大沼紀子のおすすめランキング

プロフィール

1975年、岐阜県生まれ。2005年に「ゆくとし くるとし」で第9回坊っちゃん文学賞大賞を受賞し、小説家としてデビュー。『真夜中のパン屋さん』で注目を集める。

「2018年 『路地裏のほたる食堂 2人の秘密』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大沼紀子のおすすめランキングのアイテム一覧

大沼紀子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (ポプラ文庫)』や『真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)』や『真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)』など大沼紀子の全48作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (ポプラ文庫)

6123
3.75
大沼紀子 2011年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

「ばら色タイムカプセル」もタイトルに反して重たかったので、覚悟はしていた… けれどそれ以上に重い…ネグレクトという虐待の残酷さ。ひたすらに親の愛を求める... もっと読む

真夜中のパン屋さん 午前1時の恋泥棒 (ポプラ文庫)

3865
3.70
大沼紀子 2012年2月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

いつも穏やかに微笑み、誰にも寛容なオーナーの暮林、 パンには限りなく優しいのに、人には乱暴な口を叩くブランジェの弘基。 見た目も性格も、まるっきり... もっと読む

真夜中のパン屋さん 午前2時の転校生 (ポプラ文庫 日本文学)

3036
3.77
大沼紀子 2012年12月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真夜中、午前1時と来て、今回は『午前2時の転校生』。 「まよぱん」シリーズ第三弾を、なんとかドラマ放送前に読めて ふぅ、まにあった♪ と胸を撫で下ろし... もっと読む

真夜中のパン屋さん 午前3時の眠り姫 (ポプラ文庫 日本文学)

2162
3.78
大沼紀子 2013年10月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

読書中ずっとレモンとバターのいい香りに 包まれつつ、また少しベールが薄く剥離した午前3時の いろんな事情を抱えた眠り姫たちのそれぞれ。 失われていた希実... もっと読む

真夜中のパン屋さん 午前4時の共犯者 (ポプラ文庫)

1124
3.76
大沼紀子 2016年3月15日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

そうだった。ここのパンはハード系だった。 500ページ超、この厚さにひるみ、後回しにしていたせいもあるけれど、 前作からずいぶん時間が経ち、すっか... もっと読む

真夜中のパン屋さん 午前5時の朝告鳥 (ポプラ文庫)

821
3.70
大沼紀子 2017年6月14日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

真夜中に開店する不思議なパン屋「ブランジェリークレバヤシ」。あれから五年の歳月が経ち、暮林や弘基には様々な変化の波が訪れていた。それは常連客である斑目やソ... もっと読む

恋の聖地: そこは、最後の恋に出会う場所。 (新潮文庫)

375
3.28
原田マハ 2013年5月27日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

恋の聖地シリーズ?最新刊が良かったのでこちらも。 予想に反して重い話が多かった。 もっと軽く楽しめるかと思ったんだけど・・・。 私がよく読むのは... もっと読む

路地裏のほたる食堂 (講談社タイガ)

338
3.33
大沼紀子 2016年11月17日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

お腹を空かせた高校生が甘酸っぱい匂いに誘われて暖簾をくぐったのは、屋台の料理店「ほたる食堂」。風の吹くまま気の向くまま、居場所を持たずに営業するこの店では... もっと読む

([お]7-5)空ちゃんの幸せな食卓 (ポプラ文庫 日本文学)

321
3.61
大沼紀子 2013年4月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

短編3本を収録した一冊。 「ゆくとしくるとし」、出産のお手伝いをする場面で、自分の時のことを思い出して、泣きそうになった。 新しい生命が生まれてくることの... もっと読む

てのひらの父

258
3.88
大沼紀子 2011年11月16日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

『真夜中のパン屋さん』のドラマ化も決まって、今や大人気作家の大沼紀子さん。 「まよぱん」ファンで、しかもくいしんぼうの私ですが イケメンが出てこなくて... もっと読む

ゆくとし くるとし

256
3.78
大沼紀子 2006年11月22日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

入院生活の長かったこどもの頃、病院のベッドで 「願いをひとつだけ叶えよう」的な童話を読むたび、私だったら?と考えました。 「丈夫な子になれますように」に... もっと読む

ばら色タイムカプセル

255
3.65
大沼紀子 2010年8月7日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

学年イベントでタイムカプセルを作って校庭に埋めたのは、中学三年生の頃。 15年後、みんなが30歳になる年に掘り返すことを約束し、 自分の一生を想像して書い... もっと読む

([お]7-3)ばら色タイムカプセル (ポプラ文庫)

240
3.55
大沼紀子 2012年4月5日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

13歳にして、ストレスで総白髪になってしまった女の子、奏(かなで)。 幼い頃に親が離婚し、父子家庭で育ってきたが、その父親の再婚をきっかけに、家出する。 ... もっと読む

([ん]1-5)明日町こんぺいとう商店街2 (ポプラ文庫)

231
3.55
藤谷治 2014年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんぺいとう商店街2弾目は、前作よりも胸の奥がチクリとしたり、ひりひりしたり、しんみりしたりするお話が多かった。 けれどやっぱり、この商店街のお店は... もっと読む

([ん]1-5)明日町こんぺいとう商店街2 (ポプラ文庫)

231
3.55
藤谷治 2014年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんぺいとう商店街2弾目は、前作よりも胸の奥がチクリとしたり、ひりひりしたり、しんみりしたりするお話が多かった。 けれどやっぱり、この商店街のお店は... もっと読む

([ん]1-5)明日町こんぺいとう商店街2 (ポプラ文庫)

231
3.55
藤谷治 2014年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

こんぺいとう商店街2弾目は、前作よりも胸の奥がチクリとしたり、ひりひりしたり、しんみりしたりするお話が多かった。 けれどやっぱり、この商店街のお店は... もっと読む

眠らないため息 (幻冬舎文庫)

179
3.10
大沼紀子 2011年12月6日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

2018年、7冊目は主に隙間読書用にしていたモノ。7人の女流作家による恋愛官能アンソロジー。今回はザックリ内容と、一言コメントを添えて。 大沼紀子『... もっと読む

(図書館版)真夜中のパン屋さん 午前0時のレシピ (teenに贈る文学 真夜中のパン屋さんシリーズ)

162
3.86
大沼紀子 2014年4月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

 読んで最初に思ったのは「読みやすい」ということ。登場人物ひとりひとりの個性が強くとても読みやすい作品だと思います。  一章ごとに悩みを抱えているお客さ... もっと読む

([お]7-7)てのひらの父 (ポプラ文庫)

149
3.64
大沼紀子 2014年4月4日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

司法浪人の涼子、服飾デザイナーの撫子、そして不条理なリストラにあい職を失った柊子。彼女たちが住む下宿に、ある日臨時管理人として現れたトモミさんの存在がはか... もっと読む

路地裏のほたる食堂 2人の秘密 (講談社タイガ)

146
3.33
大沼紀子 2018年1月24日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

人の料理を食べると作り手の思念や過去が見える為それを避ける屋台店主と、同じ能力を持ち役立てようとする冬休みで東京まで追い掛けて来たおにぎり占い高校生の遥太... もっと読む
全48アイテム中 1 - 20件を表示

大沼紀子に関連する談話室の質問

ツイートする