大塚紳一郎のおすすめランキング

プロフィール

1980年、東京都に生まれる。臨床心理士。2002年慶應義塾大学文学部卒。2009年甲南大学大学院人文科学研究科博士後期課程単位取得退学。現在、ISAP(チューリッヒ)在学。訳書 ランク『出生外傷』(共訳、2013)メツル/カークランド編『不健康は悪なのか』(共訳、2015)ユング『ユング 夢分析論』(共訳、2016)同『心理療法の実践』(共訳、2018)同『分析心理学セミナー』(共訳、2019)チェインバーズ『心理学の7つの大罪』(2019、以上みすず書房)フェレンツィ『精神分析への最後の貢献』(共訳、岩崎学術出版社、2007)。

「2019年 『分析心理学セミナー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大塚紳一郎のおすすめランキングのアイテム一覧

大塚紳一郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『不健康は悪なのか――健康をモラル化する世界』や『心理学の7つの大罪――真の科学であるために私たちがすべきこと』や『ユング 夢分析論』など大塚紳一郎の全7作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

心理学の7つの大罪――真の科学であるために私たちがすべきこと

134
4.08

感想・レビュー

心理学論文の欠点、更には心理学の学問としての在り方を問う1冊。登録制報告を解決策として挙げている。 悪意ある学者を生むシステムに危機感を持つことができた... もっと読む

ユング 夢分析論

48
4.00

感想・レビュー

2階心理学C : 146.1/JUN : 3410162579 もっと読む

出生外傷

21
4.00
オットー・ランク 2013年8月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

9月新着 東京大学医学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_search/?amo... もっと読む

分析心理学セミナー

18

感想・レビュー

9月新着 東京大学医学図書館の所蔵情報 https://opac.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/opac/opac_search/?amode... もっと読む
全7アイテム中 1 - 7件を表示
ツイートする
×