大城立裕のおすすめランキング

プロフィール

大城立裕(おおしろ・たつひろ)
1925年沖縄県中頭郡中城村生まれ。沖縄県立二中を卒業後、上海の東亜同文書院大学予科に入学。敗戦で大学閉鎖のため、学部中退。’47年琉球列島米穀生産土地開拓庁に就職。’48年野嵩(現普天間)高校教師に転職し文学と演劇の指導にあたる。’49年『老翁記』で小説デビュー。’59年『小説琉球処分』連載開始。’67年『カクテル・パーティー』で芥川賞受賞。『恩讐の日本』、『まぼろしの祖国』、『恋を売る家』など著作多数。また沖縄史料編集所所長、沖縄県立博物館長などを歴任。

「2015年 『対馬丸』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大城立裕のおすすめランキングのアイテム一覧

大城立裕のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『小説 琉球処分(上) (講談社文庫)』や『小説 琉球処分(下) (講談社文庫)』や『カクテル・パーティー (岩波現代文庫)』など大城立裕の全135作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

小説 琉球処分(上) (講談社文庫)

338
3.71
大城立裕 2010年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

近代国家建設を進める明治政府に翻弄される琉球。琉球にとって日本とはどのような存在だったのか?興味深い もっと読む

小説 琉球処分(下) (講談社文庫)

254
3.82
大城立裕 2010年8月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読んだ限りは決して忘れてはいけない。武器を持たない国に生まれ、琉球王を頭に頂く人々の子孫が、太平洋戦争において、日本のために武器をとって戦ったとい... もっと読む

カクテル・パーティー (岩波現代文庫)

168
3.46
大城立裕 2011年9月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

芥川賞受賞作を読み進めているが、出来事の羅列だけにしか思えなかった。本作のどこに人間が描かれているのか全くわからず。 同じく米軍などが出てくる『アメリカ... もっと読む

レールの向こう

46
2.50
大城立裕 2015年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

沖縄の文豪、大城立裕さんが亡くなられた。 ファンというほど著書を読んでいないが、「琉球処分」は読みやすくわかりやすく、沖縄の歴史を小説にするという手法が... もっと読む

焼け跡の高校教師 (集英社文庫)

45
2.80
大城立裕 2020年5月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

~2021.07.23 戦後の混乱期に、様々な模索をしながら、教育者として何をすべき、将来、どうあるべきか、を考えているなんて、すごい、の一言です。 ... もっと読む

現代沖縄文学作品選 (講談社文芸文庫)

42
3.67
大城立裕 2011年7月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 1972年5月15日は沖縄にとって特別な日である。27年におよぶアメリカの統治が終結し、沖縄県が日本に復帰した日なのだ。琉球、日本、アメリカと歴史の波に... もっと読む

対馬丸 (講談社文庫)

31
4.00
大城立裕 2015年3月13日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「対馬丸」大城立裕著、講談社文庫、2015.03.13 310p ¥788 C0193 (2020.10.09読了)(2019.01.23購入) 単行... もっと読む

あなた

30
2.75
大城立裕 2018年8月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

他界した妻との日々を綴った「あなた」、普天間基地移設と建設会社を営む甥の立場をからめた「辺野古遠望」、同期会と若かりし頃の仲間を思う「B組会始末」「拈華微... もっと読む

芥川賞全集 第7巻 されどわれらが日々,玩具,北の河,夏の流れ,カクテル・パーティー 他

26
3.33
柴田翔 1982年8月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

東大入試が中止された頃に読んだ。書棚のこの本を見るたびに、若かりし頃が懐かしくよみがえります。 もっと読む

普天間よ

25
3.38

感想・レビュー

艦砲の音が鳴り響く中、南へと逃げる人々。 焼け尽くされた風景。そこに浮かび上がってくる暮らし。生きてきた軌跡。その人その人の戦争の記憶。沖縄の文化。 ... もっと読む

文学2016 (文学選集)

19
3.80
青山七恵 2016年4月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

作家の力量というか見せ場、ツール・ド・フランスで言ったらタイムトライアル日? 今まで読んだ事が無かった作家の掘り起こしにアンソロジーは最適。 敢えてベスト... もっと読む

対馬丸 (名作の森)

18
3.40
大城立裕 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2010.04.25 朝日新聞に紹介されました。 もっと読む

対馬丸―さようなら沖縄 (フォア文庫)

13
4.00
大城立裕 1987年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和19年8月21日、太平洋戦争の真っただ中、戦地になることを恐れた島民たちにより沖縄の子どもたち八百数十名を乗せた学童疎開船対馬丸は、本土に向けて出港し... もっと読む

日の果てから (講談社文芸文庫)

11
3.00
大城立裕 2000年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦争の影響で沖縄の文化がどう変わったかを探ろうという試み「三部作・戦争と文化」の第一部。 砲撃から逃れるため人々が南へと歩いていく。刑務所もまた、そ... もっと読む

小説 琉球処分 (原点叢書)

10
3.67

感想・レビュー

明治5年から12年までの、琉球国から沖縄県にいたる「琉球処分」を日琉双方(主に琉球)の視点から描いている。武力を持たない国、琉球では武力闘争が起こるわけも... もっと読む

カクテル・パーティー

8
3.75

感想・レビュー

米国統治下の沖縄を舞台に、沖縄人のアイデンティティーの真の姿を描き出そうと、作者は沖縄人である主人公のほかに、中国語学習サークル仲間の下記の3人を交互に配... もっと読む
全135アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×