大槻ケンヂのおすすめランキング

プロフィール

1966年東京都生まれ。82年ロックバンド「筋肉少女帯」ボーカルとしてデビュー。その後もロックバンド「特撮」でも活動。その特異なキャラクターは音楽だけにとどまらず、映画、テレビ、小説やエッセイなど多岐にわたる分野で人気を集める。著作「くるぐる使い」「のの子の復讐ジグジグ」は2年連続で星雲賞を受賞。また『グミ・チョコレート・パイン』シリーズのほか『ロッキン・ホース・バレリーナ』『縫製人間ヌイグルマー』『いつか春の日のどっかの町へ』など著書多数。

「2017年 『サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大槻ケンヂのおすすめランキングのアイテム一覧

大槻ケンヂのおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)』や『グミ・チョコレート・パイン チョコ編 (角川文庫)』や『グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)』など大槻ケンヂの全202作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

グミ・チョコレート・パイン グミ編 (角川文庫)

2488
3.72
大槻ケンヂ 1999年7月12日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

まず、簡単に感想を書けるようなレベルの本じゃないと思った。 もちろん純文学ではない。 どちらかというとエンタメ小説、大衆小説だと思う。 でも、ア... もっと読む

グミ・チョコレート・パイン チョコ編 (角川文庫)

1691
3.70
大槻ケンヂ 2000年9月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

しまったぁぁぁ〜グミ編読まずにチョコ編読んじゃったぁぁ〜↓でもパインが早く読みたい! もっと読む

グミ・チョコレート・パイン パイン編 (角川文庫)

1480
3.76
大槻ケンヂ 2006年11月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『あいつらが簡単にやっちまう30回のセックスよりもグミ・チョコレート・パインを青春時代に1回読むってことの方が僕にとっては価値があるのさ』 青春時代に読... もっと読む

ロッキン・ホース・バレリーナ (角川文庫)

1214
3.76
大槻ケンヂ 2007年9月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大槻ケンヂさんにこういう小説を書かせると天下一品ですね。18才で夏でバカ。そんな彼らが織り成すロードムービー的な小説です。 この小説と、これから後で... もっと読む

新興宗教オモイデ教 (角川文庫)

1212
3.68
大槻ケンヂ 1993年4月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人生ってかんじです もっと読む

ステーシーズ 少女再殺全談 (角川文庫)

841
3.78
大槻ケンヂ 2008年3月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初大槻作品。彼の音楽世界と共通するような破天荒であるのに繊細に哀愁を織り込んだ世界観だった。 突然世界各地で15〜17歳の少女が死に、その後に起き上がって... もっと読む

リンダリンダラバーソール (新潮文庫)

767
3.68
大槻ケンヂ 2006年8月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

高校へ入学したとき、軽音楽部へ入りたかった。 軽音楽部は不良の巣窟。僕は帰宅部となった。バンドをやりたい気持ちを押し殺して。 3年後、大学へ入学し、軽... もっと読む

くるぐる使い (角川文庫)

721
3.76
大槻ケンヂ 1998年1月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

狂った若い女の子がこの人はとても好きなんじゃないかと勝手に邪推してしまう短編集。筋肉少女帯の方なんですよね。小説も巧いなんてすげぇな。そこはかとなくエロく... もっと読む

神菜、頭をよくしてあげよう (角川文庫)

718
3.59

感想・レビュー

オーケンの文章はなんでこんなにも惹かれるのだろう?と考えてみたところ、自分の中に未だたっぷりと蓄え持つモラトリアムと、オーケンの文章ががっつりシンクロして... もっと読む

ゴシック&ロリータ幻想劇場 (角川文庫)

653
3.76
大槻ケンヂ 2009年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編なのかいつもよりオーケンこだわりの世界観がストレートにわかりやすい。 もっと読む

ロッキン・ホース・バレリーナ (ダ・ヴィンチブックス)

614
3.57

感想・レビュー

駆け出しのインディーズパンクバンドが 日本横断ツアーに行く物語 主要人物それぞれの思いや悩みが交差し 経験を積むことで大人へと成長していく ツアー中 各... もっと読む

君へ。―つたえたい気持ち三十七話 (ダ・ヴィンチブックス)

612
3.36
有栖川有栖 2004年3月26日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

村山由佳「ありがちだけれど本当のもの」が秀逸。 このシリーズを(微妙だと知りつつも)延々と買い続けたのは、村山さんのこの短編が忘れられなかったからかも。 もっと読む

ロコ! 思うままに (角川文庫)

521
3.81
大槻ケンヂ 2010年2月25日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

オーケンの一番調子が良かったころのSF短編集。 「イマジン特攻隊」は名作です。 もっと読む

ボクはこんなことを考えている (角川文庫)

489
3.42

感想・レビュー

プロレス、宇宙、宗教、井上陽水、反抗期、、ととにかく話題は幅広いです。が、面白いだけじゃなく、ちょっといい話をしてくれるのがとてもいい。特に20代後半か3... もっと読む

サブカルで食う 就職せず好きなことだけやって生きていく方法

473
3.47
大槻ケンヂ 2012年4月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今、流れ流れてライターの端くれをしている私には いろいろ実感できる本でした。 これは最初からただひとつの目標に向かってきた方には無縁な内容ですね。 ... もっと読む

行きそで行かないとこへ行こう (新潮文庫)

462
3.42

感想・レビュー

【メモ】 ハヒハヒとうまいカレーが食べたくなった。 いつか行くぞー!「カレー屋M」 行きそで行かないところに行きたくなっちゃうエッセイ。 大槻さんに影響... もっと読む

オーケンののほほんと熱い国へ行く (新潮文庫)

422
3.42

感想・レビュー

大好きなオーケン初の書き下ろし本にしてバックパッカー道中記。 ずっと積読したまま、インドにタイの道中記ならば やっぱり暑い夏の日に読みたい!と思いつつ... もっと読む

我が名は青春のエッセイドラゴン! (角川文庫)

420
3.46

感想・レビュー

作者の音楽にはあまりはまっていないが、ラジオ(ANN)は楽しく聞いた(ニコニコで)。 ホモネタや秋山さん呼び(UFO関連)、山崎ハコネタを大いに楽しんだ... もっと読む

のほほん人間革命 (角川文庫)

396
3.36
大槻ケンヂ 1998年7月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「のほほんエッセイ」 ドラッグ、下着、UFO、盗聴、セックス、 どこがのほほんやねん。いまじゃ違法な話多い。 もっと読む
全202アイテム中 1 - 20件を表示

大槻ケンヂに関連する談話室の質問

ツイートする
×