多田富雄のおすすめランキング

プロフィール

多田富雄(ただ・とみお、1934-2010) 
1934年、茨城県結城市生まれ。東京大学名誉教授。専攻・免疫学。元・国際免疫学会連合会長。1959年千葉大学医学部卒業。同大学医学部教授、東京大学医学部教授を歴任。71年、免疫応答を調整するサプレッサー(抑制)T細胞を発見、野口英世記念医学賞、エミール・フォン・ベーリング賞、朝日賞など多数受賞。84年文化功労者。
2001年5月2日、出張先の金沢で脳梗塞に倒れ、右半身麻痺と仮性球麻痺の後遺症で構音障害、嚥下障害となる。2010年4月21日死去。
著書に『免疫の意味論』(大佛次郎賞)『生命へのまなざし』『落葉隻語 ことばのかたみ』(以上、青土社)『生命の意味論』『脳の中の能舞台』『残夢整理』(以上、新潮社)『独酌余滴』(日本エッセイストクラブ賞)『懐かしい日々の想い』(以上、朝日新聞出版)『全詩集 歌占』『能の見える風景』『花供養』『詩集 寛容』『多田富雄 新作能全集』(以上、藤原書店)『寡黙なる巨人』(小林秀雄賞)『春楡の木陰で』(以上、集英社)など多数。


「2016年 『多田富雄のコスモロジー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

多田富雄のおすすめランキングのアイテム一覧

多田富雄のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『免疫の意味論』や『免疫学個人授業 (新潮文庫)』や『マザーネイチャーズ・トーク (新潮文庫)』など多田富雄の全82作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

免疫の意味論

405
3.73
多田富雄 1993年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

科学の先端と文学の接点を書いた本としては古典に近いこの本。多田先生の講義を殆どサボっていたこともあり、20年くらい積読になってたんですが、自炊して読みまし... もっと読む

免疫学個人授業 (新潮文庫)

239
3.43
多田富雄 2000年12月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人間は免疫が守っているとは大げさでしょうか。 免疫力をあげること大切なんですね、 どうやって免疫力をあげるのかってのは知らん(笑) たとえば... もっと読む

マザーネイチャーズ・トーク (新潮文庫)

180
3.60
立花隆 1996年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

立花隆が、第一線で活躍する7人の科学者たちへのインタビューを試みた本です。 対話相手となったのは、サル学の河合雅雄、動物行動学の日高敏隆、惑星科学の... もっと読む

生命の意味論

167
3.38
多田富雄 1997年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めて聞く用語ばかりだが、理系名著の多くは 複雑なものを 1つの言葉で単純化しているので、わかりやすい 自己多様化→自己組織化→自己適応の流れは 仕事や... もっと読む

寡黙なる巨人 (集英社文庫)

151
4.03
多田富雄 2010年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

身体が麻痺するとはどういうことか。 血を吐くかの如くの身体感覚の記述に言葉をなくし、自分が、今は動くこの身体を得ている事の奇跡を思い知る。 もっと読む

ユリイカ2009年1月号 特集=米原万里

138
4.08
沼野充義 2008年12月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本当に、いろんな人々に愛されていたんだと思う。 昔働いていた職場が長くお世話になっていらした人でもあり、当時職場の長でいらした先生の同窓生であったそうで... もっと読む

寡黙なる巨人

87
3.59
多田富雄 2007年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

NHKのドキュメンタリーで初めて知った多田富雄さん。 その様相(麻痺した身体)からは想像できな知性・感性が潜んでいる。そして、それ以上に、麻痺した身体と... もっと読む

免疫・「自己」と「非自己」の科学 (NHKブックス)

65
3.12
多田富雄 2001年3月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

免疫のメカニズムから哲学まで、専門外にもわかりやすく説明している本。たまに用語の説明がわかりにくいのがすこしだけ残念だけど、読んでいてわくわくした。 もっと読む

イタリアの旅から―科学者による美術紀行 (新潮文庫)

54
3.50
多田富雄 2012年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

イタリアに行っていない人も、行った人にも楽しい本なのではないでしょうか。 車で移動されているのかなぁ...。どういう風に旅されているのかも興味津々。 もっと読む

言魂

46
3.84
石牟礼道子 2008年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

第一信 受苦ということ 第ニ信 なふ、われは生き人か、死に人か 第三信 老人が生き延びる覚悟 第四信 いまわのきわの祈り 第五信 ユタの目と第三の... もっと読む

露の身ながら―往復書簡 いのちへの対話 (集英社文庫)

46
4.36
多田富雄 2008年8月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

重度の障害を持った 2人の科学者の往復書簡。死生観のやりとりは 素晴らしい もっと読む

落葉隻語 ことばのかたみ

40
4.67
多田富雄 2010年4月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳梗塞で右半身不随となり、嚥下・発声障害を負いながらも、研究や後進の指導にあたっていた著者の最期の時期の筆。 免疫学者でありながら、新作能を書いたりと多... もっと読む

免疫学個人授業

38
3.43
多田富雄 1997年11月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

脳のシステムも免疫システムも、何かの目的のためにあるというよりは、自己目的化している(超システム)。免疫が人を守ることもあるし、免疫によってアレルギーなど... もっと読む

脳の中の能舞台

37
3.82
多田富雄 2001年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

帯に「私は理系の人間で能を見るときもどこか分析的になってしまう」という著者のステレオタイプな言葉に反感を覚えながらも手にとった。理系文系関係なく物事を分析... もっと読む

わたしのリハビリ闘争 最弱者の生存権は守られたか

36
3.64
多田富雄 2007年11月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

免疫学者、多田富雄さん(2001年に脳梗塞を患い、現在右半身麻痺と嚥下・発生障害のリハビリ中)が、厚生労働省が2006年4月に突如導入した、リハビリ診療報... もっと読む

残夢整理―昭和の青春

36
3.80
多田富雄 2010年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1934年生まれ、2010年没。 青年期に戦後を過ごして来たそうした人のエッセイである。 右派ではないが、日本は確かに 敗戦を経て接ぎ木をされたというの... もっと読む

邂逅

35
4.00
多田富雄 2003年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

免疫学者の多田富雄さんと、社会学者の鶴見和子さんの往復書簡による対談集。多田さんは脳梗塞で倒れた後、言葉を発することができなくなったにもかかわらず、慣れな... もっと読む

独酌余滴 (朝日文庫)

29
3.86
多田富雄 2006年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この人の書くものには匂いや色がある。 「ここに集めたのは、軽い酩酊の中で考えた余滴」 と著者本人が言うように、短い文章を集めたもの。 考えさ... もっと読む

「私」はなぜ存在するか―脳・免疫・ゲノム

29
3.15
多田富雄 1994年9月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難しかった。で何なのかよく分からなかった。理由もなく読んだせいだと思う。 もっと読む
全82アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする