大岡敏昭のおすすめランキング

プロフィール

大岡敏昭(おおおか としあき)
1944年、神戸市生まれ。熊本県立大学名誉教授。九州大学大学院博士課程(建築学専攻)修了。工学博士。主な著書に『日本の住まい その源流を探る―現代から古代、中国のすまい』(相模書房)、『清閑の暮らし(陶淵明、白楽天、兼明親王、慶滋保胤、西行、鴨長明、芭蕉、良寛たちの家と暮らしの風景をたどる)』(草思社)、『武士の絵日記―幕末の暮らしと住まいの風景』(角川ソフイア文庫)、『江戸時代の家─暮らしの息吹を伝える』(水曜社)などがある。

「2018年 『三人の詩人たちと家』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大岡敏昭のおすすめランキングのアイテム一覧

大岡敏昭のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『幕末下級武士の絵日記―その暮らしと住まいの風景を読む』や『武士の絵日記 幕末の暮らしと住まいの風景 (角川ソフィア文庫)』や『江戸時代の家 暮らしの息吹を伝える』など大岡敏昭の全16作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

幕末下級武士の絵日記―その暮らしと住まいの風景を読む

87
3.69
大岡敏昭 2007年5月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

忍藩(埼玉県行田市)の尾崎隼之介(字は石城)十人扶持。元は御馬廻役百石。29歳の時に藩政を論じたために蟄居。33歳独身。養子先の尾崎家を追い出され、妹夫婦... もっと読む

武士の絵日記 幕末の暮らしと住まいの風景 (角川ソフィア文庫)

76
3.73
大岡敏昭 2014年11月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

幕末の忍藩(現在の埼玉県)に暮らした尾崎石城という武士が残した絵日記の抜粋と詳しい解説からなる本です。 元は中級武士だった彼は藩政を批判する上書を提出し... もっと読む

江戸時代の家 暮らしの息吹を伝える

37
3.67
大岡敏昭 2017年11月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

https://www.opac.lib.tmu.ac.jp/webopac/catdbl.do?pkey=BB02349097&initFlg=_RES... もっと読む

清閑の暮らし: 隠者たちはどんな庵に住んでいたのか

23
4.00
大岡敏昭 2013年11月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

180520 中央図書館 歴史上の隠遁者、世捨て人の「庵」のレイアウトスケッチが面白いけど。 もっと読む

武士の絵日記 幕末の暮らしと住まいの風景 (角川ソフィア文庫)

11
5.00
大岡敏昭 電子書籍 2014年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

現在の埼玉県行田市にあった忍藩十万石の下級武士の尾崎石城の絵日記。彼は絵も書も上手であったらしく、人々から頼まれて屏風絵や扇絵などを描いている。この絵日記... もっと読む

武士の絵日記 幕末の暮らしと住まいの風景

大岡敏昭 電子書籍 2014年11月26日 BookLive!で見る BookLive! ¥ 730
忍藩の下級武士が描いた『石城日記』。飄々とした作者の人柄がにじみ出ており、思わず吹き出すような滑稽味にも溢れている。貧し... もっと読む
全16アイテム中 1 - 16件を表示
ツイートする