍 2018年11月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

同じ年代ということもあり、共感することも多い。楽しみなシリーズが始まった もっと読む

十字の記憶 (角川文庫)

44
3.00
堂場瞬一 2018年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

青春の記憶は永遠 もっと読む

十字の記憶 (角川文庫)

3
4.00
堂場瞬一 電子書籍 2018年10月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若かった頃の、忘れる事が出来ない経験。いつまでも引きずり、苦く、辛く、そしてちょっぴり甘い。自分が死ぬ時にはきっとそれでよかったんだと、思えればいい もっと読む

白いジオラマ (単行本)

64
3.38
堂場瞬一 2018年10月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お節介すぎるところもあるが楽しめました。 もっと読む

宴の前 (単行本)

67
3.13
堂場瞬一 2018年9月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

得意の警察ものではないが、選挙という独特の緊張感と人間関係の絡み合いは流石の筆力。善悪というわかりやすい構図ではないのでどっち陣営に感情移入するかという点... もっと読む

黒い紙 (角川文庫)

48
3.11
堂場瞬一 2018年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人脈は武器 もっと読む
全676アイテム中 1 - 20件を表示

堂場瞬一に関連する談話室の質問

ツイートする