大江健三郎のおすすめランキング

プロフィール

大江 健三郎(おおえ けんざぶろう)
1935年、愛媛県喜多郡内子町(旧大瀬村)生まれ。東京大学文学部フランス文学科卒業。大学在学中の1957年に「奇妙な仕事」で東大五月祭賞を、同じく在学中1958年当時最年少の23歳で「飼育」にて芥川賞を受賞。1964年『個人的な体験』で新潮文学賞、1967年『万延元年のフットボール』で谷崎賞、1973年『洪水はわが魂におよび』で野間文芸賞、1983年『「雨の木」(レイン・ツリー)を聴く女たち』で読売文学賞、『新しい人よ眼ざめよ』で大佛賞、1984年「河馬に噛まれる」で川端賞、1990年『人生の親戚』で伊藤整文学賞をそれぞれ受賞。そして1994年には、日本人として二人目のノーベル文学賞を受賞した。2018年7月から『大江健三郎全小説』全15巻の刊行が始まっており、一度も書籍化されなかった「政治少年死す」なども収録されている。

大江健三郎のおすすめランキングのアイテム一覧

大江健三郎のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『死者の奢り・飼育 (新潮文庫)』や『個人的な体験 (新潮文庫)』や『万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)』など大江健三郎の全571作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

死者の奢り・飼育 (新潮文庫)

3031
3.63
大江健三郎 1959年9月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読んでも正直よくわからない。大江健三郎氏をサルトル的実存主義文学と称すらしいがそれもどういうことかよくわからない。でも不思議と読み進めてしまう。何か深淵な... もっと読む

個人的な体験 (新潮文庫)

1302
3.62
大江健三郎 1981年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

頭に障害をもって生まれた子どもの父となった27歳の鳥(バード)。彼の親としての葛藤、現実逃避、そして自己再生の軌跡を描いた大江健三郎初期小説。 生まれた... もっと読む

万延元年のフットボール (講談社文芸文庫)

1143
3.89
大江健三郎 1988年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

文章に血管があるなら隅から隅まで著者の思想と魂が込められてる真剣勝負の物語。 現代に至ってもなお断ち切れない「おり」が暴力となって現れるのと同時に、肉親の... もっと読む

芽むしり仔撃ち (新潮文庫)

935
3.67

感想・レビュー

戦争末期に集団疎開先の村で、発生した疫病を恐れて逃げ出した村人たちによって、村内に閉じ込められてしまった感化院の少年たちの一週間ほどの出来事を描いた、著者... もっと読む

性的人間 (新潮文庫)

883
3.58
大江健三郎 1968年4月29日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわ、すごい本を手に取っちゃったな、っていうのが読み始めた時の感想。電車の中で広げるのを躊躇するほどアレな単語満載で若干怯んだ。が、相変わらず難解ながらも... もっと読む

ヒロシマ・ノート (岩波新書)

600
3.59
大江健三郎 1965年6月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつか読もうと思って、ようやく手に取った。毎年読み返さなければいけない書 もっと読む

見るまえに跳べ (新潮文庫)

537
3.54
大江健三郎 1974年5月28日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

この作品集中に頻出するイメージ、徒労感、屈服感、行動に対する焦燥のようなものは、やはり時代精神を書き取ったものなのだと、あらためて思う。 今読むと(... もっと読む

あいまいな日本の私 (岩波新書)

493
3.26
大江健三郎 1995年1月31日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

四国の山奥に生まれた大江健三郎 彼は少年時代、海外の児童文学にふれて広い世界に憧れ やがて小説家になるのだが 初期の作風は、実存主義的なものであった... もっと読む

われらの時代 (新潮文庫)

479
3.52
大江健三郎 1963年7月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2020/5/18読了。 もっと読む

同時代ゲーム (新潮文庫)

406
3.49

感想・レビュー

伊坂幸太郎の『夜の国のクーパー』著者あとがきで、この作品からの影響について書かれていたので興味が湧いて久しぶりに大江健三郎の長編を。なるほど、伝説や巨人、... もっと読む

叫び声 (講談社文芸文庫)

404
3.58
大江健三郎 1990年3月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

うわぁぁぁーーーーーっ! 確かに、しっかりと、その「叫び声」を聞いた・・・。 「人間みなが遅すぎる救助をまちこがれている恐怖の時代には、誰かひとり... もっと読む

大江健三郎自選短篇 (岩波文庫)

398
4.00
大江健三郎 2014年8月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

・大江健三郎「大江健三郎自選短篇」(岩波文庫)を 読んだ。帯に「全収録作品に加筆修訂が施された大江短篇の最終形」とある。本書収録の23編に関しては、以前の... もっと読む

新しい人よ眼ざめよ (講談社文庫)

366
3.40
大江健三郎 1986年6月9日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

初期の大江作品を特に愛好していたけど、この時期の短編集の充実度もすごい。装飾的な言葉を持て囃すのでなく、作家の根っこに基づいたブレイクとの共振が美しい もっと読む

取り替え子 (講談社文庫)

357
3.47
大江健三郎 2004年4月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

大江健三郎氏の小説を二冊読んで、新書を何冊か読んで、気がついたことは、大江健三郎という方は、とても保守的な方なのだということです。でも思想やイマジネーショ... もっと読む

「雨の木(レイン・ツリー)」を聴く女たち (新潮文庫)

347
3.22
大江健三郎 1986年2月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

甘ったれた男の物語と読むこともできる。初期の短編の完成度に比べれば、どこか未整理なままを見せることを目的としているような節もある。ただ、凝り固まった思い込... もっと読む

沖縄ノート (岩波新書)

336
3.28
大江健三郎 1970年9月21日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

本書はまさに沖縄返還直前の1970年〜71年に書かれたものであるから、現代にあてはめて考えるのは無理だと思うし、実際こういった解釈で世の中に対峙するのは逆... もっと読む

われらの狂気を生き延びる道を教えよ (新潮文庫)

319
3.48
大江健三郎 1975年11月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

先日、ノーベル賞作家大江健三郎さん自選の短編集(『大江健三郎自選短編』)を眺めてみて、とても面白かったので、海外でも有名な作品の一つとなっている本作(短編... もっと読む

新しい文学のために (岩波新書)

291
3.68
大江健三郎 1988年1月20日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

稀代の小説家による実践的文学理論入門書。とりわけロシア・フォルマリズム及び神話批評など。文学を心から愛し、それとともに生きてきた偉大な作家のことばによる文... もっと読む

空の怪物アグイー (新潮文庫)

290
3.64
大江健三郎 1972年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いわゆる過度期の作品群だけれど、初期作品ほど切羽つまっておらず、そして最近の長編よりは肩の力が抜けていて比較的読み易かったです。「アトミック・エイジの守護... もっと読む

「自分の木」の下で

283
3.56
大江健三郎 2001年6月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「自分の木」の下で もっと読む
全571アイテム中 1 - 20件を表示

大江健三郎に関連する談話室の質問

ツイートする
×