外山滋比古のおすすめランキング

プロフィール

外山滋比古
1923年、愛知県に生まれる。東京文理科大学英文科卒業。同大学特別研究生修了。文学博士。雑誌「英語青年」の編集長を十年余り務めた。東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授、昭和女子大学教授などを歴任。お茶の水女子大学名誉教授。『日本語の論理』『日本語の個性』『思考の整理学』『ことばの教養』『日本語の作法』『省略の詩学』『自分の頭で考える』『乱読のセレンディピティ』ほか著書多数。『外山滋比古著作集』(全8巻)がある。

「2022年 『新版 本物のおとな論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外山滋比古のおすすめランキングのアイテム一覧

外山滋比古のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『思考の整理学 (ちくま文庫)』や『本を読む本 (講談社学術文庫)』や『乱読のセレンディピティ』など外山滋比古の全511作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

思考の整理学 (ちくま文庫)

29786
3.69
外山滋比古 1986年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

累計発行部数が263万部のロングセラーの秘密を暴くため読んでみた。 かれこれ25年近く前になるだろうか。僕が学生の頃に、文章を書く苦手意識を少しでも払拭... もっと読む

本を読む本 (講談社学術文庫)

7132
3.76

感想・レビュー

1.著者;アドラーは、1902年生まれ。コロンビア大学を卒業し、シカゴ大学哲学科教授。エンサイクロペディア・ブリタニカ編集長等を歴任。教師が一方的に教える... もっと読む

乱読のセレンディピティ

1472
3.35
外山滋比古 2014年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今年96歳というご高齢でお亡くなりになられた「知の巨匠」外山滋比古の著書。 思いがけないことを発見する能力「セレンディピティ」には、本をジャンルにこだわら... もっと読む

「読み」の整理学 (ちくま文庫)

1443
3.54
外山滋比古 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久々の外山先生。昔、『思考の整理学』や『忘却の整理学』でお世話になった。 また本文にて同じ本を何度も読むことを薦めていたため、本書は2周した。 『読み... もっと読む

乱読のセレンディピティ (扶桑社文庫)

1341
3.55
外山滋比古 2016年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

serendipity。セレンディピティ。思いがけないことを発見する能力。 非常に楽しく読めた。 読みやすい簡潔な文章。文脈に漂うユーモアには何度... もっと読む

思考の整理学 (ちくま文庫)

1206
3.88
外山滋比古 電子書籍 1986年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は、受験などで力を発揮するような受動的に知識を得る「グライダー」型の能力と、自分自身でものごとを発見・発明する「飛行機」型の能力を比較したうえで、「グ... もっと読む

知的生活習慣 (ちくま新書)

1024
3.24
外山滋比古 2015年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

知的生活の術マニュアルではない。特に若者がこのアナログ人間のやり方をそのまま真似たら大変なことになりかねない。1番いいのは、定年リタイアした人が、無理なく... もっと読む

何のために「学ぶ」のか:〈中学生からの大学講義〉1 (ちくまプリマー新書)

967
3.79
外山滋比古 2015年1月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

7人の学びの達人たちが語るため、こちらも襟を正して読んでみた。 ちくまプリマー新書の「中学生からの大学講義」という新書シリーズの第一巻。 中学生に対し... もっと読む

こうやって、考える。

948
3.47
外山滋比古 2017年8月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

外山滋比古氏の21の著書から引用された、150の短文で構成されています。 くしくも、「はじめに」で紹介されているイギリスの”簡潔は智の真髄”ということわざ... もっと読む

こうやって、考える。 (PHP文庫)

897
3.30
外山滋比古 2021年12月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

外山さんの本は難しそうなイメージがあったが、この本は割とわたしにはとっつきやすそうだったので選んだ。著者の考え方などが、あちこちの本から抜粋されてまとめら... もっと読む

知的創造のヒント (ちくま学芸文庫)

879
3.64
外山滋比古 2008年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.元々著者のことが好きなので読みました。 2.ユニークなアイデアは日頃のトレーニングから生まれてきます。本書では、著者が積み重ねてきた日常をオープンに... もっと読む

忘却の整理学

687
3.43
外山滋比古 2009年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一日を過ごすと大小のゴミが頭の中に散乱し、いわゆるエスや自我みたいなものにとらわれるということで、瞑想に近いものを感じる。昔は忘れっぽいことを悪いことだと... もっと読む

ライフワークの思想 (ちくま文庫)

622
3.29
外山滋比古 2009年7月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なるほど、外山滋比古さんの初期の一冊なんだ。と気づいた一冊でした。 その理由の1つは書き方です。 シンプルに、テンポよく読ませる書き方が売りだと思ってい... もっと読む

50代から始める知的生活術~「人生二毛作の生き方」~ (だいわ文庫)

602
3.39
外山滋比古 2015年2月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

もう年齢でバカにしたり、尊敬したりすまい。年齢は関係が弱い。 大事なのは自覚と思考だ。 外山滋比古さんの本はつど嘆息することが多い。 もう10冊... もっと読む

こぽこぽ、珈琲 (おいしい文藝)

531
3.19
阿川佐和子 2017年10月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

一杯の珈琲を巡って蘇る記憶、溢れてくる様々な想い。作家たちの青春時代や近況を窺い知ることができる。珈琲を淹れることは心を落ち着かせる儀式。芳醇な豆の香り。... もっと読む

アイディアのレッスン (ちくま文庫)

493
3.37
外山滋比古 2010年2月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

アイデアを出せるようになる方法論というよりは、「アイデアは出そうと思って出ないものです」と説いた上で、アイデアっていうのはこんな種類があるよという、既に使... もっと読む

ちょっとした勉強のコツ (PHP文庫)

443
3.48
外山滋比古 2008年11月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳は脳だけで機能完結しているわけではない。脳の働きには、身体が強く影響しているので、両方を考えてあげないと効果が出ないよ、という内容。 まずは、姿勢を正... もっと読む

ユーモアのレッスン (中公新書)

412
3.16
外山滋比古 2003年6月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初はユーモアとはどう言うものか? ユーモアの定義とは? 問答から始まってその後 ユーモアの実例や形式が出されてそれの解説の2つに分かれています 最初の... もっと読む

やわらかく、考える。

401
3.12
外山滋比古 2019年8月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.第一段の「こうやって、考える」とセットで読もうと思い、やっと購入しました。読みたい理由は一緒です。 2.思考を柔らかくするには楽しむことが重要。喜ぶ... もっと読む

日本語の作法 (新潮文庫)

399
3.57
外山滋比古 2010年4月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近亡くなられた外山氏のエッセイ。正しい日本語に対する思いが伝わります。 もっと読む
全511アイテム中 1 - 20件を表示

外山滋比古に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×