壺井栄のおすすめランキング

プロフィール

1899年、香川県小豆島生まれ。1938年、処女作である「大根の葉」を発表後、「母のない子と子のない母」など、数多くの作品を執筆。1952年に発表された「二十四の瞳」は映画化され、小豆島の名を全国に知らしめた。1967年、気管支ぜんそくのため67歳で死亡

「2007年 『二十四の瞳』 で使われていた紹介文から引用しています。」

壺井栄のおすすめランキングのアイテム一覧

壺井栄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『二十四の瞳 (新潮文庫)』や『二十四の瞳 (角川文庫)』や『二十四の瞳 (角川文庫)』など壺井栄の全109作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

二十四の瞳 (新潮文庫)

1194
3.58

感想・レビュー

とても有名なタイトル。 不朽の名作と謳われていながら、未読でした。 時代は昭和初期。自立した芯のある女性と無垢な子どもたちの交流を描いた物語、だと思っ... もっと読む

二十四の瞳 (角川文庫)

685
3.87
壺井栄 2007年6月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

泣いた。素晴らしい作品、の一言。 高校生のときに読んでおきたかった。でも今読めて本当に良かった。 平和な時代に生まれてきた僕は、平和な世の中を当た... もっと読む

二十四の瞳 (角川文庫)

69
3.81
壺井栄 電子書籍 2012年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高々数十年で人間の暮らしはこうも大きく変わったのかと驚く。 素朴で貧しくも、日常に溢れるたくさんの小さな愛に大きな幸福を見出すことができる、そういうアンテ... もっと読む

二十四の瞳 (岩波文庫)

43
4.50
壺井栄 2018年5月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

壺井榮の代表作のひとつ。小豆島が舞台となっており、映画化も複数回されている。初回の木下監督、高峯秀子の大石先生が個人的に好き。母の実家付近もロケ地となり、... もっと読む

女性たちの戦争―命 (コレクション 戦争×文学 14)

29
大原富枝ほか 2012年1月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「コレクション 戦争×文学(せんそうとぶんがく)」は、図書館の新着棚でみかけると、ぱらぱらとめくっていたが、借りてきて読むのはこれが最初。壺井栄の「おばあ... もっと読む

母のない子と子のない母と (小学館文庫―新撰クラシックス)

25
3.36

感想・レビュー

とても読みやすい本でした。戦争の時の話なので、難しいかもと意気込んでましたが、夏の暑い日に、ちょうど良く風に当たったようなさわやかな気持ちになりました もっと読む

二十四の瞳 (ホーム社漫画文庫)

24
4.83
安部大代 2010年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高松に寄ったので手にとってみた本。穏やかな瀬戸内海の島の人々にまで影を落とした戦争。自分に正直に生きた先生の姿が印象的 もっと読む

二十四の瞳

23
3.57
壺井栄 2005年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争がもたらす、じわじわくる、やるせない不幸せ…。戦死したという知らせ。不景気からくる貧しさ。言論の統制…。今の世は幸せだということを再認識しないとね。 もっと読む

二十四の瞳 (21世紀版・少年少女日本文学館11)

13
4.50
壺井栄 2009年3月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

小豆島などを舞台とした作品です。 もっと読む

二十四の瞳 (ポケット日本文学館)

10
4.14

感想・レビュー

昭和初期の日本の田舎に、おしゃれな女先生が赴任してきた。着物じゃなく、スカートで自転車のモダンガール風。 驚きつつも子どもたちは先生を好きになり、田舎の... もっと読む

母のない子と子のない母と。

10
3.33
壺井栄 2005年12月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何があっても力強く生きていく。そんな話です。壺井栄さんを尊敬しています。 もっと読む

二人の手紙 壺井繁治・壺井栄 獄中往復書簡集 昭和五年-昭和九年

10
3.00
壷井繁治 2016年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四年分とはいえ、相当のボリュームである。しかも本文の所々に[所在不明]の但し書きがあるように、まだ発見されていない手紙もまた大量にあるようだ。発掘は難しい... もっと読む

雑居家族 (毎日メモリアル図書館)

6
4.00
壺井栄 1999年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

氏も生物学的な親も年齢も事情も違う家族のお話。 六人住まいの「あるじ」六人と、近づいてきては面倒をかける人。 「雑居」っていい言葉だなあ。息苦しくなく... もっと読む

シナリオ 二十四の瞳 (新潮文庫)

5
3.50

感想・レビュー

映画鑑賞、原作鑑賞、再び映画鑑賞…と経てのシナリオ本堪能、一番の収穫は巻末の木下惠介本人によるあとがきか。ちなみにここで言う「映画鑑賞」は高峰秀子主演、オ... もっと読む

石うすの歌 [教科書にでてくる日本の名作童話(第1期)]

3
壺井栄 1995年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

請求記号 F/ニ 資料番号 020007571 もっと読む
全109アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする