大岡昇平のおすすめランキング

プロフィール

明治四十二年(一九〇九)東京牛込に生まれる。成城高校を経て京大文学部仏文科に入学。成城時代、東大生の小林秀雄にフランス語の個人指導を受け、中原中也、河上徹太郎らを知る。昭和七年京大卒業後、スタンダールの翻訳、文芸批評を試みる。昭和十九年三月召集の後、フィリピン、ミンドロ島に派遣され、二十年一月米軍の俘虜となり、十二月復員。昭和二十三年『俘虜記』を「文学界」に発表。以後『武蔵野夫人』『野火』(読売文学賞)『花影』(新潮社文学賞)『将門記』『中原中也』(野間文芸賞)『歴史小説の問題』『事件』(日本推理作家協会賞)『雲の肖像』等を発表、この間、昭和四十七年『レイテ戦記』により毎日芸術賞を受賞した。昭和六十三年(一九八八)死去。

大岡昇平のおすすめランキングのアイテム一覧

大岡昇平のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『野火(のび) (新潮文庫)』や『俘虜記 (新潮文庫)』や『レイテ戦記 (上巻) (中公文庫)』など大岡昇平の全417作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

野火(のび) (新潮文庫)

1766
3.71
大岡昇平 1954年5月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「戦争文学」の傑作と名高い作品を読む。 なんか重そう、と今まで読むのを避けてたんだけど、まあ、面白い。濃い。しかも美しい。 死を前にしたとき、南の... もっと読む

俘虜記 (新潮文庫)

490
3.56
大岡昇平 1967年8月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

従軍した著者が語る捕虜収容所の実体験。正直、南方の収容所のエピソードはだいたい似通っている。日本人の戦記ものに特有の、軍隊の上下関係や食料調達などの滑稽さ... もっと読む

レイテ戦記 (上巻) (中公文庫)

235
3.57
大岡昇平 1974年9月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これはいわゆる小説ではなかった。いわゆる資料である。読むのに疲れる。よく調べたし、作品としては優秀なのだろうけど、私の期待していたものとは違った。 もっと読む

事件 (新潮文庫)

191
3.62
大岡昇平 1980年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これも部長から、面白いと言われて借りたけど、確かに面白かった。捜査に不備があった事件ということで、刑事裁判の進展に沿って事実が見事明らかになって判決に至る... もっと読む

武蔵野夫人 (新潮文庫)

177
3.37
大岡昇平 1953年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、国分寺の「はけ」を散策する機会に恵まれたため、その辺りが舞台となっているこの小説を再読しました。 自分の比較文学のM論に取り入れた作品ながら、「は... もっと読む

レイテ戦記 (下) (中公文庫)

145
3.76
大岡昇平 1974年11月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

戦記文学。 生還率3%とされるレイテ戦について、日米双方の記録や証言に基づいて構成されている。 周知の通り著者はミンドロ島の戦役に従軍している。巻末で... もっと読む

レイテ戦記 (中巻) (中公文庫)

142
3.67
大岡昇平 1974年10月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

4122001412  474p 1995・8・25 15版 もっと読む

ながい旅 (角川文庫)

140
3.59
大岡昇平 2007年12月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「明日への遺言」の原作 B級戦犯として起訴された岡田資中将の裁判の記録です。 小説ではなく、レポートです。 なので、ぶっちゃけ読みにくいです ... もっと読む

事件 (創元推理文庫)

99
3.61
大岡昇平 2017年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いやいや汗、久しぶりに読むの苦労した笑笑 でも裁判官、検事、弁護人の役割と裁判という根本を教えてくれる本。この本を読んで途中に思った陪審員制度なんて素人が... もっと読む

靴の話―大岡昇平戦争小説集 (集英社文庫)

94
3.23
大岡昇平 1996年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

昭和19年、35歳で召集。 <私は改めて周囲の米兵を観察し始めた> 捕虜となっても、冷静な姿勢を崩さないことに驚く、「捉まるまで」から。 表題作「靴の話... もっと読む

中原中也 (講談社文芸文庫)

94
3.61
大岡昇平 1989年2月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

中原中也と交流のあった著者による評伝。中也という人間の「弱さ」から目を背けることなく、むしろ中也がそれらの欠点をどのようにして超えようとしたのかというとこ... もっと読む

野火 (角川文庫)

74
3.70
大岡昇平 1970年3月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017/05 もっと読む

花影 (講談社文芸文庫)

71
3.27
大岡昇平 2006年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

フロベールの「ボヴァリー夫人」を彷彿とさせる葉子。 最初から葉子の運命は決まっていた。なにせ葉子のモデルは自殺した作者の愛人なのだから。けれども、現実を... もっと読む

野火;ハムレット日記 (岩波文庫)

67
3.81
大岡昇平 1988年5月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・「野火」要約 病のため分隊を追われた主人公田村一等兵は、絶望的な戦いの舞台であるフィリピンの原野に投げ出された。放浪の後、田村は、海に臨んだ村の会堂の... もっと読む

酔っぱらい読本 (講談社文芸文庫)

58
4.27
丸谷才一 2012年3月10日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

夢屋書店伊勢崎、¥1365. もっと読む

野火(新潮文庫)

56
3.81
大岡昇平 電子書籍 1954年4月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

よくわからない小説だった。 解説もよくわからん。 高校のとき、 高校の図書館で レイテ戦記 を借りて読んだが、 レイテ戦記は難しくなかった。 ... もっと読む

花影 (新潮文庫)

51
3.63
大岡昇平 1963年6月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

久しぶりに読み返したけど、50年ぐらい前の文章なのに全然読みにくくないのがすごい。 物語に昨今のミステリ小説みたいな大きな起伏はないのだけど、人と人... もっと読む

野火 (愛と青春の名作集)

42
3.57
大岡昇平 1997年4月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

新潮文庫で読んだのですが、本棚登録出来ずこちらへ。すみません。 どうするかなんて分からない。 出来たら避けたい。避ける。 しかし、避けたいが残してきた人... もっと読む

戦争 (岩波現代文庫)

35
3.88
大岡昇平 2007年7月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大正デモクラシー期に思想形成したはずだが、同世代の丸山真男らと対照的。「いつか来た道とは思わない」と、当時の左派のキャッチフレーズを容赦なく粉砕。戦場体験... もっと読む

現代小説作法 (ちくま学芸文庫)

34
4.67
大岡昇平 2014年8月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

実作者として。 もっと読む
全417アイテム中 1 - 20件を表示

大岡昇平に関連する談話室の質問

ツイートする