大橋良介のおすすめランキング

プロフィール

1944年京都市生まれ。京都大学文学部卒業。ミュンヘン大学哲学部博士号学位取得。ヴュルツブルク大学哲学教授資格取得。滋賀医科大学助教授、京都工芸繊維大学・大阪大学大学院・龍谷大学の教授を歴任。定年後、ケルン大学・ウイーン大学・ヒルデスハイム大学・テュービンゲン大学の客員教授を歴任。2014年5月より日独文化研究所所長。著書に『ヘーゲル論理学と時間性 「場所」の現象学へ』(創文社、1983年)、『「切れ」の構造』(中央公論社、1986年)、『西田哲学の世界 あるいは哲学の転回』(筑摩書房、1995年)、『感性の精神現象学 ヘーゲルと悲の現象論』(創文社、2009年)『西田幾多郎 本当の日本はこれからと存じます』(ミネルヴァ書房、2013年)、『共生のパトス コンパシオーン(悲)の現象学』(こぶし書房、2018年)などがある。

「2021年 『〈芸道〉の生成 世阿弥と利休』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大橋良介のおすすめランキングのアイテム一覧

大橋良介のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『日本的なもの、ヨーロッパ的なもの (講談社学術文庫)』や『京都学派と日本海軍―新史料「大島メモ」をめぐって (PHP新書)』や『〈芸道〉の生成 世阿弥と利休 (講談社選書メチエ)』など大橋良介の全50作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

日本的なもの、ヨーロッパ的なもの (講談社学術文庫)

38
4.00
大橋良介 2009年5月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

9章のテクノロジーと宗教を引き受ける場所としての「身体」という考察がとくに印象的でした。 それにしても、最近、僕が「日本人的である」ということを強く... もっと読む

〈芸道〉の生成 世阿弥と利休 (講談社選書メチエ)

25
3.33
大橋良介 2021年11月11日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

能と茶という、芸道の世界でそれぞれ深い精神性を示した世阿弥と利休をとりあげ、彼らが同時代の権力とどのように切り結びながら生きたのかということを論じている本... もっと読む

西田幾多郎―本当の日本はこれからと存じます (ミネルヴァ日本評伝選)

24
3.00
大橋良介 2013年3月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「西田哲学」と呼ばれる独自の思想体系を構築した西田幾多郎。その「書簡」と「日記」と「短歌」から、これまで知られていなかった西田の内面史と人生軌跡が、そして... もっと読む

哲学への寄与論稿-性起から(性起について)- ハイデッガー全集 第65巻

18
5.00
ハイデッガー 2005年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2017年10月28日大学図書館から借り出し。誰も読んだ形跡がない。一応、哲学専攻の学科があるのに… もっと読む

時はいつ美となるか (中公新書 (727))

17
3.33

感想・レビュー

すばらしく頭の良い先生です。 ハイデガーにおける「時熟」を美的領域に限定して論じています。 残念ながら、おそらく絶版。 もっと読む

「切れ」の構造―日本美と現代世界 (中公叢書)

13
3.50

感想・レビュー

著者も取り上げているが「切れ」で浮かんでくるのがビールのCMだ。「切れ」と「コク」はビールを語るうえで切っても切れないキーワードになっている。そんな「切れ... もっと読む

美のゆくえ―カント・ヘーゲル・アドルノ・ハイデッガー (阪大講義プロトコル)

12
3.50
大橋良介 2007年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2003年から2006年にかけて大阪大学でおこなわれた著者の講義をまとめたもの。単なる講義録ではなく、各講義の要約と感想・質問をまとめたプロトコルを担当者... もっと読む

日本的なもの、ヨーロッパ的なもの (新潮選書)

8
3.33

感想・レビュー

【メモ】 ・比較文学というよりは、比較思想(そんなジャンルがあるのかは分からないが)または日本思想史に属する本。 ・2009年に文庫化。 htt... もっと読む

聞くこととしての歴史―歴史の感性とその構造

7
3.00
大橋良介 2005年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

これまで書において、表象されるものは「詩」だと思い、自作詩を題材とした書の制作を進めてきた。今になってもそれは間違っていないと思うし、やめようとは思わない... もっと読む

西田哲学の世界―あるいは哲学の転回

6
3.00
大橋良介 1995年5月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

西田幾多郎の思想を、西洋に始まる哲学そのものに生じた「転回」とみなす立場から、その意義を考察している。 西田幾多郎は『善の研究』の中で、私たちの日常... もっと読む
全50アイテム中 1 - 20件を表示
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×