塩田武士のおすすめランキング

プロフィール

1979年、兵庫県生まれ。神戸新聞社在職中の2011年、『盤上のアルファ』でデビュー。2016年『罪の声』で第7回山田風太郎賞を受賞し、“「週刊文春」ミステリーベスト10 2016”国内部門第1位、2017年本屋大賞3位に輝く。2018年には俳優・大泉洋をあてがきした小説『騙し絵の牙』が話題となり、本屋大賞6位と2年連続本屋大賞ランクイン。2019年、『歪んだ波紋』で第40回吉川英治文学新人賞受賞。2020年、21年には『罪の声』『騙し絵の牙』がそれぞれ映画化された。

「2022年 『朱色の化身』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塩田武士のおすすめランキングのアイテム一覧

塩田武士のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『罪の声 (講談社文庫)』や『罪の声』や『騙し絵の牙 (角川文庫)』など塩田武士の全112作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

罪の声 (講談社文庫)

8942
3.84
塩田武士 2019年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グリコ・森永事件含む実話をモチーフにしたフィクション作品。 『どくいり きけん たべたら しぬで』 当時小学生だった私は、ニュースでこの紙がお菓子に貼ら... もっと読む

罪の声

5239
3.93
塩田武士 2016年8月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画化という事もあり一躍有名となった本書。「グリコ・森永事件」をベースとしている物語、と 誰もが認識している事だろう。 フィクションではあるものの、日時、... もっと読む

騙し絵の牙 (角川文庫)

3009
3.65
塩田武士 2019年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ホントに三万二千円の本を出版してやっていけるのか? 騙されました。映画を観て、めちゃ面白くて、幾つか確かめたくて本書を紐解いたのに、90%違う話でした。... もっと読む

騙し絵の牙

2299
3.64
塩田武士 2017年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2021/08/03読了 #塩田武士作品 活字離れや書籍電子化が叫ばれる中で 文学誌の存続をかけて奔走する編集者。 それぞれのポストや想いを賭して 信じ... もっと読む

歪んだ波紋

812
3.31
塩田武士 2018年8月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近畿日報と大日新聞という二つの新聞社をめぐる誤報と虚報。その記事を書いた記者や記事により被害を受けた人々、その記事を追う記者たち。 4つの短編の関係者たち... もっと読む

氷の仮面 (講談社文庫)

636
3.96
塩田武士 2020年9月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ー 桜は、始まりの花。 蘭の人生は、ある意味この小説の感極まるエンディングから始まる。 女の子にどうしてもなりたい男の子、性同一性障害の翔太郎... もっと読む

デルタの羊

602
3.52
塩田武士 2020年10月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

のっけから文明退化時代の壮大なファンタジーではじまり、アニメ業界のお仕事小説なのかと思ったら、劇中劇ってやつなのかってなるも、ひとつの世界に集約してくのは... もっと読む

朱色の化身

595
3.27
塩田武士 2022年3月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノンフィクション形式に寄せて女性三代の人生を描いた力作。1部2部の関係者の証言で次第に事実真実に近づき…序章と終章が繋がるという形式は面白かったが最初の方... もっと読む

盤上のアルファ (講談社文庫)

523
3.67
塩田武士 2014年2月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ええ感じの会話!ノリツッコミありの! これぞ関西って感じには、親近感が! しかし、将棋は、ほぼ知らんに等しい。駒の進め方ぐらいしか知らん。 作者の塩田さ... もっと読む

罪の声 (講談社文庫)

514
4.05
塩田武士 電子書籍 2019年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この小説は私に刺さるものが多すぎたので、感想が長くなる。 ざっくり言えば、新聞記者が30年以上前の未解決事件を再び調べていく物語。月日が経っていることも... もっと読む

女神のタクト

483
3.75
塩田武士 2011年10月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「罪の声」に感嘆し、遡って「崩壊」を読んで、淡々と語る渋目の作家さんだと思っていたら、この作品の軽さに、最初はかなり違和感を抱いた。でも、きっと、元はこん... もっと読む

盤上のアルファ

444
3.58
塩田武士 2011年1月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

将棋の三段編入試験制度が物語の大きな柱になっている。実際にそういう制度があるのかウィキペディアで調べてみたら、この小説内で紹介されていた通りの内容の制度が... もっと読む

歪んだ波紋 (講談社文庫)

288
3.43
塩田武士 2021年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

塩田武士『歪んだ波紋』講談社文庫。 誤報にまつわる5編で構成される連作形式の短編集。先日読んだ一本木透の『だから殺せなかった』と同様にジャーナリズムの世... もっと読む

女神のタクト (講談社文庫)

265
3.56
塩田武士 2014年11月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

事務局長が段々好きになりました。 もっと読む

雪の香り (文春文庫)

223
3.03
塩田武士 2017年8月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うーん。ミステリーってよりも恋愛なのかな。 そして、読んでてこの女めちゃめちゃむかつくなぁ。わたしこの人嫌いだな。と思いつつ読んだんだけども。たまにいるん... もっと読む

ともにがんばりましょう (講談社文庫)

204
3.55
塩田武士 2017年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新聞社の労組話。所々での軽妙な遣り取りにクスっとしながらも、著者の体験に裏打ちされた迫真に迫った経営層との団体交渉場面は手に汗握る。 寺内が男前過ぎる感... もっと読む

罪の声

187
4.12
塩田武士 電子書籍 2016年8月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

グリコ森永事件をベースにしたフィクション。 気になっていたけど、心に重くのしかかりそうで、勇気がなくてずっと保留にしていた小説です。 大好きな小栗旬がキ... もっと読む

騙し絵の牙 (角川文庫)

180
3.68
塩田武士 電子書籍 2019年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

映画を見終わってから原作小説を読んでみて、別物語のようにあまりにも違う内容なので驚き。映画の中でのように主人公・速水輝也(映画では大泉洋)の快刀乱麻の爽快... もっと読む

ともにがんばりましょう

172
3.35
塩田武士 2012年7月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なにを隠そう、私は91年から05年にかけて連続14年間労組の中央執行委員という役職をこなして来た者である。別に好きでやっていたわけじゃない、好きでやるはず... もっと読む

盤上に散る

158
3.46
塩田武士 2014年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019年10月22日、読み始め。 52頁まで読んで、返却。 もっと読む
全112アイテム中 1 - 20件を表示

塩田武士のおすすめ記事

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×