大森望のおすすめランキング

プロフィール

1961年、高知県生まれ。翻訳家。書評家。責任編集を務めた『NOVA』全10巻で第34回日本SF大賞特別賞を受賞。訳書にウィリス『航路』他。著書に『新編 SF翻訳講座』『現代SF観光局』他。

「2019年 『NOVA 2019年秋号』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大森望のおすすめランキングのアイテム一覧

大森望のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『三体』や『息吹』や『すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)』など大森望の全224作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

三体

3122
4.08
劉慈欣 2019年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SF小説は苦手だと思い込んでいましたが、この小説は全部理解したとは言えませんが、面白くて、ページを繰る手が止まりませんでした。 ずっと読んでいたかったで... もっと読む

息吹

1064
4.35
テッド・チャン 2019年12月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

>他人にやさしくすることがなんの苦労もなく楽にできる人が世の中にはいっぱいいるからです。 >彼らにとってそうすることが楽なのは、いままでの人生で、他人に... もっと読む

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)

830
4.05

感想・レビュー

本書は、ジョージ・オーウェルの『1984年』と並び称されるディストピア小説の傑作。 『1984年』が完全な監視社会による管理体制型ディストピアだとすれば... もっと読む

不思議の扉 時をかける恋 (角川文庫)

693
3.33
大森望 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

0046.ジャック・フィニィ   『机の中のラブレター』①2017/1/10 0047.ジャック・フィニィ   『机の中のラブレター』②2017/... もっと読む

ここがウィネトカなら、きみはジュディ 時間SF傑作選 (SFマガジン創刊50周年記念アンソロジー)

683
3.91
テッド・チャン 2010年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

SFというジャンルは印象に残るタイトルが多くある印象で、特にこのアンソロジーに収録されている『去りにし日々の光』、『ここがウィネトカなら、きみはジュディ』... もっと読む

三体

548
4.26
劉慈欣 電子書籍 2019年7月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いきなり文化大革命の光景から始まる本格的SF作品、門外漢のわたしさえ引きずり込まれる面白さ! 中国ならば純文学 と言う定説を思い切りひっくり返す目から鱗... もっと読む

ドゥームズデイ・ブック(上) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-4) (ハヤカワ文庫SF)

543
4.01
コニー・ウィリス 2003年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2054年のオックスフォード大学では、開発されたタイムトラベル技術を歴史研究に利用している。女子学生キヴリンは現地調査のため、飢餓と疾病が蔓延する14世紀... もっと読む

トータル・リコール (ディック短篇傑作選)

522
4.00

感想・レビュー

映画化された「トータルリコール」、「マイノリティー・リポート」含む10篇の傑作短編集。 ディックの映画化されたものは「ブレードランナー」を除いてつま... もっと読む

ブラックアウト (新☆ハヤカワ・SF・シリーズ)

510
3.92

感想・レビュー

人気作家コニー・ウィリスの2010年の新作。 続編「オールクリア」とともに、ヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞を受賞した大作です。 未来(今回は... もっと読む

犬は勘定に入れません…あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎

501
3.94
コニー・ウィリス 2004年4月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読み終わって日が経っても、まだ興奮が冷めない。 何この面白さーーー!! タイトルから思い切り「本歌取り」している「ボートの三人男」をはじめ、様々な古典作品... もっと読む

犬は勘定に入れません 上―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 (1) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-6)

471
3.94
コニー・ウィリス 2009年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

航時部シリーズ。過去にタイムトラベルして歴史上の出来事を調査などしている。今回はコベントリー大聖堂の主教の鳥株を探すというミッション。今回は(少なくとも上... もっと読む

三体Ⅱ 黒暗森林 上

437
4.31
劉慈欣 2020年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

待望の続刊が出ましたねー。 第二部のはじまりは、竹取物語の求婚譚よろしく、三体世界に一矢報いる四人の「面壁者」が選ばれる所から話は始まります。 ... もっと読む

ドゥームズデイ・ブック(下) (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-5)

433
4.18
コニー・ウィリス 2003年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どんな時代であれ、生があり、死があり、その時代に生きる人々のささやかな喜びや悲しみがある。タイムトラベル先の14世紀のイングランドの片田舎で、ペストの蔓延... もっと読む

アジャストメント―ディック短篇傑作選 (ハヤカワ文庫 SF テ 1-20)

417
3.68

感想・レビュー

 今回この短編集を購入したのは表題作である「アジャストメント」を読むためではなく(同作ももちろん面白いのですが)、巻末に収録されたディックの講演原稿「人間... もっと読む

犬は勘定に入れません 下―あるいは、消えたヴィクトリア朝花瓶の謎 (ハヤカワ文庫 SF ウ 12-7)

373
4.15
コニー・ウィリス 2009年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あちこち寄り道しながらコネタの数々を散りばめつつ、結果それが寄り道でなく一気の展開は巧すぎる。 もっと読む

三体II 黒暗森林 下

366
4.59
劉慈欣 2020年6月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『三体Ⅱ黒暗森林』は中国ではシリーズ中、最も評価が高い一冊であるそうです。 主な理由はハードSFとして、頭脳戦エンタテイメントとしての完成度が極めて高い... もっと読む

20世紀の幽霊たち (小学館文庫)

347
3.53
ジョー・ヒル 2008年9月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

悪くはないが。??な話もあり(読解力不足) もっと読む

航路(上) (ハヤカワ文庫SF)

332
3.83
コニー・ウィリス 2013年8月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

(上下巻を読んだ感想です) 若き認知心理学者のジョアンナは、マーシー総合病院で臨死体験者の対面聞き取り調査を行い、臨死体験の科学的仕組みを解明しようと試... もっと読む

人間以前 (ディック短篇傑作選)

324
3.63

感想・レビュー

「短編集なんですね」 「うん」 蛹が頷くと、葉月は待っていましたとばかりに目次を開いた。 「またこのパターンなの?」 「万有引力や質量保存の法則を... もっと読む

文学賞メッタ斬り!

301
3.53
大森望 2004年3月18日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

かなり砕けた雰囲気で、本当にメッタ斬ってる。 選考委員と選評にまで突っ込んでます。 純文学はスルーで、ミステリ、ホラー、SF関連を拾い読み。 日本ホ... もっと読む
全224アイテム中 1 - 20件を表示

大森望に関連する談話室の質問

ツイートする