大倉崇裕のおすすめランキング

プロフィール

1969年京都生まれ。98年「ツール&ストール」で小説推理新人賞を受賞。同作品に始まる“白戸修の事件簿”などがTVドラマ化された他、アニメ・名探偵コナンシリーズでは脚本陣の常連である。多彩な作風の中で、本書主人公の便利屋兼探偵倉持が槍ヶ岳に挑む『夏雷』(祥伝社文庫)などの山岳ミステリーも好評。

「2020年 『秋霧』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大倉崇裕のおすすめランキングのアイテム一覧

大倉崇裕のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)』や『福家警部補の再訪 (創元推理文庫)』や『白戸修の事件簿 (双葉文庫)』など大倉崇裕の全193作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

887
3.50
大倉崇裕 2008年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

>NHK版もフジテレビ版も、福家が柳田をいつ怪しいと思ったかという部分をなぜ省略してしまうのか。倒叙ミステリ史に残る抜群のアイディアなのに。(大意) ... もっと読む

福家警部補の再訪 (創元推理文庫)

420
3.63
大倉崇裕 2013年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初に犯人視点で、物語が始まり、刑事役の主人公が、徐々に真相に迫る倒叙ミステリの第2弾。 とぼけたキャラクターの福家警部補が、いかに真相に近づいて行くか... もっと読む

白戸修の事件簿 (双葉文庫)

390
3.50
大倉崇裕 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頼りないヤツだけど信頼できる、お人好しだけど頼れるヤツ、そんな風に友人たちから思われている白戸修、ごく普通の大学生がなぜか次々と事件に巻き込まれてしまうお... もっと読む

小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)

334
3.79
大倉崇裕 2012年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

拘留されている容疑者の飼っているペットを、飼い主不在の間の世話をする「警視庁総務部総務課動植物管理係(長い!)」。職務中の負傷により、第一線を一時降板しリ... もっと読む

三人目の幽霊 (創元推理文庫)

309
3.24
大倉崇裕 2007年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落語雑誌の編集者が、東京下町で発生する事件(謎?)を解決する短編集。 落語の内容や落語界のちょっとした蘊蓄に絡めて物語が展開するところが楽しく、寄席に行き... もっと読む

オチケン! (ミステリーYA!)

299
3.37
大倉崇裕 2007年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

越智健一という名前だったばかりに、廃部寸前の落語研究会(オチケン)に入部させられてしまい、部室争奪戦に巻き込まれるという、ほのぼのミステリー。 落語は今... もっと読む

福家警部補の報告 (創元クライム・クラブ)

297
3.73
大倉崇裕 2013年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福家警部補シリーズ第3弾 ドジっぷりと飄々とした中でも誰よりも鋭く事件を見抜いている様子は相変わらず。 なぜか今回は福家警部補の事件を解決したいがための無... もっと読む

問題物件

288
3.01
大倉崇裕 2013年8月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2019.03.30 面白い! が感想だったけど終わりをはっきりして欲しかったな。 もっと読む

小鳥を愛した容疑者

260
3.62
大倉崇裕 2010年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ペットのアンソロジー」で読んで、他の作品も読んでみたいと思った大倉嵩裕さんの作品。4作からなり、ペットの小鳥・ヘビ・カメ・フクロウから事件を解決していく... もっと読む

福家警部補の挨拶 (創元クライム・クラブ)

256
3.32
大倉崇裕 2006年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今春読んだ降田天著『偽りの春』が気に入って、倒叙ミステリーを探り発掘した。それなりに地位を築いた人物たちが、彼らにとって決して失うことのできぬモノを守るた... もっと読む

福家警部補の再訪 (創元クライム・クラブ)

249
3.51
大倉崇裕 2009年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

シリーズ二作目。順番を飛ばしたけど楽しめる。警備会社社長、脚本家、ベテラン漫才師、天才造形師と福家警部補の対決。クオリティが高く、全編楽しめる。解説がとて... もっと読む

蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係

247
3.47
大倉崇裕 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新興宗教団体にかかわる事件で、捜査を指揮していた警視庁の管理官が銃撃された。庁内が緊張に包まれる中、都内近郊の各地ではスズメバチが人を襲う事故が続けて起こ... もっと読む

ペットのアンソロジー (光文社文庫)

244
3.51
我孫子武丸 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近藤史恵さんリクエスト、という文言に惹かれて購入しました。近藤史恵さん、井上夢人さんの作品が読みたかったのもありますが、どの作品も面白かったです。近藤史恵... もっと読む

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

234
3.60
大倉崇裕 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物達みんな大切にしてもらってる子ばかりで本当に良かった。 薄さんの実力はその方面で有名なんだ…けど須藤さんとの仕事を楽しんでくれて嬉しくなりました。 もっと読む

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

222
3.30
大倉崇裕 電子書籍 2008年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

犯人視点で犯罪発生からの警部補登場。倒叙ミステリー。女版コロンボ、犯人側からするととても嫌な人である。 もっと読む

福家警部補の追及 (創元クライム・クラブ)

218
3.31
大倉崇裕 2015年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

安定の倒述もの。 手がかりや犯人のミスから追い詰めていくのが、ゾワゾワする。 息子に夢を託すクライマーの話と動物と自分の居場所を守るために殺人を犯す女性の... もっと読む

時を生きる種族 (ファンタスティック時間SF傑作選) (創元SF文庫)

203
3.50
R・F・ヤング 2013年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は時間SFの7作を収録したアンソロジーです。 収録された作家は、「たんぽぽ娘」で有名なロバート・F・ヤングやマイケル・ムアコック、シルヴァーバーグ、... もっと読む

七度狐 (創元推理文庫)

200
3.42
大倉崇裕 2009年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落語のエピソードを交えたライトミステリーを期待していたのですが、内容はドロドロした重いものでした。 しかも、芸へのこだわりならまだしも、動機と事件内容のバ... もっと読む

川に死体のある風景 (創元クライム・クラブ)

194
3.08
綾辻行人 2006年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

川×死体。 6人の作家の競作。 一冊で色々楽しめます。 個人的には、歌野晶午さんの玉川上死、綾辻さんの悪霊憑き、が好みでした。 最後の有栖川さんの、桜川の... もっと読む

クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係

189
3.59
大倉崇裕 2017年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

警視庁いきもの係シリーズ第4弾で、今回はピラニア、クジャク、ハリネズミ。 先日第5弾を読んでから1冊抜かしていたことに気づいたが、短編集なので特に問題は... もっと読む
全193アイテム中 1 - 20件を表示

大倉崇裕に関連する談話室の質問

ツイートする
×