夏樹静子のおすすめランキング

プロフィール

一九三八(昭和一三)年東京都生まれ。慶応大学在学中に長編『すれ違った死』が江戸川乱歩賞候補に選ばれる。七〇年『天使が消えていく』が再び同賞の候補になり、単行本化され作家デビューを果たす。七三年『蒸発』で日本推理作家協会賞、八九年に仏訳『第三の女』でフランス犯罪小説大賞、二〇〇七年日本ミステリー文学大賞を受賞。主な著書に『Wの悲劇』『』や「検事 霞夕子」シリーズなどがある。二〇一六年没。

「2018年 『77便に何が起きたか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏樹静子のおすすめランキングのアイテム一覧

夏樹静子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『伊坂幸太郎選 スペシャル・ブレンド・ミステリー 謎005 (講談社文庫)』や『七つの危険な真実 (新潮文庫)』や『Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)』など夏樹静子の全578作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

七つの危険な真実 (新潮文庫)

412
3.18
赤川次郎 2004年1月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大御所の作品で編まれただけあり、安定感はあり。しかし驚きや新鮮味には欠けているのが残念なところ。お気に入りは連城氏の作品。 もっと読む

Wの悲劇 新装版 (光文社文庫)

247
3.56
夏樹静子 2007年4月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年1月2日、読み始め。 2018年1月6日、読了。 エラリー・クイーンを意識しながら書かれた作品のようである。 ちなみに、著者は1938... もっと読む

腰痛放浪記 椅子がこわい (新潮文庫)

158
3.65
夏樹静子 2003年7月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ブログをこちらに書きましたので、宜しければお読みください。 ↓ http://sommelierofbooks.com/study_training_... もっと読む

Wの悲劇 (角川文庫)

132
2.90
夏樹静子 2012年4月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

展開に無理が。 もっと読む

裁判百年史ものがたり (文春文庫)

114
4.04
夏樹静子 2012年9月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本の近代の歴史の中で、重要な裁判について取り扱われています。さすが小説家、というべきか、通常判例で記載される事実の概要とは異なり、ドラマティックに事実が... もっと読む

心療内科を訪ねて―心が痛み、心が治す (新潮文庫)

112
3.42
夏樹静子 2006年7月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「椅子がこわい」の著者 ご自身が、3年にわたり数多くの治療を経験し、最終的に心療内科にかかり腰痛を克服した経験をお持ちである。 その恩返しと言... もっと読む

そして誰かいなくなった (徳間文庫)

83
3.56
夏樹静子 2009年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

海上に浮かぶ豪華クルーザーという“密室”で、ワケありの乗客とクルー達が、アガサ・クリスティの名作に擬えて次々と殺されていく…。 夏樹静子さんは恐らく初読み... もっと読む

てのひらのメモ (文春文庫)

83
3.55
夏樹静子 2012年2月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裁判員かぁ、責任重大だなぁ。 これ、どう判断すればいいのか迷いそう。 他人の意見や見た目や雰囲気などに振り回されそうだ。 人の心の中なんて、他人からわかる... もっと読む

てのひらのメモ

81
3.36
夏樹静子 2009年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裁判員制度に着眼し、裁判の進行を中心に描かれた興味深い内容。 派手な事件ではなく母親が喘息持ちの息子を不注意から死なせてしまい、母親の過失ににどれだけの... もっと読む

裁判百年史ものがたり

80
3.68
夏樹静子 2010年3月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

明治以降の100年間に行われた裁判の中から12事件を選んで、その内容を記したもの。司法判断に大きな影響を与えた重要な裁判について知ることによって、司法その... もっと読む

孤独な放火魔

75
3.08
夏樹静子 2013年1月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新米裁判官の視点で描く。 面白かった。 ひとつひとつの手続きが、丁寧に描かれていて、リアル。 絶対的な証拠が見つかり、すべての伏線がうまく回収される... もっと読む

そして誰かいなくなった (講談社文庫)

74
3.47
夏樹静子 1991年7月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

クローズドサークル系特有の心理作戦、うまく書けていたと思う。置物がひとつなくなって次は誰が?誰が犯人?なんてドキドキしながらあっという間に読んでしまった1... もっと読む

量刑

67
3.81
夏樹静子 2001年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

裁判官が下す量刑の難しさを、小説という形で表した。地裁の裁判長神谷は厳しい判決で有名。が、娘真理が誘拐され担当する事件で有期懲役を出すよう要求される。人が... もっと読む

蒸発―ある愛の終わり (光文社文庫)

66
3.21
夏樹静子 2007年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夏樹静子さんへの追悼の意味も込めて読んでみた。なかなか緻密な構成だけど、主人公も不倫相手も自分勝手過ぎるかな。 もっと読む

量刑〈上〉 (光文社文庫)

64
3.46
夏樹静子 2004年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オススメ本。ボリュームがすごい。 妊娠している母とその娘を轢いてしまい、なおかつ愛人の指示で病院に搬送しようとした所、騒がれて二人とも殺してしまう。... もっと読む

Wの悲劇 (角川文庫 (5679))

60
3.22
夏樹静子 1984年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 先日、たまたま映画版を見て原作が気になっていたところ、図書館の追悼コーナーで見つける。  気にはなっていたものの、書庫収蔵本であり、こんなことでもなけれ... もっと読む

天使が消えていく (光文社文庫)

59
3.33
夏樹静子 1999年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読売の追悼欄で知る。この作者、美人と不倫書かないことには落ち着かないみたいね。女性が書いてるとは思えない!! もっと読む

モラルの罠 (文春文庫)

54
3.32
夏樹静子 2006年2月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「一見平穏な日常生活の中に潜む恐怖」を扱った短編小説集。「モラルの罠」「システムの穴」「偶発」「痛み」「贈り物」の5編を収録。それぞれ結構面白かった。モラ... もっと読む

見えない貌 (光文社文庫)

54
3.61
夏樹静子 2009年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

母親の執念のなせる技か? 「娘のために」という一心で自分でなんとかしようする。 娘の携帯を見つけたところで警察に行きそうなものなんだけどね。 一方、父... もっと読む
全578アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする