大崎善生のおすすめランキング

プロフィール

1957年、札幌市生まれ。大学卒業後、日本将棋連盟に入り、「将棋世界」編集長などを務める。2000年、『聖の青春』で新潮学芸賞、翌年、『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞。さらには、初めての小説作品となる『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞。

「2019年 『いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大崎善生のおすすめランキングのアイテム一覧

大崎善生のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『パイロットフィッシュ (角川文庫)』や『アジアンタムブルー (角川文庫)』や『聖の青春 (講談社文庫)』など大崎善生の全142作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

パイロットフィッシュ (角川文庫)

4545
3.51
大崎善生 2004年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初めてこの人の作品を読んだ。 どこかで絶賛しているのを見て、何の先入観もなく。 透明感のある瑞々しい文章や気のきいた台詞、よどみない構成などなど、とっ... もっと読む

アジアンタムブルー (角川文庫)

2470
3.58
大崎善生 2005年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最後をバスの中で読んでしまい、失敗。。涙 優しい愛の物語でした。 生かされていることに感謝しなければ。 もっと読む

聖の青春 (講談社文庫)

2124
4.29
大崎善生 2002年5月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今秋に、役作りのため激太りした松山ケンイチ主演の映画が公開されるということで、映画を観る前に原作を読もうと手にとってみました。 1998年に29歳という... もっと読む

将棋の子 (講談社文庫)

1417
4.00
大崎善生 2003年5月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

すごい。将棋の世界はこんなに厳しいものだったのか。将棋なんて小さい頃友達のお父さんとした詰め将棋と「3月のライオン」ぐらいしか知らないけど。将棋の世界には... もっと読む

聖の青春 (角川文庫)

1342
4.28
大崎善生 2015年6月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者、大崎善生さんの作品、ブクログ登録は2冊目。 大崎善生さん、どのような方かというと、ウィキペディアには次のように書かれています。 大崎 善... もっと読む

孤独か、それに等しいもの (角川文庫)

1175
3.32
大崎善生 2006年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『優しい子』に続いて読んだ大崎作品。どの話も、死が絡み、まとわりついていて、悲しくて、つらくなった。だけど、大崎さんの他の本も読んでみたくなったのはなぜ。 もっと読む

九月の四分の一 (新潮文庫)

926
3.49
大崎善生 2006年2月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

題名も中身も美しい。石田衣良の書評では「美声」とされているが、まさにそんな感じ。文体とは違う、底を流れる静けさがあるように感じた。 もっと読む

孤独か、それに等しいもの

662
3.35

感想・レビュー

何かと怖い…。凄い作家さんだと思った。 ソウルケージが割と印象深い。 もっと読む

アジアンタムブルー

652
3.56

感想・レビュー

山崎と葉子の2人の決断は 葉子が辛いなかでも幸せそうでよかった 現実には家族や医者から反対されて難しいのだろうが。 もっと読む

ドナウよ、静かに流れよ (文春文庫)

570
3.47
大崎善生 2006年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノンフィクション。 もう起こってしまった出来事を、なぜそういう結末になったのかを追っていくため、この女の子がどういうふうに人生を終えるのかを分かっている... もっと読む

パイロットフィッシュ (文芸シリーズ)

525
3.48

感想・レビュー

なにこれ、めちゃめちゃ純愛じゃないですか! だけどありがちな恋愛ストーリーなんかじゃない。優しくて、透明感があって、だけど核心は突いてくる。生きるという事... もっと読む

そういうものだろ、仕事っていうのは

518
3.40
重松清 2011年2月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルに惹かれて手に取った。 こういう話をじっくり時間をかけてしてくれる先輩がほしいかもしれない。 先輩の話を聞いて、なるほど、そういうものですか、... もっと読む

ドイツイエロー、もしくはある広場の記憶 (新潮文庫)

498
3.43
大崎善生 2007年12月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋 愛 最近こんな本を読まなかったなあ もっと読む

ひと粒の宇宙 (角川文庫)

498
2.89
大岡玲 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

30人もの作家さんを贅沢に使い作られた短編集。一つの話が長くて10ページ程だが、勿体ないので通勤途中に1日一作ずつゆっくり味わって読んだ。 多くの作家さ... もっと読む

別れの後の静かな午後 (中公文庫)

483
3.45
大崎善生 2007年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

別れとはじまりの短編集。 別れの静謐な空気の中で、希望を見つけていく温かさや力強さが胸に沁みてきます。 「空っぽのバケツ」が個人的には一番好きでした。 もっと読む

ロックンロール (角川文庫)

465
3.28
大崎善生 2007年8月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悲しみの宛先が必要だったんだ モンパルナスの夜 もっと読む

別れの後の静かな午後

448
3.27

感想・レビュー

ドライで残酷な恋のお話。 ディスカスの記憶、が好き。 熱帯魚に固執する人物がよく登場するので、ちょっと熱帯魚の知識も学べるかも。 もっと読む

スワンソング (角川文庫 お 49-6)

441
3.27
大崎善生 2010年6月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この先、何度も読む。 もっと読む

聖なる夜に君は (角川文庫)

391
3.17
大崎善生 2009年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この本を読み始めた時は17才の子どももつ親として、へーとしか思っていなかった。 最後の話はせつなかった。 もっと読む

([ん]1-1)とっさの方言 (ポプラ文庫)

385
3.17
小路幸也 2012年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

日本全国のとっさの方言についてのエッセイ集。 方言に最初に興味を持ったのは中学生の時だった。 私と友人は方言に憧れ、仲間内だけで通じる言葉やブロッ... もっと読む
全142アイテム中 1 - 20件を表示

大崎善生に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×