大崎善生のおすすめランキング

プロフィール

1957年、札幌市生まれ。大学卒業後、日本将棋連盟に入り、「将棋世界」編集長などを務める。2000年、『聖の青春』で新潮学芸賞、翌年、『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞。さらには、初めての小説作品となる『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞。

「2019年 『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大崎善生のおすすめランキングのアイテム一覧

大崎善生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『パイロットフィッシュ (角川文庫)』や『アジアンタムブルー (角川文庫)』や『聖の青春 (講談社文庫 お 89-1)』など大崎善生の全143作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。
※同姓同名が含まれる場合があります。

パイロットフィッシュ (角川文庫)

4821
3.51
大崎善生 2004年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めてこの人の作品を読んだ。 どこかで絶賛しているのを見て、何の先入観もなく。 透明感のある瑞々しい文章や気のきいた台詞、よどみない構成などなど、とっ... もっと読む

アジアンタムブルー (角川文庫)

2593
3.58
大崎善生 2005年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

…泣いた〜 ……泣けた〜 ……ぜひ〜 もっと読む

聖の青春 (講談社文庫 お 89-1)

2261
4.28
大崎善生 2002年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今秋に、役作りのため激太りした松山ケンイチ主演の映画が公開されるということで、映画を観る前に原作を読もうと手にとってみました。 1998年に29歳という... もっと読む

聖の青春 (角川文庫)

1774
4.25
大崎善生 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村山聖(さとる)が将棋にかける思いがつづられた作品。名人になるという目標を掲げながら、29歳という短い人生を懸命に生きねいた。 師匠の森との絆の深さ、面倒... もっと読む

将棋の子 (講談社文庫)

1657
4.00
大崎善生 2003年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わった後、感情の整理が出来なかったのですが、落ち着いてきた今感想を書いてみようと思います。 読んでいる途中で、何度も泣きスポットがありました。 ... もっと読む

孤独か、それに等しいもの (角川文庫)

1244
3.33
大崎善生 2006年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

心の中の葛藤をこんなにも的確にわかりやすく表現できるのがすごい。 心の中のボキャブラリーが増えるこういう小説が好きです。 気が向いた時にまた読もう もっと読む

九月の四分の一 (新潮文庫)

972
3.49
大崎善生 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

豊島のサミット(BOOKS GORO)見つけて、「まだ読んでいない大崎作品あったか!」とテンション上がったのを思い出す。 もっと読む

孤独か、それに等しいもの

679
3.34
大崎善生 2004年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

何かと怖い…。凄い作家さんだと思った。 ソウルケージが割と印象深い。 もっと読む

アジアンタムブルー

666
3.56
大崎善生 2002年9月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めはウジウジした男の話かと・・・ だんだん違ってきて どストレートなラブストーリー!! まあ飲みすぎるし、吸いすぎるけど 許そう、いい奴っぽいか... もっと読む

ドナウよ、静かに流れよ (文春文庫 お 39-1)

596
3.47
大崎善生 2006年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ルーマニアで命を絶った19歳の少女。彼女に一体何があったのか、著者がその謎を追いかけるノンフィクション。少女の周辺情報や現地での出来事、著者の考える少女の... もっと読む

そういうものだろ、仕事っていうのは

553
3.39
重松清 2011年2月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに惹かれて手に取った。 こういう話をじっくり時間をかけてしてくれる先輩がほしいかもしれない。 先輩の話を聞いて、なるほど、そういうものですか、... もっと読む

パイロットフィッシュ

548
3.48
大崎善生 2001年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

なにこれ、めちゃめちゃ純愛じゃないですか! だけどありがちな恋愛ストーリーなんかじゃない。優しくて、透明感があって、だけど核心は突いてくる。生きるという事... もっと読む

ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶 (新潮文庫)

523
3.45
大崎善生 2007年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

素晴らしい。 他作品とつながる世界観、登場人物もあり、大崎善生作品を楽しむ上でこの上なく奥行きを増してくれるオムニバス。 素晴らしい! もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

517
2.86
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

別れの後の静かな午後 (中公文庫 お 71-1)

513
3.45
大崎善生 2007年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

別れとはじまりの短編集。 別れの静謐な空気の中で、希望を見つけていく温かさや力強さが胸に沁みてきます。 「空っぽのバケツ」が個人的には一番好きでした。 もっと読む

ロックンロール (角川文庫)

486
3.29
大崎善生 2007年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

思春期に読み、今も心に残っている。 あんまり文体は好きではないですし、さして深みも感じられなかったです(何様なんだ俺w)。 ですが 「凡人だけどなんと... もっと読む

スワンソング (角川文庫 お 49-6)

464
3.22
大崎善生 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あまりにも辛く哀しい物語。由香の選んだ道も、由布子のたどった道も、どちらも悲痛に満ちている。確かに愛し合ったことが、あるいは自分を守ってくれたことが、その... もっと読む

別れの後の静かな午後

454
3.27
大崎善生 2004年10月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ドライで残酷な恋のお話。 ディスカスの記憶、が好き。 熱帯魚に固執する人物がよく登場するので、ちょっと熱帯魚の知識も学べるかも。 もっと読む

([ん]1-1)とっさの方言 (ポプラ文庫 ん 1-1)

403
3.15
小路幸也 2012年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本全国のとっさの方言についてのエッセイ集。 方言に最初に興味を持ったのは中学生の時だった。 私と友人は方言に憧れ、仲間内だけで通じる言葉やブロッ... もっと読む

聖なる夜に君は (角川文庫 お 56-30)

402
3.17
大崎善生 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読み始めた時は17才の子どももつ親として、へーとしか思っていなかった。 最後の話はせつなかった。 もっと読む
全143アイテム中 1 - 20件を表示

大崎善生に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×