大前研一のおすすめランキング

プロフィール

1943年、福岡県生まれ。早稲田大学理工学部卒業後、東京工業大学大学院原子核工学科で修士号を、マサチューセッツ工科大学大学院原子力工学科で博士号を取得。(株)日立製作所原子力開発部技師を経て、1972年、マッキンゼー・アンド・カンパニー・インク入社。 以来ディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長を務める。現在はビジネス・ブレークスルー大学学長を務めるとともに、世界の大企業やアジア・太平洋における国家レベルのアドバイザーとして活躍のかたわら、グローバルな視点と大胆な発想で、活発な提言を行っている。

「2018年 『勝ち組企業の「ビジネスモデル」大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大前研一のおすすめランキングのアイテム一覧

大前研一のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか』や『ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代』や『企業参謀 (講談社文庫)』など大前研一の全679作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

モチベーション3.0 持続する「やる気!」をいかに引き出すか

4406
3.91

感想・レビュー

「ハイコンセプト」に惹かれて、ダニエル・ピンク氏の著書を手に取ってみた。日々の仕事に嫌気がさしている。モチベーションが上がらない社会人必見の1冊。 ... もっと読む

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

4120
3.81

感想・レビュー

田尻慎太郎先生 推薦 いま私たちが欲しいのはアメリカでデザインされ中国で組み立てられているiPhoneだったりMacBookだったりするだろう。レッ... もっと読む

企業参謀 (講談社文庫)

2154
3.70
大前研一 1985年10月8日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

企業分析に関する本です。 「ニュージーランド沖の日本イカ船団」のような具体的分析事例が掲載されていて、それぞれ興味深く読むことができました。 ただ... もっと読む

この国を出よ

1992
3.81
大前研一 2010年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大前氏とユニクロ社長・柳井氏との往復書簡のような体裁で(実際は対談が元になっているんだろうか)、現代日本の病巣をえぐり、解決の方向を模索する。 第1... もっと読む

企業参謀―戦略的思考とはなにか

1782
3.75
大前研一 1999年10月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

上司オススメの一冊 【ざっと内容】 大前研一当時の経済の見方や組織運営の仕方がギュッと詰まった一冊。抽象的な考え方から具体的な指標の見方まで幅広く触れら... もっと読む

考える技術

1772
3.55
大前研一 2004年11月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思考の組み立て方についてわかり易く事例をもとに 説明されています。良い一冊だと思います。 大前さんには共感できる部分も多いですし、理解し易いですね。 ... もっと読む

お金の流れが変わった! (PHP新書)

1668
3.69
大前研一 2010年12月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1.この本をひと言でまとめると  個人金融資産とホームレスマネーで経済成長できる 2.お気に入りコンテンツとその理由を3から5個程度 ・日本の政府... もっと読む

ザ・プロフェッショナル

1427
3.55
大前研一 2005年9月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

【感想】 いきなりですが・・・ 「プロフェッショナル」というワードそのものが本当にカッコ良くて、僕はそうなりたいな~と日々思っています。 そんな中で... もっと読む

「知の衰退」からいかに脱出するか?

1320
3.86
大前研一 2009年1月23日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

★心に響いた言葉 考えることは疑うことから出発する 心理学的に、選択肢が増えれば増えるほど単純なものに惹かれてしまう。多すぎて選べなくなり、そ... もっと読む

稼ぐ力: 「仕事がなくなる」時代の新しい働き方

1052
3.70
大前研一 2013年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今後は更にプロ意識を持って働かねば生き残れなくなってくる。稼ぎたいのであれば自己研鑽を怠らず努力すべき。しかしゆっくりとプライベートの時間を充実させること... もっと読む

やりたいことは全部やれ! (講談社文庫)

769
3.19
大前研一 2005年5月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大前研一氏が、「死ぬときに貯蓄をゼロにする」という考え方が人生を豊かにし経済も上手くいくと説いている一冊。 基本的には著者が600回以上の海外旅行の... もっと読む

日本復興計画 Japan;The Road to Recovery

750
3.43
大前研一 2011年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ゲンパツ長屋の大家は小言・研一~悪魔のシナリオとなり,日本の原子力産業は壊滅した。私が柏崎の事故で提案したことを実施しなかったからだが,起こってしまったこ... もっと読む

エクセレント・カンパニー (Eijipress business classics)

750
3.48
トム・ピーターズ 2003年7月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

○重要となるのは、小数のどうしようもないのろまでもなければ、ひとにぎりのやり手でもない。むしろ、ごく普通の人々に気を配り、彼らをのびのびと働かせることだ。... もっと読む

マネー力 (PHPビジネス新書)

732
3.35
大前研一 2009年1月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本人のお金に対する知識の無さが説明されている。海外の人は、自国でインフレが起こってもドルに替えてインフレ対策をする、といった知識は回るのに、日本人は‘円... もっと読む

質問する力 (文春文庫)

725
3.45
大前研一 2005年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつ読んだかもう忘れてしまったが・・・ 1985年以降の世界の変化を分かりやすく解説。 例えばインターネットが普及してから 何が変わっ... もっと読む

考える技術 (講談社文庫)

724
3.69
大前研一 2009年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

相手の心を動かすのはあくまでも論理構成 知的に怠惰な人間は生き残れない:日本の教育の弊害(①対価のないものに対して努力しない悪癖がつく、②答えのある問題だ... もっと読む

続企業参謀 (講談社文庫)

722
3.59
大前研一 1986年2月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

前著に続き、企業における戦略とは何か?参謀とはなにか?を深く考えさせてくれる本。しかし、難しい。大前氏の考え方のプロセスを追うだけでも、かなり思考力がいる... もっと読む
全679アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする