大倉崇裕のおすすめランキング

プロフィール

1968年生まれ、京都府出身。学習院大学法学部卒業。’97年、「三人目の幽霊」で第4回創元推理短編賞佳作。’98年、「ツール&ストール」で第20回小説推理新人賞を受賞。『福家警部補の挨拶』の中の一編はドラマ化されるなど人気を博す。

「2018年 『BLOOD ARM』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大倉崇裕のおすすめランキングのアイテム一覧

大倉崇裕のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)』や『福家警部補の再訪 (創元推理文庫)』や『白戸修の事件簿 (双葉文庫)』など大倉崇裕の全160作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

福家警部補の挨拶 (創元推理文庫)

761
3.50
大倉崇裕 2008年12月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

>NHK版もフジテレビ版も、福家が柳田をいつ怪しいと思ったかという部分をなぜ省略してしまうのか。倒叙ミステリ史に残る抜群のアイディアなのに。(大意) ... もっと読む

福家警部補の再訪 (創元推理文庫)

355
3.63
大倉崇裕 2013年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最初に犯人視点で、物語が始まり、刑事役の主人公が、徐々に真相に迫る倒叙ミステリの第2弾。 とぼけたキャラクターの福家警部補が、いかに真相に近づいて行くか... もっと読む

白戸修の事件簿 (双葉文庫)

345
3.50
大倉崇裕 2005年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頼りないヤツだけど信頼できる、お人好しだけど頼れるヤツ、そんな風に友人たちから思われている白戸修、ごく普通の大学生がなぜか次々と事件に巻き込まれてしまうお... もっと読む

オチケン! (ミステリーYA!)

272
3.37
大倉崇裕 2007年10月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

越智健一という名前だったばかりに、廃部寸前の落語研究会(オチケン)に入部させられてしまい、部室争奪戦に巻き込まれるという、ほのぼのミステリー。 落語は今... もっと読む

三人目の幽霊 (創元推理文庫)

270
3.20
大倉崇裕 2007年6月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

落語ミステリー。探偵役である牧のキャラがいい。 「季刊落語」編集部の一員となった女性・間宮緑が主人公。編集の牧は老齢に差し掛かった風采の上がらない男で、普... もっと読む

小鳥を愛した容疑者 (講談社文庫)

267
3.73
大倉崇裕 2012年11月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

拘留されている容疑者の飼っているペットを、飼い主不在の間の世話をする「警視庁総務部総務課動植物管理係(長い!)」。職務中の負傷により、第一線を一時降板しリ... もっと読む

福家警部補の報告 (創元クライム・クラブ)

266
3.76
大倉崇裕 2013年2月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福家警部補シリーズ第3弾 ドジっぷりと飄々とした中でも誰よりも鋭く事件を見抜いている様子は相変わらず。 なぜか今回は福家警部補の事件を解決したいがための無... もっと読む

問題物件

259
3.04
大倉崇裕 2013年8月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

難病に苦しむ前社長の息子の世話係で雇われた主人公。 対派閥のせいで、面倒な物件問題解決係に。 すべて短編で、息子の病状以外、ほぼ連続感はなし。 ... もっと読む

小鳥を愛した容疑者

231
3.66
大倉崇裕 2010年7月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ペットのアンソロジー」で読んで、他の作品も読んでみたいと思った大倉嵩裕さんの作品。4作からなり、ペットの小鳥・ヘビ・カメ・フクロウから事件を解決していく... もっと読む

福家警部補の挨拶 (創元クライム・クラブ)

229
3.35
大倉崇裕 2006年6月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

刑事コロンボ、古畑任三郎の系統ですね。 小説よりも映像の方がいいと思います。 小説では福家警部補の個性が分かりずらいですね。 テレビで見てみたいです。 もっと読む

福家警部補の再訪 (創元クライム・クラブ)

222
3.50
大倉崇裕 2009年5月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

福家警部補が活躍する、倒叙形式ミステリーの第2作です。4作の短編が収録されていましたが、その中では人気脚本家の事件「失われた灯」が一番面白かったです。 第... もっと読む

ペットのアンソロジー (光文社文庫)

209
3.54
我孫子武丸 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近藤史恵さんリクエスト、という文言に惹かれて購入しました。近藤史恵さん、井上夢人さんの作品が読みたかったのもありますが、どの作品も面白かったです。近藤史恵... もっと読む

蜂に魅かれた容疑者 警視庁総務部動植物管理係

205
3.52
大倉崇裕 2014年7月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新興宗教団体にかかわる事件で、捜査を指揮していた警視庁の管理官が銃撃された。庁内が緊張に包まれる中、都内近郊の各地ではスズメバチが人を襲う事故が続けて起こ... もっと読む

ペンギンを愛した容疑者 警視庁総務部動植物管理係

195
3.62
大倉崇裕 2015年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

動物達みんな大切にしてもらってる子ばかりで本当に良かった。 薄さんの実力はその方面で有名なんだ…けど須藤さんとの仕事を楽しんでくれて嬉しくなりました。 もっと読む

川に死体のある風景 (創元クライム・クラブ)

186
3.08
綾辻行人 2006年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いろんな方の作品が読めてよかった。 もっと読む

福家警部補の追及 (創元クライム・クラブ)

177
3.29
大倉崇裕 2015年4月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

約3年半振りに読んだ第4作目。久々に読んでもテレビドラマの檀れいさんのイメージが残っている。この2作のスペシャルドラマ化があってもよさそう。倒叙ものはどう... もっと読む

時を生きる種族 (ファンタスティック時間SF傑作選) (創元SF文庫)

169
3.55
R・F・ヤング 2013年7月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書は時間SFの7作を収録したアンソロジーです。 収録された作家は、「たんぽぽ娘」で有名なロバート・F・ヤングやマイケル・ムアコック、シルヴァーバーグ、... もっと読む

白戸修の狼狽

167
3.40
大倉崇裕 2010年4月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

社会人になったお人好しな白戸修。ライブ、盗聴器、ブルーマンフィギュア..また鬼門の中野を中心に事件に巻き込まれていく。 2015.04.29読了 もっと読む

七度狐 (創元推理文庫)

166
3.42
大倉崇裕 2009年7月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

内容(「BOOK」データベースより) 静岡に行ってくれないかな―北海道出張中の牧編集長から電話を受け、緑は単身杵槌村へ取材に赴く。ここで名跡の後継者... もっと読む

川に死体のある風景 (創元推理文庫)

164
3.33
大倉崇裕 2010年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

非常識な行いで社会に迷惑をかけている輩がヒーローと祭り上げられ、無遅刻無欠勤の者はつまらない人間だと謂れのない侮りを受ける昨今。刺激を求める世相が無節操な... もっと読む
全160アイテム中 1 - 20件を表示

大倉崇裕に関連する談話室の質問

ツイートする