大栗博司のおすすめランキング

プロフィール

理論物理学者。1962年岐阜県生まれ。カリフォルニア工科大学カブリ教授、東京大学カブリ数物連携宇宙研究機構機構長、アスペン物理学センター理事長。専門は素粒子論。『重力とは何か』(幻冬舎新書)、『大栗先生の超弦理論入門』ほか著書多数。

「2022年 『宇宙を解くパズル 「真理」は直観に反している』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大栗博司のおすすめランキングのアイテム一覧

大栗博司のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)』や『大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)』や『科学の発見』など大栗博司の全35作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

2194
3.92
大栗博司 2012年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かつてニュートン力学が物体の運動を記述することに成功し、その後電磁気学が確立したことで、目に見える世界の物理現象はすべて説明しつくしたに見えた。ところが現... もっと読む

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)

842
4.05
大栗博司 2013年8月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

“ 私たちは習慣によって、 重力があったり、 次元があったり、 空間があったりすると思うが、 現実に存在するのは…… (p.248)”  『重力とは何か... もっと読む

科学の発見

779
3.60

感想・レビュー

物理学と天文学は、16世紀から17世紀にかけての革命的変化を経て現在のような形を取るようになり、それ以後の全科学の発展に模範を示しました。 歴史学者ハー... もっと読む

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学

732
3.66
大栗博司 2015年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

面白い。恥ずかしながら、少し理解できないが、楽しい。数学に苦手意識あっても良いと思う。理屈 カチッとしたものを敷衍して行くイメージです。 もっと読む

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)

553
4.11
大栗博司 2013年1月30日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『重力とは何か』に引き続き、大栗先生の本で標準模型について読みました。質量とは何か、というところから始まって、素粒子の標準模型が作られていった過程を一歩一... もっと読む

探究する精神 職業としての基礎科学 (幻冬舎新書)

392
4.18
大栗博司 2021年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こういう自身の修養ヒストリーのエッセイを書くのは、湯川秀樹『旅人』以来、物理学者のたしなみになっているのかな。 興味の赴くまま一生懸命やっているうちに、現... もっと読む

重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る (幻冬舎新書)

298
3.91
大栗博司 電子書籍 2012年5月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

科学読み物は同様のことを何度読んでも飽きない。 根源的なものへの人間の欲求に不思議を感じる。 さて今回は重力についてである。 この世界の4つの力の中... もっと読む

強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く (幻冬舎新書)

144
3.96
大栗博司 電子書籍 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これは分かりやすく良い解説書だと思う。 クォーク本は結構読んでるけどすぐ忘れちゃうからメモ。 ・クォークは up/down, charm/stra... もっと読む

宇宙を解くパズル 「真理」は直観に反している (ブルーバックス)

142
3.50

感想・レビュー

ハーバード大学の1年生向けの講義で使っているテキストというので、難しいのだろうと覚悟して手に取ってみた。 確かに難しいが、いくつかやってみたところ、どの問... もっと読む

数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学 (幻冬舎単行本)

131
3.73
大栗博司 電子書籍 2015年3月19日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

完璧に理解できたとはいいがたいけれど楽しく読んだ。 「父から娘に贈る数学」という副題がついている。 けどこの娘というのは高校生くらいを想定しているのか... もっと読む

探究する精神 職業としての基礎科学 (幻冬舎新書)

98
3.70
大栗博司 電子書籍 2021年3月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

軽いエッセイかと思ってなんとなく読み始めたら、著者である大栗博司氏の自叙伝のような内容だった。 いつの間にか熱中して読んでいた。 ひとつには、氏は超弦理論... もっと読む

大栗先生の超弦理論入門 (ブルーバックス)

86
4.09
大栗博司 電子書籍 2013年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大栗先生(@PlanckScale)の著書。超弦理論の入門書。 ブルーバックスらしくいきなり本題ではなく、理論発展の栄枯盛衰が 順を追って記載されてい... もっと読む

素粒子論のランドスケープ

79
3.67
大栗博司 2012年4月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者がこれまでに様々な雑誌や対談などで執筆された記事をまとめたもの。内容も程度も広範囲にわたる。記事の最初に星マークで難易度が示されており、星一つは初心者... もっと読む

真理の探究 仏教と宇宙物理学の対話 (幻冬舎新書)

53
3.67
佐々木閑 電子書籍 2016年11月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

世界は自分を中心に回っていない。当たり前なのだが、その考え方から離れることは意外と難しい。自分が病気になるはずがない、死ぬはずがない。とどこかで考えてしま... もっと読む

素粒子論のランドスケープ2

44
4.17
大栗博司 2018年4月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者が様々な雑誌や対談で、収録された記事をまとめた1冊で「素粒子論のランドスケープ」に続く第2弾。 購入はだいぶ前にしたのだが、前著からなぜか手付かずで読... もっと読む
全35アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×