大江健三郎のおすすめランキング

プロフィール

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう)
1935年、愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。大学在学中の1957年に「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を、同じく在学中1958年当時最年少の23歳で「飼育」にて芥川賞を受賞。1964年『個人的な体験』で新潮文学賞、1967年『万延元年のフットボール』で谷崎賞、1973年『洪水はわが魂におよび』で野間文芸賞、1983年『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛賞、1984年「河馬に噛まれる」で川端賞、1990年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞。そして1994年には、「詩的な力によって想像的な世界を創りだした。そこでは人生と神話が渾然一体となり、現代の人間の窮状を描いて読者の心をかき乱すような情景が形作られている」という理由でノーベル文学賞を受賞した。
2018年7月から『大江健三郎全小説』全15巻の刊行が始まる。

大江健三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

大江健三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死者の奢り・飼育 (新潮文庫)』や『個人的な体験 (新潮文庫 お 9-10)』や『万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)』など大江健三郎の全514作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

2665
3.63
大江健三郎 1959年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文学的能力がいまいちの私にはいずれの話もよく理解できないものの、「難しくて読めなくて進みません」という感じでもないところが不思議。 「何か大きなテー... もっと読む

個人的な体験 (新潮文庫 お 9-10)

1125
3.61
大江健三郎 1981年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

エンディングの部分で三島由紀夫が批判したのは余りにも知られて居るので、短く書くけれども、 クライマックスで切るべきだったと批判されて尚、作者がクライマッ... もっと読む

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

969
3.88
大江健三郎 1988年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

40ページほど読み進めて私の苦手な村上春樹氏の文章と似た香りが気になり始めた時点で、ギブアップです。 これが、名文で綴られた「細雪」の谷崎賞受賞作品... もっと読む

芽むしり仔撃ち (新潮文庫)

799
3.65
大江健三郎 1997年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

ノーベル文学賞作家、大江健三郎氏の処女長編作。 ということを知らずに読みました。題名が秀逸すぎる。 最初から最後まで「不条理」な世界です。外国文学でいえ... もっと読む

性的人間 (新潮文庫)

774
3.60
大江健三郎 1968年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわ、すごい本を手に取っちゃったな、っていうのが読み始めた時の感想。電車の中で広げるのを躊躇するほどアレな単語満載で若干怯んだ。が、相変わらず難解ながらも... もっと読む

ヒロシマ・ノート (岩波新書)

509
3.62
大江健三郎 1965年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

今はもう、戦後ではなくて戦前なのだという話を聞いた。 そういう世界で読む1965年の大江さんの静謐に満ちた、けれどとても力強い文章が隅々まで行き渡る。 ... もっと読む

見るまえに跳べ (新潮文庫)

468
3.50
大江健三郎 1974年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品集中に頻出するイメージ、徒労感、屈服感、行動に対する焦燥のようなものは、やはり時代精神を書き取ったものなのだと、あらためて思う。 今読むと(... もっと読む

あいまいな日本の私 (岩波新書)

436
3.26
大江健三郎 1995年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

あいまいな日本 という あいまいな状態に 人格を与えた唯一の作家。 あいまいな日本の私、が あいまいだ。 とは 必ずしも言えないよね。 だって... もっと読む

われらの時代 (新潮文庫)

411
3.52
大江健三郎 1963年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

1959年に書き下ろしとして刊行された長編。外国人相手の中年娼婦である頼子、そのヒモとして同棲している主人公の靖男、その弟の滋がピアノを弾いている十代のジ... もっと読む

叫び声 (講談社文芸文庫)

356
3.55
大江健三郎 1990年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわぁぁぁーーーーーっ! 確かに、しっかりと、その「叫び声」を聞いた・・・。 「人間みなが遅すぎる救助をまちこがれている恐怖の時代には、誰かひとり... もっと読む

同時代ゲーム (新潮文庫)

333
3.46
大江健三郎 1984年8月 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

伊坂幸太郎の『夜の国のクーパー』著者あとがきで、この作品からの影響について書かれていたので興味が湧いて久しぶりに大江健三郎の長編を。なるほど、伝説や巨人、... もっと読む

新しい人よ眼ざめよ (講談社文庫)

318
3.36
大江健三郎 1986年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

タイトルはウィリアム・ブレイクの詩の一節に由来するもので、各短篇のタイトルもブレイクの作品などから採られている。引用や独自の解釈なども作中で展開し、また作... もっと読む

大江健三郎自選短篇 (岩波文庫)

317
3.88
大江健三郎 2014年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・大江健三郎「大江健三郎自選短篇」(岩波文庫)を 読んだ。帯に「全収録作品に加筆修訂が施された大江短篇の最終形」とある。本書収録の23編に関しては、以前の... もっと読む

取り替え子 (講談社文庫)

315
3.46
大江健三郎 2004年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大江健三郎氏の小説を二冊読んで、新書を何冊か読んで、気がついたことは、大江健三郎という方は、とても保守的な方なのだということです。でも思想やイマジネーショ... もっと読む

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち (新潮文庫)

310
3.19
大江健三郎 1986年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 生き方が内部から新しく動きはじめているらしい。音と音との位置関係を人間と世界との位置関係へと宇宙論的な視座から並べかえれば音と音との位置は人間と人間との... もっと読む

沖縄ノート (岩波新書)

296
3.30
大江健三郎 1970年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書はまさに沖縄返還直前の1970年〜71年に書かれたものであるから、現代にあてはめて考えるのは無理だと思うし、実際こういった解釈で世の中に対峙するのは逆... もっと読む

われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)

281
3.45
大江健三郎 1975年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、ノーベル賞作家大江健三郎さん自選の短編集(『大江健三郎自選短編』)を眺めてとても面白かったので、海外でも有名な作品の一つとなっている本作(短編)を読... もっと読む

「自分の木」の下で

256
3.54
大江健三郎 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「なぜ子供は学校に行かねばならないのですか」という問いかけにどう答えますか?じつはこれ、社会制度に対する問いではなく自分自身への問いに帰結します。少年時代... もっと読む

新しい文学のために (岩波新書)

246
3.68
大江健三郎 1988年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

稀代の小説家による実践的文学理論入門書。とりわけロシア・フォルマリズム及び神話批評など。文学を心から愛し、それとともに生きてきた偉大な作家のことばによる文... もっと読む

空の怪物アグイー (新潮文庫)

246
3.56
大江健三郎 1972年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆる過度期の作品群だけれど、初期作品ほど切羽つまっておらず、そして最近の長編よりは肩の力が抜けていて比較的読み易かったです。「アトミック・エイジの守護... もっと読む
全514アイテム中 1 - 20件を表示

大江健三郎に関連する談話室の質問

ツイートする