多川俊映のおすすめランキング

プロフィール

多川俊映(夛川、たがわ しゅんえい)
1947年、奈良市生まれ。立命館大学文学部哲学科心理学専攻卒業。77年、興福寺子院の菩提院住職、89年に興福寺貫首に就任。中金堂再建など、天平伽藍の復興に精力的に取り組んでいる。唯識、仏教文化論の研究を行う一方、執筆・講演活動を積極的に行う。能や詩、音楽などにも関心が深い。
著書に『唯識とはなにか 唯識三十頌を読む』(角川ソフィア文庫)、『貞慶「愚迷発心集」を読む』『唯識入門』(以上、春秋社)、『旅の途中』(日本経済新聞出版社)、『合掌のカタチ』(平凡社)、『心を豊かにする菜根譚33語』(祥伝社黄金文庫)ほか多数。
2018年11月、日経新聞「私の履歴書」連載。

多川俊映のおすすめランキングのアイテム一覧

多川俊映のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『はじめての唯識』や『唯識入門』や『唯識とはなにか 唯識三十頌を読む (角川ソフィア文庫)』など多川俊映の全32作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

はじめての唯識

78
3.67
多川俊映 2001年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『ぼくらの頭脳の鍛え方』 書斎の本棚から百冊(佐藤優選)9 宗教・哲学についての知識で、人間の本質を探究する 多川俊英師は、奈良の興福寺貫首であるとともに... もっと読む

唯識入門

35
4.25
多川俊映 2013年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本経済新聞「私の履歴書」で紹介 深層心理を徹底的に見つめる「唯識」思想を平易に解説する仏教入門書! もっと読む

唯識とはなにか 唯識三十頌を読む (角川ソフィア文庫)

26
4.50
多川俊映 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世親が遺した聖典『唯識三十頌』をテキストに、唯識思想を丁寧にわかりやすく解説している。テキスト自体がよくまとまっている上に、著者による解説も懇切丁寧。この... もっと読む

興福寺のすべて―歴史・教え・美術

19
4.00
多川俊映 2004年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

↓貸出状況確認はこちら↓ http://yamato.lib.nara-wu.ac.jp/webopac/ctlsrh.do?bibid=BB00112... もっと読む

阿修羅像のひみつ 興福寺中金堂落慶記念 (朝日選書)

17
3.00
多川俊映 2018年8月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4~5年前に初めて阿修羅像を興福寺で見て、そのあまりにも神秘的なイケメンぶりに一目惚れして機会があったら専門書を読みたいと思っていた。 今回図書館で借り... もっと読む

旅の途中

9
3.00
多川俊映 2010年1月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2010.04.04 日本経済新聞に紹介されました。 もっと読む

唯識とはなにか 唯識三十頌を読む (角川ソフィア文庫)

8
4.00
多川俊映 電子書籍 2015年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『唯識三十頌』という唯識仏教の書物を解説した本です。唯識論とは文字通り、唯(ただ)認識がある論です。この本を読んだ僕なりの理解ですが、自分を取り巻く世界は... もっと読む

貞慶『愚迷発心集』を読む―心の闇を見つめる

7
4.50
多川俊映 2004年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

奈良・興福寺の貫主さまの本。 もっと読む
全32アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする