大江健三郎のおすすめランキング

プロフィール

大江健三郎(おおえけんざぶろう)
1935年1月、愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)に生まれる。東京大学フランス文学科在学中の1957年に「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を受賞する。さらに在学中の58年、当時最年少の23歳で「飼育」にて芥川賞、64年『個人的な体験』で新潮文学賞、67年『万延元年のフットボール』で谷崎賞、73年『洪水はわが魂におよび』で野間文芸賞、83年『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛賞、84年「河馬に噛まれる」で川端賞、90年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞。94年には、「詩的な力によって想像的な世界を創りだした。そこでは人生と神話が渾然一体となり、現代の人間の窮状を描いて読者の心をかき乱すような情景が形作られている」という理由でノーベル文学賞を受賞した。

「2019年 『大江健三郎全小説 第13巻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大江健三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

大江健三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死者の奢り・飼育 (新潮文庫)』や『個人的な体験 (新潮文庫)』や『万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)』など大江健三郎の全601作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

3633
3.66
大江健三郎 1959年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでも正直よくわからない。大江健三郎氏をサルトル的実存主義文学と称すらしいがそれもどういうことかよくわからない。でも不思議と読み進めてしまう。何か深淵な... もっと読む

個人的な体験 (新潮文庫)

1534
3.65
大江健三郎 1981年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

はじめての大江健三郎作品を読みました。 1964年に発表された作品です。 作者の子どもが、脳瘤のある障害を持って生まれたことをきっかけにして書かれた作品... もっと読む

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

1433
3.91
大江健三郎 1988年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文章に血管があるなら隅から隅まで著者の思想と魂が込められてる真剣勝負の物語。 現代に至ってもなお断ち切れない「おり」が暴力となって現れるのと同時に、肉親の... もっと読む

芽むしり仔撃ち (新潮文庫)

1141
3.68

感想・レビュー

ノーベル文学賞作家、大江健三郎さんの初長編。 難解。 太平洋戦争末期、感化院の少年たちが疎開した先の閉ざされた山村で疫病が流行る。村民が避難をして、少... もっと読む

性的人間 (新潮文庫)

1051
3.59
大江健三郎 1968年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわ、すごい本を手に取っちゃったな、っていうのが読み始めた時の感想。電車の中で広げるのを躊躇するほどアレな単語満載で若干怯んだ。が、相変わらず難解ながらも... もっと読む

ヒロシマ・ノート (岩波新書)

734
3.59
大江健三郎 1965年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

広島旅行へ行く人は読んでから来てほしい。特に8月6日に平和公園へ集う人々。黙祷の時間、追悼の場で主張しているものがふさわしいのかこの本を読んで考えなおして... もっと読む

見るまえに跳べ (新潮文庫)

616
3.56
大江健三郎 1974年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大江健三郎の中でも若い頃の小説だけあって、負のエネルギーに満ち満ちた暗い話だった。 若者が特有の陰鬱さを帯びながら生活していくというのは多くの小説で味わ... もっと読む

あいまいな日本の私 (岩波新書)

575
3.25
大江健三郎 1995年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四国の山奥に生まれた大江健三郎 彼は少年時代、海外の児童文学にふれて広い世界に憧れ やがて小説家になるのだが 初期の作風は、実存主義的なものであった... もっと読む

われらの時代 (新潮文庫)

549
3.52
大江健三郎 1963年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/5/18読了。 もっと読む

大江健三郎自選短篇 (岩波文庫)

501
3.94
大江健三郎 2014年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『不意の唖――大江健三郎自選短篇』(岩波書店) - 著者:大江 健三郎 - 平野 啓一郎による書評 | 好きな書評家、読ませる書評。ALL REVIEWS... もっと読む

同時代ゲーム (新潮文庫)

488
3.50

感想・レビュー

伊坂幸太郎の『夜の国のクーパー』著者あとがきで、この作品からの影響について書かれていたので興味が湧いて久しぶりに大江健三郎の長編を。なるほど、伝説や巨人、... もっと読む

叫び声 (講談社文芸文庫)

469
3.63
大江健三郎 1990年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわぁぁぁーーーーーっ! 確かに、しっかりと、その「叫び声」を聞いた・・・。 「人間みなが遅すぎる救助をまちこがれている恐怖の時代には、誰かひとり... もっと読む

沖繩ノート (岩波新書)

420
3.24
大江健三郎 1970年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書はまさに沖縄返還直前の1970年〜71年に書かれたものであるから、現代にあてはめて考えるのは無理だと思うし、実際こういった解釈で世の中に対峙するのは逆... もっと読む

新しい人よ眼ざめよ (講談社文庫)

419
3.45
大江健三郎 1986年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

著者の本は前々から読んでみたかったのですが、やっとゆっくり読むことが出来ました❕ 私には難しい本でしたが、文章のリズムや表現がとても素敵で、めちゃくちゃ... もっと読む

取り替え子 (講談社文庫)

408
3.48
大江健三郎 2004年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この辺から後期オーケンとでも言うのだろうか。 文から角というかクセが取れている(それでも読み易い文ではないが)。 内容は良かったが、唸る様な描写が少なく... もっと読む

われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)

378
3.50
大江健三郎 1975年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、ノーベル賞作家大江健三郎さん自選の短編集(『大江健三郎自選短編』)を眺めてみて、とても面白かったので、海外でも有名な作品の一つとなっている本作(短編... もっと読む

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち (新潮文庫)

368
3.24
大江健三郎 1986年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甘ったれた男の物語と読むこともできる。初期の短編の完成度に比べれば、どこか未整理なままを見せることを目的としているような節もある。ただ、凝り固まった思い込... もっと読む

空の怪物アグイー (新潮文庫)

368
3.65
大江健三郎 1972年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

どれも安定して面白かった。 オーケンらしさもしっかり感じれて、彼の入門書として最適解な気がする。 もっと読む

新しい文学のために (岩波新書)

359
3.67
大江健三郎 1988年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

最近本当になぜか面白い本しか読んでいないのでまた言うのだけれどとても知的刺激と示唆に富んだ素晴らしい本だった。わたしは常々、平易な言葉、つまり日常で使われ... もっと読む

「自分の木」の下で

335
3.54
大江健三郎 2001年6月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

購入し、2010年頃読了、後に処分。 ★は当時付けたもの。 もっと読む
全601アイテム中 1 - 20件を表示

大江健三郎に関連する談話室の質問

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×