堺屋太一のおすすめランキング

プロフィール

1935年,大阪生まれ。東京大学経済学部卒業後,通産省に勤務。日本万国博,沖縄海洋博などを手がける。1978年退官,執筆評論活動に入る。著書に『油断!』『団塊の世代』『知価革命』『組織の盛衰』『平成三十年』『東大講義録』などのほか,『峠の群像』『豊臣秀長』『俯き加減の男の肖像』『秀吉』などの歴史小説がある。経済企画庁長官,内閣特別顧問などを歴任,現在東京大学先端科学技術研究センター客員教授,早稲田大学大学院客員教授。

「2018年 『東大講義録――文明を解く』 で使われていた紹介文から引用しています。」

堺屋太一のおすすめランキングのアイテム一覧

堺屋太一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『体制維新――大阪都 (文春新書)』や『豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉 (文春文庫)』や『豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈下〉 (文春文庫)』など堺屋太一の全349作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

体制維新――大阪都 (文春新書)

1403
3.87
橋下徹 2011年11月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大阪都構想について述べている本。 住民ではないので今までわからなかったが、大阪市内の区長は大阪市職員(公務員)であり、選挙で選ばれた民間の代表ではなく、... もっと読む

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈上〉 (文春文庫)

369
3.64
堺屋太一 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

堺屋太一の小説とはどのようなものか。 豊臣秀長のことより、先にそちらに興味がわきこの本を手にとった。 それくらい豊臣秀長という人は興味を引く力が弱... もっと読む

豊臣秀長―ある補佐役の生涯〈下〉 (文春文庫)

299
3.72
堺屋太一 1993年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これで終わり?という感想です。 秀吉が天下人となってからの、秀長の様子が知りたかった。 途中何回も、同じ説明箇所があり、くどく感じました。 もっと読む

日本を創った12人〈前編〉 (PHP新書)

297
3.49
堺屋太一 1996年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

"それぞれの時代で活躍した人物にスポットライトを当てた本。 ・聖徳太子 神・仏・需習合思想の発案 ・光源氏  上品な政治家の原型 ・源頼朝  二重権限構造... もっと読む

日本を創った12人 (後編) (PHP新書 (006))

260
3.51
堺屋太一 1997年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人の独創性 日本は外来文化の熱心な受容者 師の国を上回る 聖徳太子の同時多宗教 源頼朝の権力の二重構造 日本においては過去が大きな存在 ... もっと読む

組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか (PHP文庫)

260
3.71
堺屋太一 1996年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『BQ』(林野宏著)ビジネスパーソンに必須の23冊 13組織とは何か もっと読む

日本を創った12人 (PHP文庫)

249
3.49
堺屋太一 2006年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

娘のお薦め(高校の教材)で読んだ本。大変面白かった。現代日本人の国民性を形成する切っ掛けとして日本史上のレジェンド12名を紹介。 例えば聖徳太子の「神・... もっと読む

歴史の使い方 (日経ビジネス人文庫 グリーン さ 3-6)

249
3.52
堺屋太一 2010年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ビジネスブックマラソンの紹介から 【目次】 1.歴史を「知る」    世界の中で日本史を知り、日本製世界史の特性を知る 2.歴史を「楽しむ」    歴史... もっと読む

歴史からの発想―停滞と拘束からいかに脱するか (日経ビジネス人文庫)

168
3.23
堺屋太一 2004年3月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

表題はすごいが、中身はしょぼい。何の結論もない。ただし、歴史上の人物の評論本としは、まずまず読める。 もっと読む

平成三十年 (上) (朝日文庫)

146
3.28
堺屋太一 2004年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

父の本だった気がする。気づけば今年は平成30年だ。答え合わせの為に再読したい。 もっと読む

鬼と人と―信長と光秀 (上巻) (PHP文庫)

139
3.53
堺屋太一 1993年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

トクマガ Vol.22で紹介 おはようございます。 「賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ」(ビスマルクの言葉) お説ごもっとも。 経験だけ... もっと読む

組織の盛衰―何が企業の命運を決めるのか

118
3.74
堺屋太一 1993年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 組織というものに焦点を当て、古今の具体例を引きながら分析・解説した一冊。  組織というのは大きく分けて二つに分類されます。  一つは、目標達成に向かっ... もっと読む

平成三十年 (下) (朝日文庫)

107
3.25
堺屋太一 2004年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現状を憂うのでなく、解決策を提示しているのが好感触だったがある意味予想できる衝撃の最後でひっくり返った。 もっと読む

団塊の世代 (文春文庫)

105
3.51
堺屋太一 2005年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、1947年から49年に生まれた「団塊の世代」の4人を主人公にして、80年代前半、80年代後半、90年代中葉、2000年の4つの時代を描いた予測小説... もっと読む

東大講義録 ―文明を解く―

101
3.73
堺屋太一 2003年4月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なぜ歴史を学ぶ必要があるのか。それは文 明のほころび方を学ぶためだと官僚主義への批判を中心に、認識させてくれる。 世界史と日本史学習のミッドセクショ... もっと読む

豊臣秀長 上巻―ある補佐役の生涯 (PHP文庫 サ 7-1)

101
3.98
堺屋太一 1988年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何回読み直しても面白い。秀長という人物も魅力的だし、堺屋さんの、彼の描き方も好き。 もっと読む

団塊の秋

92
3.20
堺屋太一 2013年11月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小説を通じて、ちょっと先にある未来を自分の老後の参考に してみたかったのですが、あの人たち恵まれてるから・・・。 登場人物たちは有名大学に進学してるし... もっと読む

東大講義録 文明を解くII―知価社会の構造分析 (日経ビジネス人文庫)

89
4.20
堺屋太一 2010年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

氏の言うとおり、近代工業社会から知化社会への移行は必然の流れのように思える。 多くの分野でファッション化が進んでおり、従来の大量生産だけでは十分ではなく... もっと読む
全349アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする