大田洋子のおすすめランキング

プロフィール

1906 年~ 1963 年。広島生まれ。「人間襤褸」で女流文学賞受賞。「屍の街」「半人間」「夕凪の街と人と」など、多くの被爆の体験を記録した。

「2020年 『屍の街 大田洋子 原爆小説集』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大田洋子のおすすめランキングのアイテム一覧

大田洋子のおすすめ作品のランキングです。ブクログユーザが本棚登録している件数が多い順で並んでいます。
『コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ』や『紅 (百年文庫)』や『屍の街 半人間 (講談社文芸文庫)』など大田洋子の全33作品から、ブクログユーザおすすめの作品がチェックできます。

コレクション 戦争×文学 19 ヒロシマ・ナガサキ

83
4.15
原民喜ほか 2011年6月3日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

私はなになにすべきだというべき論は好ましく思わないのだが、戦争の記録や戦争文学分けても広島・長崎の被曝とナチによる強制収容所に関するさまざまな作品を一度は... もっと読む

紅 (百年文庫)

25
3.67
若杉鳥子 2015年1月2日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

若杉鳥子『帰郷』 素木しづ『三十三の死』 大田洋子『残醜点々』 もっと読む

屍の街 半人間 (講談社文芸文庫)

20
4.40

感想・レビュー

作者が強調する原爆の恐ろしさは、その破壊力や被爆だけはない。それは今までにない爆弾だった。人々の想像力を超えていた。そして突然の未知の力による破壊は、肉体... もっと読む

屍の街 (平和文庫)

14
5.00
大田洋子 2010年7月1日 Amazon.co.jpで見る Amazon.co.jp

感想・レビュー

で被爆、その後の台風を経験した小説家の記録文学。自らに訪れるかも知れない原爆症の恐怖、周囲に当たり前のように存在した死。ひしひしと迫ってきます。 他の原... もっと読む
全33アイテム中 1 - 20件を表示
ツイートする
×