堤未果のおすすめランキング

プロフィール

堤 未果(つつみ・みか)/国際ジャーナリスト。ニューヨーク州立大学国際関係論学科卒業。ニューヨーク市立大学院国際関係論学科修士号。国連、米国野村證券を経て現職。米国の政治、経済、医療、福祉、教育、エネルギー、農政など、徹底した現場取材と公文書分析による調査報道を続ける。

「2021年 『格差の自動化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堤未果のおすすめランキングのアイテム一覧

堤未果のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)』や『ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)』や『(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)』など堤未果の全65作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

ルポ 貧困大国アメリカ (岩波新書)

3640
3.93
堤未果 2008年1月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカンドリームを夢見て大量に流入する移民たち。 その一方、急速に「中間層」が貧困層に転落し、多くの人が、高騰する教育・医療を十分に受けられなくなって... もっと読む

ルポ 貧困大国アメリカ II (岩波新書)

1854
3.95
堤未果 2010年1月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堤未果さんによるアメリカ取材レポの続編。 軍事、医療、教育、そして刑務所の民営化によって、アメリカは取り返しのつかない所まで来てしまった。 そもそも奇... もっと読む

(株)貧困大国アメリカ (岩波新書)

1255
4.06
堤未果 2013年6月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書を読むと、アメリカという国がそら恐ろしくなった。アメリカの政治、行政、マスコミの全ては、富の集中する多国籍企業に買収され、操られている。多国籍企業はに... もっと読む

日本が売られる (幻冬舎新書)

1185
4.06
堤未果 2018年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本が切り売りされている。どちらの選択が本当に正しいのかはわからない。ただ言えることは、この国(政治家)や大企業の向いてる先は、ある国、ある政党、ある組織... もっと読む

沈みゆく大国 アメリカ (集英社新書)

983
3.87
堤未果 2014年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

医療技術は世界最先端。でも、医療費は日本では考えられない ほどに高額のアメリカ。年間150万人の自己破産者のうち、高額 な医療費の負担が原因のトッ... もっと読む

政府は必ず嘘をつく アメリカの「失われた10年」が私たちに警告すること 角川SSC新書

693
4.03
堤未果 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

数年前までこの本に書かれているような、政府やマスコミの言うことを鵜呑みにしてきた人間の一人でした。 本書を読むと、思っている以上に世の中には嘘が多いことが... もっと読む

社会の真実の見つけかた (岩波ジュニア新書)

641
3.95
堤未果 2011年2月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『社会の真実の見つけかた』感想 ■著者の講演を聴いて 堤未果『社会の真実の見つけかた』(岩波ジュニア新書、2011年)を読んだ。 つまに連れられて行... もっと読む

沈みゆく大国 アメリカ 〈逃げ切れ! 日本の医療〉 (集英社新書)

442
4.10
堤未果 2015年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

国民会保険制度は社会保障である アメリカはこの仕組みをこわそうとしている 健康保険制度はかなり複雑である 時間をかけて勉強しなければ理解できない... もっと読む

政府はもう嘘をつけない (角川新書)

330
4.25
堤未果 2016年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ジャーナリズムとは報じられたくないことを報じることだ。それ以外のものは広報に過ぎない。byジョージ・オーウェル 世界を揺るがす「パナマ文書」の知られざる... もっと読む

デジタル・ファシズム: 日本の資産と主権が消える (NHK出版新書 655)

320
3.88
堤未果 2021年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当にそうだろうか。デジタル化の問題点として個人情報の漏洩があげられる。いつもこう思う。知られて困る情報はないのだけれど。どう活用しようというのか。確かに... もっと読む

アメリカから<自由>が消える (扶桑社新書)

302
3.76
堤未果 2010年3月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「おわりに」のところで彼女は書いている 「歴史を振り返れば<言論の自由>は、それが最も必要とされるときに押さえ込まれてきたことが見える。  とはいえ、それ... もっと読む

正社員が没落する ――「貧困スパイラル」を止めろ! (角川oneテーマ21)

240
3.59
湯浅誠 2009年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アメリカや日本の貧困問題の本質に迫る良書です。 もっと読む

政府は必ず嘘をつく 増補版 (角川新書)

230
4.06
堤未果 2016年4月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ルポ貧困大国アメリカ」等、主にアメリカの現状を取材している著者の、日本への警告書。 執筆は2012年といささか古いが、タイトルに示された言葉は、その蓋... もっと読む

「自由」の危機 ――息苦しさの正体 (集英社新書)

212
4.12
藤原辰史 2021年6月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

26名による日本学術会議任命拒否問題に端を発した、自由への権力の介入に関しての論考集。息苦しさの正体にはさまざまな形での!自由を禁じようとする動きがあった... もっと読む

支配の構造 国家とメディア――「世論」はいかに操られるか (SB新書)

163
4.10
堤未果 2019年7月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堤未果、中島岳志、大澤真幸、高橋源一郎の四人が、それぞれ好きな本を持ち寄って、解説した後、その本をめぐって対談するというものである。その選択は次の四冊。実... もっと読む

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命 (新潮文庫)

152
3.93
堤未果 2010年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

自由と民主主義の国といえば・・まず米国の名前が浮かぶ。しかし、その自由とやらが、弱者の犠牲の上に成り立つているものだとしたら。 本書は、そうした貧困にあ... もっと読む

別冊NHK100分de名著 メディアと私たち (教養・文化シリーズ)

142
4.00
堤未果 2018年10月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

※テレビ本編の方の感想です。 再放送されていたのを観たけどサイコーでした。めちゃくちゃ面白い! ちなみに朗読は滝藤賢一さんで、初回放送は2年前なのでま... もっと読む

報道が教えてくれないアメリカ弱者革命―なぜあの国にまだ希望があるのか

122
3.87
堤未果 2006年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大統領選の不正から始まり、米軍に切り捨てられる善良だが貧しい若者、戦争の真実に気が付き反戦活動を行う遺族らを通して、アメリカの途方もなく巨大化した闇が見え... もっと読む

株式会社アメリカの日本解体計画

118
4.24
堤未果 2021年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読みやすさ★★★★ 学べる★★★★★ 紹介したい★★★★★ 一気読み★★★★★ 読み返したい★★★★ 沢山買って配りたくなる本。どれだけ世界がカネに狂っ... もっと読む
全65アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×